タクミくん二次創作SSブログ(Station後)

ブログタイトル変更しました。Stationのあまりのひどさに憤慨して、
タクミくんシリーズ 二次創作の場になりつつある貴腐人ブログです。
主にタクミくんと浜尾京介くんと渡辺大輔さんについて書いてます


テーマ:

ここ2年ばかし、Gファンタジーから離れていた私

スクエアジャンプは追っかけてたんですけれどね


で、昨日、何の気まぐれか久々に漫画を読みたいなーという気分になりまして、いろんな用事のついでに本屋さんに立ち寄ってうろうろ

あー、見たい漫画は新刊でてないなあとため息をついていたら、目に付いたのが「黒執事」

おお、懐かしや・・・

ともあれ、これも長い漫画なので、10巻から13巻まで纏め買いしちゃったんですが・・


なにー、なに、なに、この展開!!!!


豪華客船編!


人工ゾンビに襲われて、婚約者のエリザベスを守ろうと頑張るシエルのところにようやく現れたセバスチャン

さっぞく、ご命令どおりにゾンビどもを片付け始めるわけですが

華麗なアクションに飛び散る血しぶき

そうよ、これが黒執事よ!!と、わくわくしてたら・・

その光景に、シエルの意識がフラッシュバックして・・


そう、セバスチャンが召還されたあの黒魔術の夜に・・



舞い散る鮮血と、舞い踊る悪魔

これは・・

あの日と同じ風景

違う 同じじゃない

僕は檻の外にいて

僕の執事が殺しているのは僕を汚した奴らじゃなくて

シエルはもうここにいなくて

僕はファントムハイブ伯爵で

僕は 僕で 僕が


シエルは・・というか、坊ちゃんとシエルは別人???

漫画では、人の手で檻から引き出されるシエルと、悪魔が手をとる檻の中のシエルが描かれていて

腹を切り裂かれたシエルが横たわっていて

悪魔の紋章をその目に宿したシエルが立っていて

その手には血まみれのファントムハイブ家のホープダイヤ


でも、「僕は 僕で 僕が」って、なによ!

まさか、シエルの魂と、坊ちゃんの身体を融合させた?


14巻でも、あなたの名はと悪魔に聞かれ「シエル シエル・ファントムハイブ」と答え、シエル・ファントムハイブとして復讐を果たすというシエルに、セバスチャンが「私には嘘をつくなと仰るのに、あたなはずいぶん嘘つきでいらっしゃる」と笑われている


契約時のシエルは髪が右分けなのに、、その黒魔術が行われた屋敷が焼かれているのを見ているシエルは左分け

契約したのはシエル?

そして、その契約を受け継いだのが坊ちゃん?



彼(シエル)が願ったことは3つ

彼(坊ちゃん)が復讐をとげるまで裏切らず守り抜くこと

彼(坊ちゃん)の命令に絶対服従であること

そして 絶対嘘はつかないこと


アンおばさんを真っ先に訪れていることからして、坊ちゃんがファントムハイブ家の血を継いでいることは確かなことで

そこで、出会ったじいやも坊ちゃんと彼を呼んでいるから、殺された両親の息子であることには間違いなく

でも、じいやのタナカさんは彼をけしてシエル様とは呼ばず、「坊ちゃん」と呼ぶ

それを聞いたセバスチャンも、それからは彼のことを坊ちゃんと呼び始める

セバスチャン・・、そういえば、彼のことをシエルさまとは消して呼ばない

坊ちゃんとかご主人様とか・・

これは嘘をつかないことという契約の為に、シエルではない彼をシエルと呼べないから?


坊ちゃんが手にしたホープダイヤは血まみれだった

これは、身体を切り裂かれたシエルの身体の中から取り出されたため?

シエルは双子の兄弟の彼に、後を託したのか・・

悪魔との契約印をはめ込むと同時に・・


でも、悪魔はこうも言っているんですよね

「あなたは大きな犠牲を払った」・・と

このとき、すでに、シエルは悪魔召還の為に生け贄にされていて、それを檻の中から見ていた坊ちゃんが悪魔と契約を交わしたのか


うーーーん、どちらが契約したのか、よくわからなくなってきた


でも、本当のシエルと坊ちゃんは別人であることは、どうやら間違いなさそうで


うわーー、ちょっと、こんな展開になっていたとは知らなかったわ


悪魔と契約したのが兄弟だとしたら・・

弟が兄の為に契約したのだとしたら・・

その設定は、アニメの黒執事Ⅱの、アロイス・トランシーの物語とも被る

あのアニメはほんとうに駄作だったと思うけれど、この設定だけは原作を踏襲しているのか

それで、原作者がOKを出したのか


ⅩⅣ巻は5月に発売だそうで・・

寒冷前線コンダクターと一緒に注文しちゃった


ちょっと、このお話、まだまだ謎解きが終わらなくて、アンダーテイカーもアニメとは違って、死神のおきてを破っている異端の死神で・・

これから、毎巻、買ってしまいそうだわ


どーしよあせる


いいね!した人  |  コメント(2)
PR

[PR]気になるキーワード