気象庁は27日午後1時から、大雨や洪水などの気象警報・注意報の発表地域を市町村(東京23区は区ごと)単位に細分化した新たな発表方式をスタートさせた。

 これまでは「(東京)23区西部」などと複数の市町村をまとめた広範囲を対象に発表されてきたが、今後は「千代田区」「中央区」などより詳細に発表されるようになる。発表対象地域数は375から1777と5倍近くに急増する。

 新たな発表スタイルを巡っては、テレビ、ラジオ局の中には「情報量が多すぎて視聴者に情報が伝わりづらい」などの理由で、従来通りの発表地域で放送する局も多く、同庁では、同庁ホームページや携帯電話向け情報サービスの利用も呼びかけている。

県酒連が「泡盛百科」公開 銘柄情報を網羅
首相動静(5月28日)(時事通信)
<障害暫定改正法案>衆院委で可決…発達障害も対象に(毎日新聞)
首相、来月1日宮崎訪問で調整=口蹄疫被害拡大で現地視察(時事通信)
地域ケア研究会報告、「施設解体」と懸念―全国老施協・中田会長(医療介護CBニュース)
AD