エコ・ブログトップへ スマイル・エコ・プログラム
只今素敵な熟女さん、大募集中☆下記プロフィールから入れます☆
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

honeyちゃん外伝①

テーマ:ブログ
2014-09-19 10:44:00

《PART1》

シャワーから出た僕が
なんとなく違和感を覚えたのは、
レンジの窓からの灯りが
『オレンジ色(朱色)』だったから…。



《なにをオーブンレンジで焼いているのだろう…?》

《こんな時間に(真夜中)何をトースト?してるのだろう?》




違和感、

ん?

違和勘?(笑)




『火』を恐れる僕は、
オレンジ色や朱色に敏感だ。


赤信号には敏感に反応するし、
交通ルールは必ず守る。


取り扱い説明書は読まなくても
必ず上手く行くタイプなのは、
僕もhoneyちゃんも同じなのだけど、
交通ルールは真逆で
僕は自転車でも必ず守るが、
彼女は『自由』という名の暴走を美徳とする。


彼女は『朱色』を恐れない。




話が逸れた…。




真夜中にオーブンレンジで、
何を
『焼いて(トースト?)しているのだろう?』


僕らは、
この時間からが『夕食』に当たるので、
honeyちゃん、
僕になにかを作ってくれているのだろう………、


…と、
楽観的に考えられない僕。





レンジの時には大きな音が鳴るのだけど、
オーブン時は、無音で動く。



今は、
無音で、
不気味に朱色の光を放ちながら、
ターンテーブルが回っている。


不気味だ…。

何かおかしい。




恐る恐る
オーブンレンジの小窓を覗く。





戦慄が走るガーン





《レトルトパックのご飯が、トーストされている!!叫び




新しい調理法か…?

否、違う。





慌ててレンジのドアを開け、
緊急停止。





犯人は、
僕ではないので、
当然、
honeyちゃん。




あぁ…あせる




レトルトご飯を
トーストしているhoneyちゃん。

納豆ご飯を食べたかったらしい。




まったく動じないhoneyちゃん。
焦る僕。


『あれれ?』
『なーんてことはない』




彼女は

トーストしてからレンジするという新しいワザで、
納豆ご飯を食べていた。




《PART2》

ドラマの『昼顔』を夢中で観ているhoneyちゃん。

エンディングの
『他人の関係』
を観ながら、
踊ってる…ガーン




そーいえば、

泥酔してる時にも

仰向けに眠りながら、

『他人の関係』を唄い、

踊ってる。





イントロの
チャン、チャン、チャチャッチャ♪
チャン、チャン、チャチャッチャ♪
…の部分を


昔の漫画『ガキデカ』みたいなポーズをとりながら、

踊ってる。



泥酔しても、

仰向けになりながら踊ってる。




相当、お気に入りの曲のようだ。



泥酔すると、
歩道の植え込みに寝ながら踊ってたhoneyちゃん。


街中でやられたら保護されちゃう。



良きにつけ悪しきにつけ、
ドラマ『昼顔』を観ると、
テンションが上がるhoneyちゃん。






『パパが浮気したらアタシどうしたらいいの?』

僕、
『僕は浮気しないよ』

『じゃあ、
アタシが浮気したらどうする?
別れる?』

僕は、
『浮気はイヤだな』


お決まりのふたりの《茶番劇》が始まった…(笑)



古瀬美智子とデキてしまう画家役の
北村一輝が好きなようだ。



北村一輝と吉瀬美智子の
ラブシーンを観ながら身悶え?するhoneyちゃん。

僕だって負けじと
池上季実子(今の)とのラブシーンを妄想する。



※注
(現在のふっくらな池上季実子が好みだということを人に言わない方が良いという方が多いが、
僕は、
それはおかしいと思う)










たわいのない日常の『昼顔』遊び。





フォアグラの西京焼きに山芋が添えてある。
箱根仙石原 梟 での一品ならぬ逸品。









































Android携帯からの投稿
AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

陶芸

テーマ:ブログ
2014-09-15 17:41:00





強羅公園内にある
『陶びら』


完全個室の貸切陶芸。



honeyちゃん
昨年こちらで製作した
陶器の底が、
少しカケていたので、
それを直しに、

また、

2014年度の
ふたりの作品を制作しに参りました。
(僕は図画工作は5段階評価の時代に、ずーっと5だったのですが、honeyちゃんにはかないません)


ここは結構、
お高め、なのですが、
まぁ、のんびり、
やるのには最適です。


強羅公園内には
クラフトハウスがあって、
やはりそちらでも陶芸をはじめガラス吹き細工とか、出来るのですが、
結構いつ来ても混んでいます。

『陶びら』は、
まったく人混みとは無縁なので、
人混みの苦手な僕には、
いいと思います。







なんやかんやと強羅で用を済ませ、
連泊の仙石原『梟(アウル)』
の帰り、

宿のすぐそばにある、
やはり
陶芸工房
『仙石釜』に寄りました。

アウルの主人に紹介してもらったのですが、

普通の陶芸作品以外に、

『あかり』
と作者が言っていた作品は
感動です。

陶器に模様がくり抜いてあり、
模様から中の灯りが透けて見えるのですが、
作品の裏側にもくり抜きがあり、
そこから後方への光が壁にあたり、
模様が出来るという作品です。

言葉では説明し難いので、

こんな感じ…。




《富士山はくり抜きの模様そのものですが、
壁に映る三日月やお星様は、
陶器の後ろのくり抜きからの光りの影です》

いいですよね♪


もひとつ…




《ウサギと、背景に映し出されるのはお月様》


この不思議なアート

陶芸家の
黒川 淳 氏のもの。


アトリエに黒川氏がおり、
お話を聞くことも出来ました。


(僕と同じ母校でビックリ)


この不思議な
『あかり』というアート、

仙石原の
仙石釜という黒川氏の工房にあります。


癒されます。















Android携帯からの投稿
AD

朝 仙石原

テーマ:Simplog
2014-09-15 08:43:00
投稿写真

投稿写真

…とらわれず



 せき立てられず…



 解き放つ




 ひと時に凝縮された
 君との時間




 
 一瞬との戯れ








 ∞

 
 

 

#一瞬


AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

あなたもエコ・ブログでブログをつくりませんか?