エコ・ブログトップへ スマイル・エコ・プログラム
只今素敵な熟女さん、大募集中☆下記プロフィールから入れます☆
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

レジーナリゾート富士

テーマ:ブログ
2015-03-02 01:21:14
河口湖ICまでは平気でしたが、

少し山道に入ると、わぉー♪

雪、雪、雪。

四駆スタッドレスですが

新雪ですので、
タイヤが多少空転しながらの登り道。

このクルマ
雪の中、
登りコーナーで思いっきりアクセルを空けると、
見事にオーバーステア。

下り坂でのコーナーで前輪がズルッとアンダーが出た時、
やはり、アクセル吹かすと見事にオーバーステア。

アクセルワークとカウンターステアで、
ラリー車のようにキレイにコーナーを抜けられます。
気分は頭文字(イニシャル)Dか、
セバスチャン.ローブか…。

雪はこれだから好き。
低速でもスポーツドライビング♪








さて、

レジーナリゾート富士です。

わんこ連れの宿。



河口湖なんて、
昔『生長の家』の合宿で来て以来。




車載のナビでは辿り着けず(途中まで)
やはりスマホのGoogleナビが途中から大活躍。
あなどるなかれ、Android。

でも分かり易い場所ですが…。



レジーナリゾートは、
昨年オープンしたレジーナリゾート箱根雲外荘に昨年泊まったので、
同じようなのかな…と思って来たのですが、

レジーナリゾート富士は、
同じグループでもだいぶ違いました。


箱根は、
一棟建てで、全室お部屋食でしたが、
富士は、
コテージのような離れが沢山あり、
食事は、レストラン(ワンちゃん同伴可能)です。
敷地が広く
あとで散歩して知ったのですが、
広大な
富士プレミアムリゾートの敷地内でした。





ワンちゃん御用達の宿ということで、
ワンちゃんディナーも
レストランで一緒に食べられます。

また
全室温泉なのですが、
河口湖の温泉など…(知らない)…??
でも、
美肌の湯だそうです。

考えてもみたら、
目の前に活火山の富士山があるのだから、
温泉なんて当たり前なのですよね。

けど、今まで
ほとんどこの地に宿泊した記憶はありません。

河口湖というと、
箱根に比べて『今市』(日光の手前)(^-^;)
というイメージなのですが、
これは、悪くない処…いや、むしろイイ♪



レストランでの和懐石は、
大きなライブキッチン風で、
ワンちゃん同伴なので、周りを観察するだけで、結構楽しい。


たらふく食べた娘犬とhoneyちゃんは、
例により
またもや爆睡。

あれだけ食べたのに、
honeyちゃんは娘犬と一緒に談合坂のSAで買ったチーズケーキのドーナツまで完食してしまい…

お腹痛いっ!

…って、
大丈夫かよ…honeyちゃん。





翌朝!





森林浴に癒されます。

朝食




レジーナリゾート富士、
わんこ連れの宿としては秀逸です♪














AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

長野のイワシ

テーマ:ブログ
2015-02-23 17:28:08
鰯(イワシ)

体調が良かったら?(笑)読める漢字、

その日の気分?で、読めない漢字。


自分がお馬鹿なのですが、

長野の山奥での鰯に巡り会った。





長野の東御市なのですが、

豚カツと鰯が美味しいお店

『勝味庵』。




何故、長野で鰯?…( ・_・;)




疑心暗鬼で待ってると、出て来ました!




おさかなさんの知識がまるでゼロの僕なのですが、
honeyちゃん曰わく、

この鰯の刺身は凄い!…そうです。

(鮮度が良くないとダメらしい)




そんなのまったくわからない僕。

鰯、鰯のオンパレード。



スリゴマのソースでの鰯のフライ、
うまかったぁ~。



他にも、豚カツが有名らしいです。

(鰯料理は、事前に入荷してるかの確認が必要)


しかし、何故、長野で鰯なのかは、不明。



帰りに寄った温泉は、
東御市
『湯楽里館』


写真取り忘れましたが、
フロントからはこの東御市の夜景。




長野って、
小さな温泉があちこちに点在していて、

なかなか面白い。



軽井沢経由で上信越道。

横川上りPAで

豚三昧。






この辺り、
豚も美味しい。

この横川PA、
峠の釜飯の『荻野屋』さんの一大勢力地のようで、
見事に整備されている。





碓氷峠を越えていた気動車が保存されてました。
萌てしまう。



帰り道、

honeyちゃんがどうしても運転したいらしく、
甘楽で交代しましたが…たまらず三郷で終了。


まだ周りが見えていない。


うーん…( ・_・;)



ま、
僕もいつどうなるのかわからないし、
honeyちゃんにも練習させないと…、

とは思うのですが…。



途中で運転を僕に強制交代させられたことにご機嫌ななめのhoneyちゃん。



徐々に上手くなればいい。







AD

仙石原とレガシィと

テーマ:ブログ
2015-02-15 23:40:22



曇天の仙石原にて。


特別に加装された、抜群の足まわりのsti仕様は、

この地で駆る喜びを与えてくれるのだけど、

AWD(四駆)である優越感は、冬場は特にそれが倍増する。

(但し、ローダウンし地上高が低いため悪条件も圧雪路限定。深雪ではスタックする)


このフォト、

クルマを撮ったようで、そうでない。
クルマを語ったようで、それだけではない。

写真を撮る思いなど、本人にしかわからない。






曇天の冬。

静かな午後。雪の峠道。
アイスバーン。

箱根外輪山の雪山。

時々、硫黄泉の匂い。


リゾート地、避暑地でもある仙石原は、冬場は静かだ。


山とマンションが見える。







噴火の危険も指摘される箱根だけど、

箱根が噴火したら、東京だってアウトだ。







EJ20エンジンを積むレガシィは、
非常に濃い。

このblレガシィは、
トヨタ傘下に入る前の、技術志向の非常に高いスバルの一番カネのかかった時代の設計。

プラス、stiが足まわりを中心にタップリ官能的に味付けしてある。




ハイブリッドでも、ダウンサイジングでもなく、
世相とは反駁するパッケージ。
こんな時代だからこそ、
濃い味が好きだ。



何気にドライブすることに無上の歓びを感じる。

細かな機械の奏でる音、
ロードノイズ、
官能的な排気音。

全てに心、傾ける。



そんなシチュエーションが、

この地だと、

さらに感性が研ぎ澄まされる。



周りが静かだからなのか、

この手のコンプリートカーが最も活き活きする場面だからなのか…。





ここに部屋でも持とうかな‥?






感性を刺激される場所。


翌朝の仙石原は快晴。



ネオン街((笑))に、戻るのが億劫だな‥。













AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

あなたもエコ・ブログでブログをつくりませんか?