消費者金融中堅の「レタスカード」(京都市中京区、破産手続き中)が架空の消費者ローン債権を東京都内の投資顧問会社側に譲渡し、代金として約36億円をだまし取ったとして、京都地検特別刑事部は24日、元社長の山本武雄(51)=同市北区=と元取締役の江村正志(49)=大津市=の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。消費者ローン債権を担保に巨額資金を調達できる「債権流動化取引」を悪用した初の事件とみられる。

 逮捕容疑は、共謀して08年1月、実在しない消費者ローン債権1万1616件を含む1万9873件(総額約70億円)を海外に拠点を置く投資顧問会社が設けた特定目的会社(SPC)に譲渡。この投資顧問会社からSPCへの融資として約36億円をだまし取ったとされる。

 地検によると、山本容疑者は容疑を否認し、江村容疑者は「山本容疑者の指示でやった」と認めているという。【熊谷豪】

【関連ニュース】
詐欺容疑:元専大付高校長を逮捕 警視庁
元議員秘書詐欺:神容疑者、経歴も詐称
詐欺:山内議員の元秘書を逮捕 架空投資話の疑い
エビ養殖詐欺:元部長に無罪判決 東京地裁
振り込め詐欺:1月の件数、被害総額とも最少に

濃霧の混乱続く=羽田(時事通信)
JR北海道 新幹線に貨物車丸ごと搭載…研究車両公開(毎日新聞)
<災害伝言板>携帯用 5社横断で利用できるように改善(毎日新聞)
佐藤医療課長「DPCも競争の時代に」(医療介護CBニュース)
日曜はダメよイタリア約80都市が自動車一斉締め出し(レスポンス)
AD