こんにちは!
日本は既に蒸し暑い日々が続いていると思いますが、ドイツではかなりの猛暑日が来たかと思うといきなり次の日に10度以上さがったりと、相変わらずの気まぐれな気候に翻弄されております。

まずは、またまた夏のコンサートのお知らせです!ニコニコ


(この写真いつのだろう、、、)
8月9日にファイナルファンタジーでもお馴染みのベンヤミン・ヌス君と宗次ランチタイムコンサートに出演させて頂きます。

曲目はチャイコフスキーのワルツ・スケルツォや、ウェニアフスキのスケルツォ・タランテラといった踊りの要素が満載のプログラムとなっていて、アンコールも私の大好きな夏にぴったりな曲を用意しております。
11:30-12:30なので、お時間ある方はぜひぜひお越しください!おねがいおねがいおねがい


先日はワーグナーのニーベルングの指環の序夜にあたる、【ラインの黄金】の初演があり、チケットは完売の大盛り上がりで初日の幕を閉じました。

【さまよえるオランダ人】は2時間20分でしたが、ラインの黄金は2時間半絶え間無く音楽が続いていきます。なので演奏側も聴衆側も、終わる頃には喉がカラカラ、目はしばしばになっていますw チーン
「段々とワーグナーの音楽の構造や和声が好きになって来たよ」と仕事の人に言ったら、「ジークフリート」や「神々の黄昏」を弾いてもそう言ってられるかな?ニヤニヤ
と言われ、ウッとなりました。
それというのも、オランダ人やラインの黄金はワーグナーのオペラの中で一番短いものとなっており、その他は4時間、5時間と掛かります。もちろんその場合休憩は挟みますが、それにしてもこれの倍と考えると、来シーズンに完結するニーベルングの指環の全章の到来に楽しみ半分、恐れおののいてしまいます。

そういえば先日、契約団員としての期間が来年の6月まで延長されました。キラキラ初めの3ヶ月はちょっとした試用期間と聞いてドキドキしていたので、またもう少しまた経験を積ませて貰えることに嬉しく思います。ちなみに経済面でも夏休み、クリスマスボーナスは何気に楽しみです。

そして先日、以前から注文していたの耳栓が出来上がりました。
ちゃんと耳の型を取って作って貰っているので完全なるオリジナルです。オケで弾く上で必要になってくるので、費用は全て事務所持ちてへぺろ


型を取って貰った際に、「こんな小さいの初めて見たわーw」とお店の人に笑われました。
こんな形をしていて、中のフィルターは取り替え自由、強、中、弱と種類がありますが、中でも相当防音になります。管楽器がうるさいときに耳を守るための耳栓ですが、あまり聞こえなくなってしまうとアンサンブルとして弾くのが難しくなってしまうので、慣れが必要です。
ちなみにこれ全部で300ユーロ、4万円弱するらしく、自費ではとても要らないなぁと思いましたびっくりびっくりびっくり

さて、夏のコンサートにむけて練習します笑い泣き虹



AD

お知らせとトレモロ小ネタ

テーマ:

こんにちは。あまりにゴタゴタしていて5月まるまる更新出来ていませんでした。


まずはお知らせさせてください。


{4362C511-86B6-461A-B3A1-CD6219CB4487}

8月21日に5Rでon musicさんによるサポートのもと一年ぶりとなるコンサートを開催させていただくことになりました。 マイパートナー金澤みなつさんとのデュオです。真夏日になるであろうことを想像しますが、涼みがてらにでも皆さまぜひぜひお越しくださいグラサンハートチケット承っておりますくちびる

さて、5月上旬にはマエストロ、インバル指揮のもとブルックナーの交響曲8番の定期演奏会があり、ほぼ毎日のようにリハがありました。

{77B3095E-079F-4ED0-A598-6B4131C46AB6}

個人的に8番はあんまり好きになれなかったのですが、三楽章の彼独特の和声は、マーラーのまた一味違う後期ロマン派の美しい響きがありました。

交響曲4番の時のように2ページの間トレモロだけだったりで、真面目に?刻んでいたのですかいたら隣の人に、

「サオーリ、僕に気を使ってそんな全部ちゃんと弾かなくてもいいんだよ」

と言われ、省エネのトレモロの方法を享受してくれましたw

静止画だと分かりにくいので、今回は、、、



最初のうちは普通にトレモロしていますが、途中から太ももに手を置いてトレモロしているんです。見た目の違いは分かりにくいですが、弾いてる感覚は支えがある分だいぶ楽させて貰っていますてへぺろ

どうやらオケのあるあるだったそうですが日本ではどうなんだろううーん

グループの楽屋ではたまにワインやショットの入ってるロッカーを保持している人がいて、コンサート前に何故かワインをたしなむムードになっていたり赤ワイン

最初は「サオリにはオレンジジュースで充分だ」と見え見えの嘘でショットを渡されたり、なんだかちょっとクレイジーな職場ですウシシ


定期演奏会と連動してオペラハウスでは、ドニゼッティのオペラ、"ドン パスクァーレ"初演や

{EE4460C2-9748-4BA7-B322-FE9F421551E7}

プッチーニの"トスカ"

{05F063CD-FBDA-4F96-9C58-CA2E48158350}

そしてリハ1回だけでワーグナーの"さまよえるオランダ人"の公演がありました。

{A313DAC5-6171-4D99-AB9E-01829B44DDEC}

ワーグナーのオペラの中で一番短いという「オランダ人」ですが、休憩なしの2時間20分本番というのは新たな境地でした。

初めはそんな長い間、ずっと座って弾いて飲み物も飲めないのか、、と終演後の状態が想像できませんでしたが、意外にも、集中してるせいか体感では1時間ほどに感じました。

その後降り番の時に公演を観に行ったのですが、あまりの曲から発せられる底知れぬパワーに、エネルギーが満ちてくるのを感じました炎なるほど、ヒトラーがワーグナーのオペラをこよなく愛した訳がわかります。

トスカもオランダ人も最後は主役たちがオペラらしい劇的なシナリオの中死んでいきますが、それと対極に位置するドンパスクァーレは、内容音楽とも軽快です。

歳を取ったお金持ちのドンパスクァーレがある企みの下若い女性と結婚しようとするのですが、結局最後は裏切られた挙句「歳を取ると精神も薄弱してきて、年甲斐も無く若い女を取ろうとするけど、身の丈を知りなさ~い♪」と歌われて、おしまいという、、、ガーン

けどドニゼッティの音楽がこんなにも心地よく素敵な音楽だったとは知りませんでした。


来週にはまた定期演奏会が始まります。

それでは。

オマケ

{97250A0D-66C2-4E71-B4F0-8DAE1591EA85}


電車で出会ったアイドル顔のワンコラブ


AD

ダッハウ強制収容所

テーマ:
イースター休みも終わり、再びデュッセルドルフでの仕事が始まりました。
今オペラハウスでは今週末に初演となるドニゼッティのオペラ「ドン パスカル」や再演となるプッチーニの「トスカ」のリハが行われています。トスカはブラウンシュバイクで何度も弾いたので、余裕を持って臨むことができそうです。

イースター休みの終わりは親友のサラのいるニュルンベルクに滞在し、劇場で練習させてもらったり、上映中のオペラを見に行ったりしていました。

4日目にはニュルンベルクバスで2時間の位置にある大都市ミュンヒェンへ行き一泊したのですが、この時なんと天気は雪!!つい先日のぽかぽか日和は何処へやら、この極端な気候変動はドイツあるあるです。

2人でどうしても見に行きたかったところ、それはミュンヘンから電車とバスを乗り継いですぐのダッハウ強制収容所です。


強制収容所、Konzentrationslagerは通称KZ(カーツェット)と呼ばれていて、ドイツやポーランドなど負の遺産として残してあるところがいくつかあります。

↑吹雪いている中、モニュメント前にて

日本でも一番有名、悪名高きアウシュヴィッツKZはポーランドにあります。ダッハウのそれは、ナチスの政権下にて一番初めに造られ、終戦までの12年もの間機能していた比較的大きなKZということもあり、ヨーロッパ各地から社会見学の生徒、学生たちも沢山訪れていました。

囚人たちが寝泊まりしていたバラックの部分はナチス政権の崩壊、終戦とともに全て取り壊されていましたが、後世に伝えるため再建築されている部分があり、解説のオーディオを耳に当てながら回って行きました。


一番死者が増えた終戦間際には定員オーバーも甚だしく、200人ようのバラックに2000人もの人々が詰め込まれていたらしく、真の地獄絵図を想像できます。
栄養不足、不衛生がたたり、解放されてもなおチフスなど伝染病などで命を落とす囚人も後を絶たなかったそうです。


こちらは外界への逃げ場を遮断するための監視塔や電気網の張ってある囲いの部分です。


当時は水も流れていて、逃げるのをさらに困難にしています。辛く苦しい時間を終わらせるため、わざと銃殺されにいったり網に当たりして命を終わらせる人も多かったとか、、。

膨大な敷地の奥には焼却場やガス室もあり、こちらは再建築とかかれていないので当時のまま残されているのではないかと推測します。


当時囚人として捉えられた多くの罪なき人々の普段の立ち入りは禁止されていました。
動けなくなるまで極限化で働かされ、使えないと判断されるとあちら送り、という事ですね。



当時人々はガス室、という存在を知らせれずシャワー室という名目で入れられていました。
この重苦しく閉塞的な部屋を後にした時から、サラも私も同時に吐き気がしてきました。。ショボーン

その後は資料室へ行きこれまた当時の詳細を読んでいったり、写真や映像で見たりするとさらなる衝撃でしたが、ドイツにいるなら知っておくべき事実が膨大な数残されています。

最後の方で、当時16歳でKZに連れて来られ20歳で生涯を終えた少年が母に当てて書いた詩を見つけ、とても哀しくなりました。

特に初めの、
「ママ、僕はもう戻れない、神様が僕にそういったんだ。
魂の感情のない地獄というものを僕は体験したよ。
僕が何をしたというの、ママ、、、」という文はもう、、えーん

こんな身も心も引き裂かれ死んでいった人々が600万人以上。初めは「ドイツ人の血と名誉を守るための法律」としてニュルンベルクで公布されたユダヤ人迫害の強化が、まさかこんな惨劇をもたらすとは、人間はこと特定の環境下においてどこまでも残酷になれる生き物だと思います。

とーっても重い気持ちで出てきた後は人懐こい猫ちゃんがお出迎え。

ミュンヘンに戻り、美しい市庁舎を眺め、ニュルンベルク、そしてデュッセルドルフへと戻りました。

いつまでも綺麗な物ばかり見ていたらだめだなぁと、いつか勇気を出してアウシュヴィッツにも足を運びたいと思います。


おまけてへぺろ

新しいプロフィール写真は、デュッセルドルフのNordparkという公園の中にある、日本からの寄与による庭に咲く桜です。


この花はドイツ語で
Vergissmeinnicht(フェアギスマインニヒト)、「私を忘れないで」という花です。これ聞いたときは、何て名だと、小峠っぽく叫びそうになりました。その、あまりにストレートで。
日本だと忘れな草(勿忘草)でしょうか、さすが日本語はやんわり、品がありますw
ちなみにvergiss mich nicht というのが文法的に正しいのでは、と思われる方、実はmeinと来るのは古いドイツ語で今でゆうmichだそうです。
こんなに小さく可憐な花だったんですね〜。
AD