イースターと春の到来

テーマ:
こんにちは!
日本では馴染みのないイースター休暇に突入しましたニコニコといっても私はキリスト教でもないので、毎年お祝いすることもありませんが、ドイツではクリスマスの次に大切な休日ということでお店のほとんどが休みです。
そしてふと気付けば、今年ももう4分の1が過ぎてしまったんですねびっくりびっくり宇宙人働いてると毎日が早いです。

1月からも様々なコンサートが始まり、アダム・フィッシャー指揮のもとマーラーの交響曲『大地の歌』や、ハイドンの『ロンドンシンフォニー』、ベートーヴェンの『英雄』などを演奏し、もちろんその他も古典から現代のプログラムでの演奏会も経て、今は専らワーグナーがメインです。


ワーグナーの超大作であるニーベルングの指輪の第2夜であるワルキューレと、第3夜のジークフリートが同時に来ています。
ちなみに第1夜であるラインの黄金は既に昨年の夏に上演しており、チケットは全公演が全て売切れるくらい毎回人気のシリーズですラブ
私はワーグナーの熱狂的なファン、ワグネリアンには足もとにも及ばないにしても、彼の音楽はマーラーよりも心をグワッと掴まれる感覚があります。個人的な感想を言えば、マーラーは自然をモチーフにしたメロディが多いのに対し、ワーグナーは人間の心情的なものをより多く描写しているような印象を受けます。
(もちろんマーラーのアダージェットのような緩徐楽章は、崇高で甘く深く、ドロッとした人間の感情が出てきたりしますが)
ワルキューレもジークフリートも、2回休憩入れてそれぞれ5時間ほどあるので、目と頭をものすごーく消耗しますチーン←終演後はリアルにこんな顔して家に帰ってますチーン
しかも1幕、2幕3幕とあり、最後が特に弾くのも読むのも大変に難しくなっていて、それがちょうど疲れのピークに来るという・・・滝汗
爆弾
しかし何事も慣れというもので、回数を重ねる毎に要領が分かってくるのか、少しずつ疲れやストレスが軽減される気がします。
ちなみに最終夜の『神々の黄昏』はこれよりもさーらに長いみたいなので、食べてばっかじゃなく運動してさっさと体力つけようと思います宇宙人くん

さてさて、昨年少しブログでも触れた今年の夏の演奏会ですが、この度チラシが出来上がりました。




いつもお世話になっているON musicさまのもと、今回はドイツからのメンバーとの弦楽カルテットで、メジャーどころのシューベルトの死と乙女などを演奏させていただきます。
ドイツ(バイオリン)、日本、ギリシャ(ビオラ)、フィンランド(チェロ)という国際色豊かなにぎやかなアンサンブル。

撮影したのはデュッセルドルフ交響楽団のコンサートホールでもあるトンハレです。


つい先日は、そのチェリストがご飯を作ってくれるということで、おじゃましてきました。



とっても豪華な晩御飯ですが、やはりヨーロッパ料理は全体的に重い料理が多いので、胃もたれ確実ですニヤリ
ドイツ人が大好き、アスパラガスの季節がきて、春の到来を知らせています。
この季節は出来ることなら日本にいて、ぽかぽか陽気のもと大好きな桜を楽しみたいものです照れが、次はぽかぽかを通り越してむしむしの8月に帰国、そして演奏会は8月18日土曜の19時からです。
興味のある方はお早めにご予約くださいませー!ルンルン

初ロシアは〇ロシア?

テーマ:
こんにちは、モスクワから無事ドイツに帰還しました。
以前からロシアという未知の国に憧れと同時に恐れも抱いていて、なかなか旅行で行こうという発想に至らなかったのですが、今回は仕事として行けるということである意味安心して旅行することが出来ました。
ちなみに行くことが決まったのは夏前からでしたが、ロシアの入国ビザと、ドイツの労働ビザに加え、楽器の公式証明証(CITES)まで同時に完了して、晴れてロシアに行く準備が完了したのは出発前のギリギリでした。

4泊5日の演奏旅行で基本的に夕方までは自由時間だったので、この機会にと練習は置いといて社会勉強という名の観光も重要事項です。

知らない国なので1人での出歩きは避けた方が良いということで、歳も近い仲良しグループで行動していました。


左側ドイツ人のサスキア、そして1番右が両親がポーランド人で国籍はリトアニア人であるカシャと、私の隣が両親がロシア人で国籍がアメリカ人のカチャです。カシャ、カチャの2人がロシア語を話せるので、とても頼りになりました。

1番心配していた気候ですが、太陽の光を拝むことは無かったにせよ、予想していたロシアの冬とは違い零度ほどで、ドイツとさほど変わりませんでした。
泊まっていたのはモスクワの街中に位置するマリオットホテルで、そこから大きい大通りを真っ直ぐ20分程行くと、クリスマスの雰囲気に包まれた『赤の広場』が見えてきました。




右側にはクレムリン城壁、左側にはグムというデパートが位置しています。そして正面には、あの有名な聖ワシリイ大聖堂が。


ロシアに来たんだという実感が湧いてきました。
まずクレムリンの中には様々なロシア独特の屋根(ホイップクリームに見える)の聖堂や塔が集中しており、そのうちの幾つかは今は美術館になっています。





 大統領官邸もあるというのとはあのプーチンもここで仕事をしてるのでしょうか。
それにしても昔のモスクワはこの城壁の中だけだったというから驚きです。



有名なグム百貨店の中はディズニーランドのような、綺麗でファンシーな装飾が広がっていました。


個人的にはどこか偽物の夢空間というよな感じに、どこか不気味に感じました。

他にはボリショイ歌劇場


モスクワ音楽院にも足を運びました。
行くまで知らなかったのですが、モスクワ音楽院のホールはとーっても有名で、なんとあのチャイコフスキー音楽コンクールもここで行われているそうです。



本来は部外者は入れない音楽院に、カシャがドイツのオケから来たことを説明すると特別に入れてもらえました。ちなみにホールでは音楽院の学生オケがリハをするところ。
皆で興奮しながら歴史の詰まった洗練されたホールや美術館のようなホワイエを見学していきました。



ロシアに来て意外だったのが、食べ物がとても美味しいという点です。モスクワの人に愛されているというジョージア(グルジア)料理やロシア料理は、温かい食事が多く、魚もお肉も豊富、野菜は酢漬けで美味しく味付けされていて、ヨーロッパ料理と違い、日本人なら毎日でも食べられそうな感じです。


そして仕事ですが、いつも地下鉄を乗り継いで郊外の練習場まで通いでした。


地下鉄構内の写真。ロシアの地下鉄にも不衛生で酷いイメージを持っていたのですが、大都市ではそんなことはないようで、多くの人が利用していました。




リハは大体夜10時までで、ドイツのオケとは違いリハ中の飲食OK、携帯OK、なんだかとっても自由です。
プログラムは前にデュッセルドルフでも弾いたのと同じだったので、トントン拍子でコンサートを迎えました。
会場はチャイコフスキーホールという大きくモダンな舞台で、テーマはIndividualということで、品がよければ何を着てもOK!ということで、皆思い思いの服で動物園のような感じでしたが、演奏もとても野性的で個性全開。
それにこちらも刺激を受けて、ある意味自由にオーケストラの中で演奏出来ました。



ロシアには音楽界もこれまでの社会主義の保守的なイメージがあったので、これまた意外でした。

他にもモスクワにいて気付いたことは

・車が驚く程に汚い。


・おじさん、おばさん世代の人は仏頂面で言ってることは優しい。
・街のお土産屋さんでは向こうから商品を値切ってくる(少し胡散臭い)
・それと同じ商品が、空港では3倍から5倍の価格で売られている。
・コートをクロークに預けてからでないと入店出来ないカフェ・プーシキン


↑コートの番号札までお洒落

・水道水は飲めない(不便)
・レストランのウェイター、清掃員などは(カザフスタンやモンゴル系と思われる)アジア系が多い。
・空港に入る入口で既にセキュリティチェック
・ロシアに着いた途端、ラインだけが使えなくなった(謎)
・夜に屋内以外でアルコールを飲んではいけない(意外)
・街中では浮浪者を見かけない、ゴミが少ない

急速に発展した大都市モスクワは、街を歩けば様々なロシアの残酷で華やかな歴史やメンタリティを感じれるので、一度は行ってみるべき国だと思います。

ちなみにお土産にも大満足です。


と、ここまで飛行機で書いてドイツに着陸したのですが、シートベルト着用サインが消えて皆が動き出した時、悲劇がゲッソリ

1人のおばさんが上の棚から荷物を取り出そうとした瞬間、3キロ相当のウォッカ2瓶が座っている私の頭目掛けて落ちてきたのです。
凄まじい衝撃と痛みで涙がどっと溢れてきてうずくまっていると、客室乗務員の人がすぐにアイスを持ってきてくれました。
皆に助けられながら飛行機から降りて、車で家に着くまでずっとパニックになっていましたが、数時間後には大きなたんこぶと痛みも幾分沈静化して、自分の石頭を笑えるくらいに回復しました。
本当に最後の最後まで、何があるかわからないなぁと思わずにはいられません。
ちなみに棚を開けた当のロシア人のおばさまは、(´º∀º`)アラマァという感じでサッサと降りていきました。
ここへ来て初めての恐ロシア〜滝汗滝汗滝汗滝汗

ここ3ヶ月のこと

テーマ:
皆さんお久しぶりです!

気付けば3ヶ月以上も更新を滞っていました。これだけ時間が過ぎるのが早く感じるのは歳をとった証拠でしょうか滝汗

8月21日の金澤みなつさんとの仲良しデュオが無事に終了し、また色々な方と終演後もお話したりして、いつもの地元の音楽会の暖かさを感じましたニコニコ

その後またドイツへ飛び、今シーズン初の仕事は、アムステルダムコンサルトヘボウでの演奏旅行にて始まりました。


前シーズンの最後でデュッセルドルフで演奏したシューマンの交響曲4番に加え、新たにチャイコフスキーのバイオリンコンチェルトと、ロメオとジュリエットから序曲というプログラム。


コンセルトヘボウは舞台の装飾から構造までとても歴史を感じ、様々な演奏家から音を吸って芸術の香り漂うコンサートホールでした。


ソリストも若く美しく腕もピカイチ!


終演後はオランダの聴衆たちからの暖かいスタンディングオーべーションで幕を閉じました。

その後はどんどんオペラが始まり、
ドニゼッティの『ルチア』
モーツァルト『魔笛』
アルバン・ベルク『ヴォツェック』
オッフェンバッハ『ホフマン』
プッチーニ『蝶々夫人』
フンパーディング『ヘンゼルとグレーテル』など、新入りにとって新しいオペラ公演が目まぐるしい勢いでやってきました。

その間にはモスクワからゲストとしてやってきた、パシファンオーケストラとの共同プロジェクトがあり、なんだか訳の分からない複雑な曲を指揮者無しで演奏するというどえらい困難なものでしたタラー

取材が入ったのですが、それがなんと一回目のリハーサル。。動物園状態ですゲッソリ


12月に今度はデュッセルドルフのオケから数人モスクワへ行って、同じプログラムで公演をする予定です。
先日ロシアへのビザが下りたのですが、まだドイツでのビザ更新、バイオリンと弓それぞれの許可証の発行など面倒な作業が残っています。。

今月半ばには、アダムフィッシャーとのマーラー交響曲第3番の演奏会&CD録音があり、チケットは始まる前から3公演全て完売という、改めて指揮者の人気ぶりに圧巻させられました。




ソロの方では、日本領事館公邸での演奏依頼を頂き、とある某企業の元会長様の勲章授与式にて演奏させて頂きました。


バッハのパルティータ第3番からプレリュードとガヴォット
ヴィエニアフスキからエチュード
そして最後にクライスラーのレチタティーヴォとスケルツォカプリス
と全てバイオリンソロで20分ほど演奏、スピーチなどが続き、式が終わった後は豪華なディナーに会席させて頂きました。

そんなこんなで気付けばもうすぐ12月。デュッセルドルフの試験を受けたのが今年の1月というのが信じられません。
今年を一文字で表すと、まさしく『 』という言葉が相応しいほど激動の年だったような。

来年の夏に、少し大きな演奏会を日本で開催することになるかもしれません。今度は、今までとは違う形態でのコンサートになりそうなので、今年中にオーガナイズすることも沢山起こってきます。そちらの準備も頑張っていこうと思いますので、気長にお待ち頂けたら幸いです。
それでは次は12月に更新するので、皆様お風邪などには十分ご注意くださいませ星カラフル