お礼

テーマ:
こんばんは。記事の更新をお休みしている間、たくさんの心温まるメッセージどうもありがとうございました。こんな何の取り柄もないへっぽこブログを応援くださって感謝感激です!

おだてられるとすぐ木に登る単純コブタちゃんタイプですので(体型も...)毎日いただいたメッセージを読み返してはニタニタしていました(笑)

励ましのお言葉にお応えしてブログを再開したいと考えていますが、内容も頻度も気まぐれなイギリスのお天気のようにコロコロ変わりながらの不定期マイペース更新になると思います。

また諸事情により過去の記事は非公開とさせていただきましたのでご了承ください。(激旨ホロホロ鳥のお取り寄せ、どこの農場だっけ?!など過去の記事についてのご質問には可能な限りお答えしますのでお気軽にお問い合わせください)

そうそう、たまにしか書かなかったグルメ記事を楽しみにしてくださっていた方が何人かいらして嬉しい驚きでした。音楽はダメダメですが、食いしん坊ではどなたにも負けません! 食に対する情熱もみなさまと共有できましたらこの上ない喜びです♪

今後とも「ほぼ週刊vodka新聞(仮称)」をよろしくお願いします♪♪

* * * * *

今夜はセルゲイ・ハチャトゥリアンくんの演奏をご紹介します。言葉でうまく説明できないのですが、彼のヴァイオリンの音色が堪らなく好きです。

残念ながら、涙が止まらなかったシベコンの動画は見つかりませんでした。先日アンコールに演奏してくれたコミタスのDzirani Dzar(アプリコット・ツリー)はありましたが音質が良くありませんでした(ノ_-。)

代わりにビゼー=ワックスマンのカルメン・ファンタジーをどうぞ♪



extremely fascinatingなハチャトゥリアンのコンチェルト第2楽章は、一部分だけマリインスキー劇場のサイトでお聴きになれます。下記URLのAnnouncesページ右上のセルゲイくんの写真をクリックすると、彼のインタビューと各楽章の抜粋の動画(ゲルギエフ指揮)がご覧いただけます。

マリインスキー劇場のウェブサイト
http://media.mariinsky.ru/Play/#/en/cat1

※上記サイトを閲覧するにはSilverlightというプラグインが必要です。WindowsではFirefoxもIEもインストールが簡単でしたが、Safari-Macは若干面倒でした(>_<) バージョンによるかもしれませんが...

インタビューの中でセルゲイくんが「アルメニア人の血が流れた人間しかこの曲は弾きこなせない」というような意味のことを話していました。ユダヤ人のオイストラフにケンカを売っているのでしょうか?(笑)

be-tovenさんご推奨のオイストラフ版と、座布団亭主さんご推奨のパールマン版は現在HMVでお取り寄せ中です。届きましたら、秋の夜長にじっくりハチャコン聴き比べと洒落込もうと思います♪

fivebassさんが教えてくださったのですが、セルゲイくんは2012年1月14日(土)の東京交響楽団オペラシティ公演に出演します! 指揮は秋山和慶先生、曲目はベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲です。

ご興味をお持ちの方は是非♪
AD