国民投票法が施行(産経新聞)

テーマ:
 憲法改正の手続きを定めた国民投票法が18日施行された。これにより、衆院100人以上、参院50人以上の賛同で、憲法改正原案を国会へ提出できる。原案が両院で可決され、改正案が国民に発議されると、周知期間(60日~180日以内)を経て国民投票が行われる。

 国民投票法は安倍晋三内閣当時の平成19年5月に自民、公明両党などの賛成多数で成立した。成人年齢や選挙権年齢を18歳以上へ引き下げるのを前提に、投票権者を18歳以上の国民と定めた。だが、民法改正などが進んでおらず、投票権者は当面は20歳以上となる。

 また、改正原案を審議する衆参両院の憲法審査会が、民主党のサボタージュや共産、社民両党の反対などで一度も開かれていない。このため、国民投票法が施行されても、今のままでは国民投票は実現できない事態となっている。

車から振り落とし男性死なす、出頭2人逮捕へ(読売新聞)
「基地ない沖縄を」=平和集会に3800人-本土復帰38周年・沖縄(時事通信)
<普天間>鳩山首相 6月以降の交渉継続を初めて言及(毎日新聞)
教員免許制を再検討、養成課程延長も…文科省(読売新聞)
長野の小学生が伝統工芸に挑戦(産経新聞)
AD