池袋熟キャバclub『pudding』(プリン)by正統派熟女

2013年7月19日(金)open! 池袋の熟キャバの黒服ですが…、
お店とかけ離れたblog、つれづれなるままに…

只今素敵な熟女さん、大募集中☆下記プロフィールから入れます☆

テーマ:
時に勘違いされるのは、

仕事が

与えられるもの、と思われがちであること。


囲まれた範疇で、
既存の材料で、

最大限努力することは当たり前のことで、
それは基本給(最低時給)に含まれるもので、
問題なのは、

その囲まれた範疇そのものを創ること、
材料を仕入れること、見つけ出してくること、
なのです。




それは、
男女問わず、

特にこの仕事を志す者ならば、

避けては通れない。




見つけてこないとならない…

作らないとならない…

それが出来なければ、
もっともらしく正しい意見も、単なる批評家に他ならない。



経済ですから、
どんなテクニックを持ち
どんな素晴らしい考えでも

経済が伴わないと机上の空論。



やり方云々…。

出来ないヤツほど、
そのやり方云々を語る。

語りかたがる。

話をしたがる。





常々、
実のある話なら語り合いたいと思ってる。

実のある話を語り合える、というのは、

互いに実績がある者同士ということ。



そうではなく、
追従したい者は、(既にある材料で料理をして仕事だと思いたい者は)
それなりの賃金で、
それなりに働いてくれればいい。

もちろん、それもとても重要なポジションで、
必要なことなのだ。




ところがどうして、

近年、

その“産み出す”という本質を避けて、
作業の材料は与えてくれるもの…、

それを与えてくれないと、
気落ちしてしまう。

そんな輩が増えているように感じる。



キャストさん志望で
たいへん多いのが、

『アタシは“盛り上げる”のは得意です!』


…ん~。


そのように発言する者で採用に至るのは、
100人いて一人いるかいないか、だろう。


その楽しませる“お客様”をどこかしらから
見いだしてくることが“仕事”なのです…。

既存にあるもの、
与えられるもの、
を料理することは本質ではないのです。

材料をなにがなんでも入れることが仕事の本質なのです。


最初にこのような切り出し方をする女子は、
僕は好みません。
(もちろん、必要でもありますので、
その場その時の店舗状況で、一握り、採用はしますが…)


男性でも同じ。


既にある材料を活かし
上手く回すことが出来る…
上手く売上を伸ばすことが出来る…
と“自負”する男は、
実は仕事の出来ない輩なのです。


問題は、
ゼロから、
なにもないところに、
あなたはどれだけ自分で作れますか?ということなのです。

そして、
それが出来てはじめて、
既存の材料を活かすことができるのです。
『俺がやれば…、俺ならこうする…、もっと上手い…』
と批評家めいた考えを持っている以上、
絶対に伸びない。

既存のレールに乗って上手く運営する…そういうスタッフも必要です。

しかし、
本質ではない。


そして、
思うに、

新しく創造することが出来なければ、
既存の材料(基礎の男女スタッフ)は、
出来るリーダーとして、彼を認めないのです。



大昔、
青年商工会議所に行くホステスを見たことがあります。
顧客開拓です。

時代が時代ですから今とは違うのですが…。



でも、
ホストさんの世界は、未だ、そういう創造する世界が色濃く残っているようにも感じます。

街頭ナンパにはじまり、(違法となりましたが)
自分の名刺を配ったり…、
とにかく
カネもない
知名度もない、
つまり
指名もなく、売上もない、ゼロホストさんは、
街に出てた。


今はどうなのでしょうか?


私たち、
黒服だって、
365日、街頭キャッチ(今は違法です)をやっていた。

キャスト(入店)を連れて来れるまで、店には帰れない時代もあった。

出勤ゼロなんてやった日にゃ、
『罪人』と張り紙を背中に貼られ、
ウェイター業務をさせられた。

売上、利益が出せない課ならば、
即、減給、降格。当たり前。





今も、
本質は変わらないです。




男も女も。この商売。




時代が変わっても、
本質は変わらない。




膨大なアドレス帳から、
膨大なデータから、
僅かなヒントから、
連絡を取り続け、入店、売上に結びつける。



やり方など、
人それぞれ。



ただ、努力してないと、
しかもそれがその時、その時代に対して、正しい努力をしていないと、
結果は出ない。



結果が出ないのは、
正しい努力をしていないからです。



ただ、
動かないとダメですね…。



なにもないなら、街に出る、アクションする。



家電、ワイン、etc.…
街をうろつく。

必死です。
どこも売ることに…。
なにかを感じればいいです。



おっ!素敵な淑女が改札に…。
思わず声を掛ける…(昔は…です)(キャッチは違法です)



でも、
ホントに声掛けちゃうんですね…、

『えーっと、ご応募の方でしょうか?』


と…。




そんなことがなくても…、
知り合いに会う、
顧客に会う、
昔使ってたキャストさんに会う…。


街に出るのは、とてもいいことなのです。


持たざるものは街に出るべし。
持てるものも、街に出るべし。



春です。



創造しましょう!





なんのこっちゃわからない、
ブラックボード…

本部長作(笑)














AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

ビルのフロント看板、新しくなりました。



一階の『風雲』(串焼き屋さん)もリニュアル完了。
ここの串焼きは、美味しいです。
手羽先が好き。






で、暖かいと思いきや…
今日は、東京でも雪のようです。


三寒四温の中



スバルで、
夏タイヤに履き替えた愛車の、
なんと足元の軽いことか…♪

stiホイールの
バネ下重量の軽さにあらためて感心。

と、同時に、
路面のインフォメーションをもろに感じる。


夏タイヤ、五分山なので履き替えたい為、
只今、物色中。






スバルであらためて見ると、

現行レガシィはとても良いのだけど、
やはり大きい。



けど、
WRXでは(乗りたいけれど)やはりガキ臭い。


さらに
現行レガシィには、
ターボモデルがない。




ディーラーで聞くには、
現行レガシィにターボ搭載予定は、今のところ無いそうです。




WRXは魅力的なのだけど、(S4、sti問わず)
佇まいが…。
50歳代が乗るクルマには思えないのです。





同じAWDでの競合車種となれば、
Audiのクワトロ系。
ただ、なんだか最近のAudiは、
ledの電飾顔のオラオラ系で好きになれません。
併せて、
予防安全性に(少なくとも日本Audiが)おいて
相当、見劣りする。





スバルは、やはり唯我独尊なのです。




今のところ、
愛車のレガシィB4
turnd by sti のような雰囲気を持つクルマは他にありません。



やはりAWDで大人のスポーツセダンとなると、
レガシィのちょい悪ターボ、車高を落とした不良バージョンが欲しい。



東京モーターショーに参考出品されていた、
現行レガシィのブリッツェン。
これで直噴ターボなら…。




これが出るには、何年か待たないとダメなのでしょうか?































AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
誕生日で伊豆修善寺へ。

誕生日とは言っても、12月である。

誕生日とは言っても、何故か僕が宿をとった。

誕生日は、僕の、誕生日…(^.^;


見かけは小犬でも、ワンちゃんは高齢になり
、やはり連れていける所がいい。


年明けから、なんやかんやとしていたら、連休前になってしまい、奇跡的に空いてたワンちゃん連れの宿。

ラフォーレ修善寺『山紫水明』は、
昨年夏にお世話になったラフォーレ強羅の系列。



昨今のワンこ同伴でのアッパーミドル層がターゲットの昨年末に完成したばかりの
ドッグルームも含む『山紫水明』

ラフォーレ強羅とは違い
フルコースのゴルフ場を含む広大な敷地にいくつものコテージが散在するのが
ラフォーレ修善寺。

イメージ的には、子供連れ、会社の研修、というような感じなので、
部屋露天温泉のあるような部屋を好む僕は
避けていた面もあったのですが、
その中でも『山紫水明』は、
上質な空間ということで、
来てみました。




中に入るとできたての木の香りプンプン♪




恐ろしく広い敷地内は、チェックインしたらクルマで移動します。




至る所に、この看板。

そしてドッグラン近くに、この有様。




素晴らしい♪

鹿など、小学生の時の奈良公園以来だ!

鹿に向かって意味なく雄叫びを挙げるhoneyちゃん!

鹿は驚き一目散に逃げていきました。



夕食は和御膳をお部屋に持ってきてくれて、
ワンこに寂しい思いをさせません。



天城寿司なる、ワサビ多めのお寿司が良かったです。

しかしながらhoneyちゃん、

来る途中のSAでカレーパンとコロッケを食べたにも関わらず完食。

この日は、僕より食べている。




修善寺の優しいお湯が客室露天で24時間味わえるので、やっぱり宿は、
部屋に露天が着いてるのがいい♪

移動すれば、大浴場は二カ所あり、
でも、
やはり部屋がいいです。






朝食はやはり歩いて数分の
反対側のゴルフハウス側のセンターで…。






バイキングは食べ過ぎます。

この時点で、まだhoneyちゃん、

大、

が出ていない…(^.^;

翌日もまったりゆったり、

敷地内には気になるオブジェも…。






部屋の前は、
ラフォーレ修善寺ゴルフコース。

とてもノンビリします。

二日目の夕食は
お食事処で…


この状況でも、
まだhoneyちゃん、大、出ない…。


心配。


翌朝もタップリバイキング。

納豆ご飯にパンに…。


honeyちゃん、遂に旅行中、

出ませんでした…。



(どうするんだろ…?)





変なリポートになってしまいましたが、

山紫水明はグッドです。

伊豆は、伊豆高原側に行けば、

ワンこ連れの宿は沢山あるのですが、

中伊豆は少ない。

その中でも、部屋露天があって…となると、

ホントに少ない。

レジーナ系列等のワンこ専門ではないのですが、
お勧めの宿です♪





AD
いいね!した人  |  コメント(1)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇