JR西日本が、運転士に異常が起きた際の緊急列車停止(EB)装置を取り外したまま列車を運行していたことが31日、同社への取材で分かった。作業の連絡ミスが原因で、同社は、これまで口頭だった作業内容の報告を文書で行うよう改めた。
 JR西によると、問題の車両のEB装置は昨年12月11日、装置に不具合のある他の車両で使うために外された。ところが、作業内容が管理者に伝わっておらず、同月18日から1月4日の間は外れたまま運行。運転士が同日に気付き再設置された。
 また、12月28日から1月13日にかけ、EB装置の電源スイッチが入っていない状態で運行していた列車があったことも判明。原因は不明で、この間ブレーキなどの作動点検は計6回行われたが、EB装置の点検は3カ月に1回程度で、対象の期間ではなかったという。
 EB装置は、意識を失うなど運転士に異常が起きた際、列車を停止させるシステム。1分間操作がないとブザーが鳴り、さらに5秒間操作がなければ非常ブレーキが作動する。 

障害者自立支援法訴訟 国と初の和解…さいたま地裁(毎日新聞)
<友政懇偽装献金>首相元秘書、起訴内容認める 初公判(毎日新聞)
<広島市議会>五輪の予算を削除 特別委で可決(毎日新聞)
首相側「子分」に裏金か 15年衆院選、熊田議員側へ200万円(産経新聞)
登山者への注意徹底を指示=大雪山系遭難受け業界団体に-観光庁(時事通信)
AD