VOC研究会ブログ

VOC研究会(NPO化学物質による大気汚染から健康を守る会)の公式ブログです。ホームページにも是非ご訪問ください。http://npovoc.org/index.php


テーマ:
第5回日本の杉セミナー「杉を科学する」が開催されます。

<日 時> :平成27年5月16日(土)13時~16時30分(受付12時30分~)

<場 所> :東京都中央区銀座7-4-12 

銀座メディカルビル(旧ぎょうせいビル) 9Fセミナー室

<講師> :小林大介先生 横浜国立大学教育人間科学部

:森上展安先生 (株)森上教育研究所所長

      (司会:松原先生)

<小林先生演題> :木材で創造する豊かな教育環境

 ~木材で学校を建てよう!~」

<森上先生演題>:最近の子供の問題ー教育の現場から

<スケジュール>

13:00 ~13:10 挨拶 

13:10 ~14:40 小林先生講演 

14:40 ~15:00 休憩

15:00 ~15:40 森上先生講演 

15:00 ~16:30 質疑応答 (司会:松原先生)           

<参加費>

・セミナー参加費:2500円 (資料代を含む)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【VOC研究会第16回セミナー】

「健康を守るための環境基礎講座~2015年の大気から健康を守る対策~」
 
主催:NPO化学物質による大気汚染から健康を守る会(VOC研究会)

日時:2015年5月24日(日)13時30分~15時30分 

会場:(株)森上教育研究所セミナー室
 (東京都千代田区九段南3-4-5、フタバ九段ビル3階)

プログラム: 
1)13時30分~14時30分
「好酸球刺激反応試験による原因物質試験方法」(内田義之理事)

2)14時30 分~15時30分
「現在までに分かった大気汚染の実際と今後の対策」(VOC研究会会員)

申込:当日会場にて受付

参加費:1,000円

問合せ:TEL/080-6593-2768 FAX/03-3264-1275
    E-Mail/voc@kxe.biglobe.jp

どうぞお気軽にご参加ください^^
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日(12月16日)は室内環境学会の公開講座「室内環境学のすすめ」を聞いてきました。


VOC研究会ブログ


成城大学の野口美由貴氏も、VOCは非常に大きく変動するので継時的に計測することが必要、といった趣旨のことをおっしゃっておりました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日ブログでも紹介した日本弁護士連合会主催の電磁波問題シンポジウム~予防原則と人権保障の観点から、聞いてきました。

VOC研究会ブログ
印象に残ったのは、現在日本中の学校や病院、地下街で無線ラン化が進行中だということ。
特に学校は、学生、生徒は、現実的には選択の余地がないので深刻な問題だと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

VOCとは直接関係ありませんが、シンポジウムのお知らせです。

日本弁護士連合会主催の「電磁波問題シンポジウム~予防原則と人権保障の観点から」が、

2012年12月15日(土)13時30分~16時30分

日比谷図書文化館 地下1階 日比谷コンベンションホール

にて開催されます。


日本弁護士連合会のページ


締め切りが12月3日(月)締切→12月12日(水)までに延長になったようです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
津谷理事からVOC研究会とその関係者に向けて出されたメールを転載します。

「VOC研と周辺の皆様

 知らず知らず化学物質の健康影響をうけておられる方や 発生源は分かっても健康影響の詳細過程が不明の方が、それぞれに
診断や治療や環境対策に行き着けずにご苦労されているご様子を伺っておりました。

 自己免疫病というのが100種類ぐらいもあって、米国では診断技
術も急速に進歩し、また罹患者も急速に増加中で、国民12人に一人と言う驚くべき数字が2005年に国立機関の調査で判明したそうです。自己免疫病というと難病と思っていましたのに、・・・・

 微量な化学物質が免疫機能を撹乱して、微量な化学物質の進入で自
分の組織を攻撃してしまうと言うことです。

少し詳しく知りたいと思っていたところ、「よくわかる最新医学・
新版膠原病」三森明夫・主婦の友社 にであいました。

 自己免疫の原因はいろいろありますが、その1つに化学物質による
ものが挙げられていました。進入した小さい化学物質分子が体内組織の蛋白質と結びついて進入異物すなわち抗原として認識され、免疫反応で自分の体内組織を攻撃するようになる、というのもそのメカニズムの1つと書いてありました。

 杉並病などの環境被害者では、指が腫れて痛む、筋肉痛・関節痛、
筋力低下、肺拘束感、など混合性結合組織病にあてはまる症状その他が多く、また倦怠感、皮膚症状、視力低下、咳も加わり別個に自己免疫疾患の診断名が付いた人も少なくありませんでした。

 米国のある医師自身が重い自己免疫病を発症した時に、6人目まで
の医師では診断が付かず7人目でやっと診断・治療できる医師を探し当てた、という記事が「免疫の逆襲」石川鈴子訳・ダイヤモンド社にありました。

 化学物質被害なのだから化学物質過敏症の診断、と狭く考えないで
、自己免疫も疑ってみましょう。

自己免疫ならばいろいろの治療法が有効です。薬物治療が主ですが
、場合によってはガンマーグロブリン、生物学的製剤、結晶浄化法、などもないわけではないし。

 重症筋無力症、抗りん脂質抗体症候群、間質性肺炎、間質性腎炎、
サルコイドーシス、ループス(LSA,・・膀胱炎、・・肝炎、神経精神・・)、全身性血管炎、多発性硬化症、葡萄膜炎、網膜炎、関節リュウマチ、バセドウ病、橋本病、川崎病、溶血性貧血、血漿板減少性紫斑病なども自己免疫病に関係したものです。

 環境汚染が懸念されるイソシアネートは、血漿のたんぱく質やヘモ
グロビンとの抱合体となって血液中で21日間も全身を循環することが確かめられています。そのようなメカニズムで強いアレルギー性なのです。自己免疫病は、アレルギーの1種とされているらしいです。」
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日は、つくばの産業技術総合研究所にて、東大教授の山室博士、筑波物質情報研究所の金子博士とお会いし、いろいろとご意見、アドバイスをいただきました。
有難うございます。



VOC研究会ブログ

写真は左から、津谷理事、津谷理事の付き添いの森さん、金子博士、山室教授です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本の紹介です。

VOC研究会ブログ


新農薬ネオニコチノイドが日本を脅かす
もうひとつの安全神話

http://pen.co.jp/index.php?id=674

当会の水野玲子理事の著作です。
内容は題名の通り、最近ミツバチ大量死の原因として取り上げられることの多い、新型農薬「ネオニコチノイド」についてが中心ですが、それ以外の農薬全般を取り巻く問題についてもふれられています。


文章は読みやすく、これまでこういったことに関心の無かった人でも抵抗なく読めると思います。一方、一流の医学雑誌にも論文を書いた経験のある著者らしく、参考文献なども充実しています。

印象に残ったのは第5章「農薬大国の日本」
これまで、日本の農薬問題に関心の無かった人、日本は農薬の使用などについて海外よりも安全だと信じている人は、この章だけでも読んで欲しいと思います。


あとがきに、次のように書かれています。
「3・11の原発震災以降、目にみえない脅威である放射能のことで、私たち日本人の心も頭もいっぱいになった。とくに子どもを抱える若いお母さん方は、わが子を放射能の害から守ろうと必死になった。そして、国や偉い学者たちがいくら「安全」といっても信じられないことがある。多くの人は、はじめてそのことに気づいた。
しかし、いたずらに危険性をあおるつもりはないが、農薬についても同じなのだ。」

まさにその通りだと思います。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
14日はCS和の会発足5周年記念の集いに参加してきました。
VOC研究会ブログ

CS和の会はCS(化学物質過敏症)患者による
患者のための会です。
http://home.n01.itscom.net/wanokai/wanokai.htm
独自のスタンスで堅実に活動を続けています。
ちょっと遅れての参加でしたが、
いろんな方と活発に意見交換することができました。
南会津町あらかい健康キャンプ村 http://www.21sense.com/ の池谷さんとも久しぶりにお会いして、 話をすることができました。 VOC研究会ブログ その他、今回初めてじっくり話をする方も 何名もいました。 体調はあまり良くなかったのですが、 参加してよかったです。 みなさん今後もよろしくお願いします。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本の紹介です。
ダイヤモンド社
「免疫の反逆」 ドナ・ジャクソン・ナカザワ 著/石山鈴子 訳

http://www.diamond.co.jp/book/9784478013380.html

VOC研究会ブログ

近年自己免疫疾患が急増しており、その原因は安全性もろくに確認せず、大量に使われ廃棄されている合成化学物質ではないか?というのが著者の主張です。著者自身が自己免疫疾患の患者であり、その他、有害化学物質が原因で自己免疫疾患を発病したと思われる患者たちを取材し、また、最新の医学的、科学的な知見も盛り込みながら書かれています。
著者も訳者も、医師や科学者ではなく、いわゆる専門家ではないので、やや物足りない部分もあるのですが(せめて文献の引用は示して欲しかった)、その分大変読みやすい本です。
是非今後、日本の専門家に、こういった本を書いていただきたいと思いました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。