実写版美少女戦士セーラームーン

2003年10月から翌年9月まで放送された

たぶん、ご覧になった方は少ないと思う土曜朝7;30より放送作品

小林靖子ニャン初の全通脚本作品

靖子ニャン節炸裂ゆえに、セーラームーンらしからぬシリアスさ

原作にはないセーラーマーキュリーの闇落ちまである

セーラームーンがプリンセスセレニティとして覚醒したシーン

ナパーム弾炸裂の嵐の中を瞬きひとつせずに威厳をもって歩いた

沢井美優は特撮界隈では伝説になってます

いまなら安全策をとってCGでごまかしますが

当時は本当に爆発させてましたから

 

Twitterで思いついて検索したら、なんと2年前に主要キャストが集まる

同窓会が開かれていたという

 

 

 

 

沢井美優らのTwitterでよく戦士会と称する女子会が今でも開かれているのは有名

5人の女優さんモデルさんの仲の良い写真は必ずニュースになる

 

男子会も一度開かれていたようだけれども、そちらを取り上げるメディアは少なかった模様

 

そんななか、こんな同窓会が開かれていたなんて

それを知らなかったなんて何たる失態 _| ̄|○

 

 

 

 

タキシード仮面役、渋江譲二くん以外は杉本彩演じるクインベリル配下の4人衆

ぷらす、うさぎの弟

 

その中でも筆頭のクンツァイトに窪寺昭

 

上記のセーラーマーキュリーの闇落ちを画策した張本人

もうね、ダークキングダム四天王の中でもクンツァイトの存在感はこの時から別格

もちろん、舞台俳優としてのキャリアはスタートしていたから当たり前なんですが

大仰なセリフの言い回しも自然にできていたし

太刀筋がとにかくきれいだから迫力があって

ニチアサ顔出し俳優の殺陣レベルじゃなかったね

彼が本気で闘ったら、たぶんタキシード仮面、負けてたよ

元から資質が違う設定だからクンツァイトが倒される側になってしまうんですが

それぐらいの特別感があった

だからこそ、クンツァイトの葛藤が伝わってきたし

クインベリルの呪縛から逃れるために自分の躯に刃を貫く儀式も

言っちゃ悪いが美術は貧相だったのに芝居で見せてくれた

 

セラミュとはべつに一日限りの実写版セーラームーンコンサートがあったのですが

その時、悪役扱いで子供いじりを任されたのが四天王だったけど

舞台慣れしているからなんでしょうね

対応が見事で大笑いさせてもらった

彼がいたから渋江譲二はエンディミオンとして王子様になれたよ

 

月野うさぎの弟:進吾に武子直輝

 

セーラームーンでの出番はそう多くなかったが

出演するときはうさぎとよく絡む原作通りの活発系な弟だった

後半のうさぎたちのシリアス展開が進むとそちらが重視されて

家族の描写が無くなったので出番はほとんどなくなったけど

 

なので、牙狼シリーズの絶狼-ZERO- -BLACK BLOOD-のカインとして

名前を久々に見た時はうれしかったなあ

 

 

引退していないふたりが、くしくも刀ステに出演している

明智光秀 - 窪寺昭(虚伝 燃ゆる本能寺)

 

バクステでは完全にじじい扱いでしたが、森蘭丸よりも体は柔軟だし動けてた

殺陣はもう、当然ね

あんな日替わり軍議よりもさ

義伝の伊達政宗主従ぐらいの扱いしてほしかったな

彼を通して織田信長を語らせたいのならば

窪寺光秀が自在の芝居を見せることで虚伝というメッセージ

いろんな顔を持つ信長が浮き彫りになれたのに

それぐらい伝えることのできる俳優さんですよ

信長命の不動行光役:椎名鯛造くんもアクションがすごく出来る人なので

光秀に切りかかる殺陣の部分をもっと見せてくれても良かったのに

不動が歴史を換えちゃいけないんだって光秀を守る変遷ぶりも

クローズアップしてほしかった

散漫なんですよね、虚伝は

(ちなみに窪寺昭と椎名鯛三はBASARAではなんと織田信長と森蘭丸)

 

同田貫正国 - 武子直輝(ジョ伝 三つら星刀語り)

 

ますますかっこよくなったね、直輝というかんじ

 

実はジョ伝は未見

配信にしようか円盤買おうか悩んでいるところ

なので同田貫の活躍ぶりについてはまだ書けない

 

ただジョ伝には、幻星神ジャスティライザー - 主演・伊達翔太/ライザーグレンの

井坂達也くんが黒田長政で出演してるのでねえ

BASARAの前田慶次でもあるし

やっぱり円盤かなあ

 

義伝のとみしょーといい

刀剣男士よりも歴史上の人物がしっかりしてくれないと

お芝居が成立しないのでね、この舞台は

 

しかし、 伊達刀ではないのに同田貫正国

竹雀紋のまえでなにやってるのよ

今の主は王貞治(博物館へ寄贈済み)

 

 

AD