気象庁は12日、09年の大気中の二酸化炭素(CO2)平均濃度が、国内の観測3地点でいずれも過去最高になったと発表した。化石燃料の使用や森林破壊の影響で、87年の観測開始以来、上昇し続けている。

 平均濃度は▽岩手県大船渡市389.7ppm▽東京・南鳥島388.0ppm▽沖縄・与那国島389.4ppm。3地点とも00~09年の10年間で年平均1.9ppmの上昇。また、今年4月のCO2濃度についても、3地点とも月平均値として過去最高を記録した。

 3地点は、人間活動や植生の影響を受けにくいとして選ばれた。

鳩山首相の祖父墓に塗料「批判は私自身が受ける」(産経新聞)
<山岳遭難>63歳男性戻らず 奈良・大峰山系に1日入山(毎日新聞)
東京都心で震度3(時事通信)
高齢者向けマンション入居一時金を詐取、疑いで秦野の建築会社社長ら逮捕/神奈川県警(カナロコ)
<小1虐待>母を書類送検 暴行手助けした疑い 三重・鈴鹿(毎日新聞)
AD