22日午前11時半ごろ、埼玉県川越市の市立古谷小学校の教室内で、小学2年の児童13人が体調不良を訴え、病院に搬送された。県警川越署は、教室内に置かれたストーブで一酸化炭素中毒の症状が出たとみて調べている。重症者はいないという。【浅野翔太郎】

【関連ニュース】
湯沸かし器中毒死:東邦ガスとパロマ 遺族と和解が成立
出水のCO中毒:「予見は困難」と立件見送り--県警 /鹿児島
CO中毒:雪の車中で多発 今年3件、暖機運転注意を /新潟
金沢・アイスリンクCO中毒:換気徹底対策し、あすから再営業 /石川
美祢のCO中毒事故:再発防止へ報告書 警報機設置など提言--経産省検討委 /山口

1等陸佐発言「ふさわしくない」との答弁書 首相を揶揄と誤解招く(産経新聞)
大型草食恐竜の新種化石=1億500万年前、米国で発見(時事通信)
<平野官房長官>19~20日に沖縄訪問(毎日新聞)
誕生、上州の究極B級グルメ「うTON飯」(産経新聞)
<ガス田開発>中国強行なら提訴…政府、新対処方針伝える(毎日新聞)
AD