作家の五木寛之さん(77)が、1978年から務める直木賞選考委員を辞任する意向を示していることが19日、分かった。

 同日発行の日刊ゲンダイの連載エッセーで明らかにした。

 五木さんは22日発売予定の「オール読物3月号」(文芸春秋刊)に佐々木譲さんの同賞受賞作「廃墟に乞(こ)う」の選評を書いたが、その中に「間違いがあった」ため責任を取るという。

 同誌編集部によると、五木さんは誤って、佐々木さんの作品中にはない「破顔した」という表現について言及した。文芸春秋側では「見過ごしたのは我々のミス」として慰留している。

<特別背任容疑>パチンコ大当たり台を教え損害 元店員逮捕(毎日新聞)
<マータイさん>「母校にMOTTAINAI学ぶ科つくる」(毎日新聞)
<名古屋市議会>開会 87議案提案(毎日新聞)
糖尿病性腎症の関連遺伝子を発見―理研(医療介護CBニュース)
キャンキャン詐欺!ラフォーレ前で「モデルになる気ない」(スポーツ報知)
AD