新党「たちあがれ日本」の平沼赳夫代表、与謝野馨共同代表ら国会議員5人は12日、都内で会合を開き、園田博之・元官房副長官を党幹事長に起用する人事を決めた。

 藤井孝男・元運輸相は参院代表、中川義雄参院議員は参院幹事長にそれぞれ就任する。

 会合には、石原慎太郎・東京都知事も参加し、今夏の参院選では、「10議席以上の獲得」を目標とすることを確認。公約についても、10日の発足時に発表した基本政策をさらに具体化させ、早期に発表することを決めた。藤井参院代表は会合後、記者団に、「(参院候補者は)公募も含めて幅広く募りたい」と述べた。

 園田氏の幹事長起用は、新党さきがけ出身として、自民党以外にも与野党に幅広い人脈を持ち、政策にも通じている点を考慮したものだ。

小児臓器移植に向け省令・GL作成へ―臓器移植委員会(医療介護CBニュース)
「スピード違反だよ」 茨城、警官装い恐喝容疑(産経新聞)
「不当に雇い止め」 埼玉の女性、カシオなどを提訴(産経新聞)
月山スキー場、これからが本番…積雪8m超(読売新聞)
<在沖縄海兵隊>「北朝鮮核除去」の役割認める…防衛政務官(毎日新聞)
AD