夏の参院選に向け、各党のスポーツ選手やOBの擁立ラッシュが続いている。

 知名度が高く清新な印象が「即戦力」になると見て、無党派層の票獲得を期待しているためだ。

 民主党は五輪メダリストを3人そろえた。10日に発表された柔道の谷亮子氏(34)と、元体操選手の池谷幸雄氏(39)を比例選に、競輪選手の長塚智広氏(31)を茨城選挙区から、擁立する。

 プロ野球界からも引っ張りだこだ。自民党は、比例選で読売巨人軍前監督の堀内恒夫氏(62)、秋田選挙区には近鉄、巨人などで活躍した石井浩郎氏(45)を立てた。たちあがれ日本も、元巨人の中畑清氏(56)を比例選で擁立する方針だ。国民新党はプロレスラーの西村修氏(38)を比例選候補として公認した。

 スポーツ選手などの候補者がいないみんなの党の渡辺代表は10日、「アジェンダ(政策課題)のもとに集まった覚悟の集団というのが最低条件だ」と語り、けん制した。

普天間質問スルー、株価下落「大変心配」…首相(読売新聞)
<水質汚濁>基準超す廃液流した疑い、会社社長逮捕 千葉(毎日新聞)
<俳句>第1回田中裕明賞に高柳克弘さんの「未踏」(毎日新聞)
入れ歯ずれた患者撮影=准看護師、同僚に見せ笑う-栃木(時事通信)
中国大使に抗議=海保測量船の追跡で-岡田外相(時事通信)
AD