我らが徳島ヴォルティスと共に

徳島ヴォルティスを応援しています。我が街にプロサッカークラブがある事に、日々喜びを感じています。

このブログに掲載しております写真等の転載及び無断使用は禁止しております。著作権は放棄しておりませんのでご注意ください。


テーマ:

歓喜に包まれた熊本戦の事を書こうと思っていたが時間が取れず。だが、昨日の天皇杯2回戦の敗戦で書かずにはいられなくなった。

 

 

{02412D41-A2C8-4C10-967C-2CAEE5F9A607}

 

 

 

 

 

 

天皇杯2回戦。相手はFC岐阜。この試合に勝てば3回戦に広島を迎え撃つ事になるだろうと考えていた。熊本戦での完勝からの安易な思いだったのかも知れない。

 

スタメンを大きく変えてきた。天皇杯を獲るというのではなく、リーグ戦に出ていない選手を軸に起用してきたという印象だった。

 

【スタメン】

GK 梶川
DF 小西 石井 冨田 内田
MF 井澤 濱田 カルリーニョス 木村
FW 大﨑(淳) アシチェリッチ

 

【リザーブ】

GK 松澤
DF 藤原    大崎(玲) 馬渡 エド 松村
FW 渡

 

 

システムは4-4-2。内田が左SBに入った。ボランチには井澤とカルリーニョス。濱田が右サイド、木村が左に入った。2トップと言うよりも、大﨑が少し下がり目の4-5-1のようなシステムだった。試合開始直後から感じたのは落ち着きの無さだ。特に最終ラインが不安定だった。この試合に出た多くの選手はリーグ戦での出場を狙う選手達だ。良いプレーをしてレギュラーを奪いたいという気持ちは格別強かっただろう。その強い気持ちが焦りを生んだのかも知れない。

 

客観的に書くと、石井と富田のCBが良くなかった。連携が上手くいっていない。それだけでもないようにも思えたが。富田は今季の公式戦は初出場となる。練習試合と公式戦は全く違う。戦い方、モチベーション、とにかく何もかもが違う。相手は同じカテゴリーのFC岐阜だ。完全に裏を取られる場面が再三再四あった。その流れから先制点を奪われる。

 

小西が右SBに入り、石井と共に右サイドをケアする。以前にも書いたが、石井はスピードが無いためポジション取りで勝負するタイプのCBだ。石井が前に出た際、抜かれると戻れない場面が多い。そこを十分に理解したSBが必要になる。振り返ってみればと言うことなるが、小西が石井のそういった部分をケアしきれていなかった。逆に石井が前に出過ぎていたとも言える。

 

左はSBに内田が入り、富田と組む。この試合の前半を見て色んな意味で最も印象的だったのは内田だ。内田が全くと言っていいほどオーバーラップしない。しないのではなくできなかった。岐阜の早い攻撃にCBが翻弄されていた為に、上がる事を恐れて留まるしか無かったのだろう。だがそれも徹底すれば良かったが、中途半端に見えた。そんな状態からカルリーニョスの持ち味である大きなサイドチェンジは影を潜めた。ただ、逆に言えば内田の良さは消え、上がってこない左サイドに恐さは無く自由に攻め込まれた。無理をしてでも駆け上がりを見せる事で、相手を上がらせないといった事もできたのかも知れない。ただ、それ以上に攻め込まれていたのは確かだが。木村との連携もハッキリしていなかった。

 

右サイドの濱田には焦りが見えた。当然、濱田もこの試合でアピールしたい気持ちは強かったはずだ。チームのファーストシュートは濱田だった。濱田は落ち着いてプレーすると良いところが出てくるのだが、ボランチでは無く慣れない右サイドで気負いもあったのだろう。とにかく動くエリアが広すぎた。もっと右サイドに張り付くくらいの気持ちで丁度良かった。気持が焦るあまり安定感に欠けた。あれは濱田のプレーじゃ無い。

 

大きなサイドチェンジを使わないカルリーニョス。更に良い部分でも悪い部分でもあるボールを保持する場面が目立ってくる。持ちすぎてバックパス。場合によっては奪われる。そういったミスも少なくなかった。左サイドの木村を右に移し、カルリーニョスを左に、濱田を井澤とボランチへ配置する方が良いと序盤から感じていた。

 

攻撃面でブレーキだったのはロッキーだ。最も期待する長身を活かしたハイボールへの対応すらままならない。ボールへの距離感が合っていない。もっとボールキープができれば、ポストプレーで大﨑を使った攻撃ができるのだが、それができていないので大﨑がロッキーのフォローで走り回る状態となり全く噛み合わない。あれだけ走り回らされるとキツイ。試合終盤、淳矢は完全に脚にきていた。この試合、最も走ったのは淳矢だろう。

 

1点目、2点目共に同じように最終ラインを抜かれての失点。CBだけではく、SBのケアも上手くいっていない。守備は崩壊した状態だった。前半での2失点が大きく響く事になる。

 

後半の頭から選手を2人替えてきた。濱田を馬渡、富田を藤原。この交代でシステムを3バックに変更する。この交代で最も変わったのはサイド攻撃だ。馬渡の駆け上がりが特に目立つ。ただ、内田が3バックにおける左SBに入ったことで、ある意味内田の良さは消された格好になる。内田に3バックは難しい。内田は3バックの一角を担うタイプのDFでは無い。

 

前線でロッキーのミスが目立つ事で渡を投入した。渡が入る事で相手DFも引っ張られ、大﨑淳矢も生きてくると思えた。渡、馬渡が前線で動く事で木村、大﨑にも良い動きが見えてきた。最もスタジアムが沸いたのは淳矢のシュートだった。悪くない。もっともっと積極的にゴールを狙って欲しい。消極的というよりも、大事にし過ぎる。監督から課せられたものもわかるが、もっと自分で行けば良い。

だが正直、前半での2失点はキツかった。点を取ろうとして前に出ると背後を狙われる。それを恐れて思い切った攻撃ができない。トーナメント戦で3失点目は終わりを意味する。失点せず得点を狙う。とても苦しい展開だった。後半だけ見れば德島は攻めていた。前半からこの状態なら、上手く噛み合ってさえいれば十分勝てたと思う。ただ、誤算だったのはカルリーニョスの負傷退場。これで1人少ない状態での戦いを強いられた。

 



Twitterなどでは敗戦に対する批判も多く見られた。まあ、試合直後はそんなものだろう。だが、冷静に振り返れば良いところもあった。全てが悪かったわけでは無い。藤原、井澤、木村、大﨑と見事なワンタッチパスでの連携を見た場面は震えた。もしあの形が前半から見えていたら、結果は全く違っていただろう。

 

試合を作るのは選手だけでは無い。メンバーチョイスを含めた監督の采配はとても大きい。ある監督が「同じチームでも監督が替われば全く違うチームになると」言った。確かにそうだ。この試合でもCBの1枚に藤原かレオを入れるなど、少しのことで大きく変わっていたかも知れない。それも結果論であり、後からは何とでも言える事だが。

 

試合後、内田が泣いていたとのツイートを多く見た。この試合はバックスタンドで見ていたが、試合終了後、一番先にこちらに歩いてきたのはキャプテンマークを巻いた石井だった。離れた場所からでも石井が涙を流していたのはわかった。近付いてきたとき目は赤かった。だが、それを見せたくなかったのか涙は拭わなかった。富田など年齢的にも今シーズンの公式戦はこれが最後になるかも知れないくらいの意気込みだったと思う。濱田にしてもそうだ。大﨑も状態が良いにも試合に出れない悔しさを抱えていた。選手全員が悔しさを抱えていた。表情に出さなくとも同じだ。以前、あるJ1戦士が言った。「試合で負けて泣くのは違う」と。それもまた彼の悔しさを飲み込む美学なのだろう。

 

リーグ戦での1つの敗戦は長い戦いの1試合に過ぎない。それも大事な試合である事に変わりは無いが、天皇杯という一発勝負のトーナメント戦は負けたら終わりだ。リーグ戦の敗戦は「負けた」となるが、天皇杯は「終わった」となる。どれ程のプレッシャーが選手達にのし掛かっていたのだろうか。

 

サポーターとは勝手なもので、勝てば歓喜。負ければ大批判。やってる選手は大変だと思う。サッカーも一種の興行なのだからその点は仕方が無い。まあ、サポーターとはそんなものかのしれないが、それも時と場合による。この敗戦は出場した選手達にとって想像できないほどのダメージがあると思う。レギュラーへのチャンスを逃したという気持ち。天皇杯という舞台でホームで迎える初戦での敗戦。今は責めるのでは無く、リーグ戦を制しJ1復帰を叶えるべく選手達を盛り立てていく時なのでは無いかと思う。

 

リーグ戦で引き分けが続いた時、スタジアム全体が選手達に拍手をし、次の試合頑張れとの声が多かった試合があった。でもその日、自分自身としては納得がいかない内容で、拍手できずスタジアムを後にした。そんな時はある。だが昨日の試合後、下を向く選手達には「次につなげよう!」とスタンドから声を掛けた。聞こえていないかも知れないが、思いは届いたと信じている。

 

リーグ戦でベンチ外の選手を多く投入して挑んだ天皇杯。監督の天皇杯に対する位置づけはそういうところだったのだろう。それならば、敗戦でのショックは早く捨てて、この敗戦から得たものを活かして欲しい。リーグ戦のスタメンメンバーだけで勝ち抜けるほど、大混戦のJ2は甘くない。

 

気になるのはカルリーニョスだ。怪我の具合はどうなんだろう。陸斗の復帰が遅れている状況で主力が前線を離れるのは苦しい。大事に至らない事を祈るばかりだ。

 

 

しかし昨日の天皇杯、多くの試合で予想を覆す展開があったようだ。

コンサドーレ札幌 2-5 いわきFC

FC東京 0-0(4PK5) 長野パルセイロ

ベガルタ仙台 2-3 筑波大学

京都サンガ 0-1 アスルクラロ沼津

ヴァンフォーレ甲府 0-1 ヴァンラーレ八戸

 

まあ、こんなこともあるよね。

昨日の悔しさを糧にして、大きく成長してくれる事をベンチ入りした選手達には願うばかりだ。頑張れよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

  

モヤモヤして仕方が無かったので仕事を放置してブログを書いた。書きたい事を全部書けてはいないだろうし、読んでくれた人に思いをうまく伝えられたかもわからない。でも、確実に言えるのは、今日の残業は決定したって事だな・・・。

 

 

 

誤字脱字はご容赦下さい。

 

ポチッと↓お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 徳島ヴォルティスへ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。