【勘違いばかりの自分で
誰かに腹を立てたり 疑ったりして
結局 自分にも落ち度があったと知った時は
よくもまぁ そこまで怒り狂えたものだって 他人事。
正義の剣を構えていると
真実を知っても 収める場所に戸惑うから
勘違いを突き通すのが楽だ なんて思うわけで・・・
結局 人にも自分にも
収めどころのない気分の悪さを残してしまう。
その度に まずは「自分を疑え!」
って言葉が出てくるけど
どう疑おうと どちらが正解でも 疲れるのは一緒。
だから 皆そういうものなんだって認めてしまえば
まじめに生きる自分が馬鹿らしく
「なるようになって 成すべき時になんとかするだろう」
と そんな安易な自分に安心する。
もう これまで頼った「間違わない私」に
相談は無用。】

AD