JR西日本は17日、安全性を向上させた新快速用の新型車両「225系」を報道陣に公開した。新快速の車両を新しくするのは約14年ぶりで、今年度中にも京阪神エリアに投入する。
 225系は600人を超える死傷者を出したJR福知山線脱線事故の教訓を生かし開発された。衝突時の安全性を高めるため、先頭車両の前面下部を強化し、相対的に強度の弱い上方に衝撃を逃がす構造を国内で初めて採用。現在の223系に比べ、衝撃加速度を半減できるという。
 また、つかみやすいように大型化したつり革は、1両当たり約80個から約130個に増やし、色は目立つようにオレンジ色に統一した。 

【関連ニュース】
【特集】JR福知山線脱線事故5年
〔写真特集〕JR福知山線脱線事故
遺族「裏切られた思い」=福知山線事故報告書漏えい
「課題検討会」などで報告=5年迎え遺族ら集会
安全誓い、冥福祈る=遺族「二度と起こさないで」

踏切に女性、朝の南海高野線11万人影響(産経新聞)
広島少年院控訴審判決 元教官に猶予判決(産経新聞)
教材販売社長ら詐欺容疑で逮捕=「仕事に必要」と虚偽説明―高額商品売り付け・愛知(時事通信)
家康の府中御殿跡か、JR府中本町駅前で発見(読売新聞)
【近ごろ都に流行るもの】開運アクセサリー 不安な時代の願かけ(産経新聞)
AD