アフガニスタンで取材中のフリージャーナリスト常岡浩介さん(40)が、連絡の取れない状態になっていることが2日、政府関係者への取材で分かった。外務省などが情報収集を進めている。
 親族によると、常岡さんは先月半ばに日本を出国し、アフガニスタンに入った。
 簡易ブログ「ツイッター」では、現地入り後も書き込みが頻繁に更新されたが、「タリバンの完全解放区を訪ねてきた」と記した1日午前の書き込みが最後。
 知人のジャーナリスト安田純平さんの話では、常岡さんはタリバンなどの反政府勢力の和平交渉を取材したいと話していたという。 

【関連ニュース】
【特集】無人機プレデター&リーパー~忍び寄る死神~
【特集】オバマ語録
【特集】陸上自衛隊装備図鑑~新型戦車、10年度配備へ~
最大の支援はアフガン産品購入=農産物市場の開拓切望
患者の腹に爆弾片、地雷で手足喪失=アフガンの現状を報告

SS、ベスーン容疑者を傷害などの容疑で追送検(産経新聞)
唐澤・森陣営と原中陣営の対立構造、鮮明に―日医・役員改選(医療介護CBニュース)
<子ども手当法案>参院厚労委で可決 26日成立見通し(毎日新聞)
里見女流名人に米長将棋連盟会長がエール「男のタイトル取る気迫で」…就位式(スポーツ報知)
<偽装献金>ずさん「首相マネー」 実母の12億円は闇(毎日新聞)
AD