広島市安芸区で2005年11月、下校途中の小学1年木下あいりちゃん(当時7歳)が殺害された事件で、殺人、強制わいせつ致死、死体遺棄などの罪に問われているペルー国籍のホセマヌエル・トレス・ヤギ被告(38)の差し戻し控訴審公判が1日、広島高裁(竹田隆裁判長)であった。

 検察側は改めて死刑を求め、弁護側は、殺人と強制わいせつ致死は無罪と主張し、結審した。判決は7月28日。

 同事件では、1審・広島地裁が06年7月、無期懲役を命じ、検察側、弁護側双方が控訴。2審・広島高裁は「審理を尽くしていない」として1審判決を破棄、地裁に差し戻した。弁護側が上告し、最高裁は09年10月、控訴審判決を破棄して、再び高裁で審理されることになった。

梅酒用の青梅漬け込み開始 大阪のサントリー工場(産経新聞)
メカ獅子頭をお披露目=金沢美術工芸大〔地域〕(時事通信)
「別れた両党から推薦」無念・不安の候補者陣営(読売新聞)
求職はメール、口座なし送金 携帯利用で途上国の生活向上(産経新聞)
アイスピック刺さったまま追跡→犯人“確保” 74歳男性 強盗傷害容疑で自称・無職の男逮捕(産経新聞)
AD