不動産取引による所得約10億円を隠したとして、東京都世田谷区の建設会社「立石建設工業」と立石勲社長が東京国税局から法人税法違反(脱税)の罪で東京地検に告発されていたことが27日、分かった。

 関係者によると、同社は都内の不動産取引で得た所得約10億円を隠し、法人税約3億円を脱税したとされる。

 立石社長は鹿児島県沖の東シナ海に浮かぶ無人島「馬毛島」のほとんどを所有する「馬毛島開発」の社長としても知られる。

 産経新聞の取材に、立石建設側は「社長がいないので、答えられない」としている。

【関連記事】
「仮想空間」マルチ商法、きょう強制捜査 埼玉県警
カラオケ「ジャンカラ」所得隠し4.7億円 社長次女に架空報酬
3千万円脱税で有罪判決 無料宿泊所団体の元幹部
海砂採取組合5億円所得隠し 福岡国税局が告発
EXILEが所得隠し…2年間で3億円、すでに修正済み

従業員ら4人を起訴=一家3人強殺、遺棄―長野地検(時事通信)
<妙義山>登山中に滑落、東京の女性死亡 群馬(毎日新聞)
自民・中山元外相が離党届(時事通信)
グロウジェクトの販売を7月からJCRに一本化(医療介護CBニュース)
岐阜県 産廃施設許可取り消し 住民への説明会なく(毎日新聞)
AD