裁判員制度の違憲性が争点となった刑事裁判の控訴審判決が22日、東京高裁であり、小西秀宣裁判長は「裁判員制度は憲法上の要請に沿うもので、刑事被告人の権利を侵害するものではない」との判断を示し、被告側控訴を棄却した。同制度を合憲と判断した判決は、全国初とみられる。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
6割「司法、より身近に」=参加意欲は横ばい
裁判員判決、自衛官に有罪=先輩隊員を銃剣で切り付け
裁判員対象除外を申請=暴力団幹部の爆発物事件
元団体役員に懲役7年=長女殺害で裁判員判決

殺人 34歳女性と5歳長男死亡 刺された傷…京都(毎日新聞)
「対象限定を」「すべてで」ライター規制で火花(読売新聞)
「子供と遊べる」「仕事へ」 帰国邦人ら安堵の表情(産経新聞)
保険証詐取の元組員ら再逮捕 振り込め詐欺に悪用か (産経新聞)
手動式除細動器の一部製品を自主改修(医療介護CBニュース)
AD