菅直人副総理兼財務相は22日、千葉県木更津市で講演し、国内総生産(GDP)比で先進国で最悪となっている日本の財政運営について「(財政赤字を)手品のように消したいが、なかなか簡単ではない」との認識を示した。その上で、政府のデフレ対策に関しては「雇用があれば経済成長につながり、デフレは収まってくる。雇用状態が悪い間はうまくいかない」と述べ、雇用対策に重点を置く考えを強調した。【坂口裕彦】

【関連ニュース】
民主東京都連:菅副総理の会長辞任決める
菅財務相:日銀と懇談の場を…デフレ対策で連携強化へ
沖縄返還:無利子預金認める 菅副総理「米通知で判明」
菅財務相:年金、財政「超党派的な相談も」
民主党:小沢幹事長と菅副総理 囲碁対局実現に政界が注目

放火指示の組幹部に無罪=共謀成立を否定-奈良地裁(時事通信)
<国家公務員>幹部人事の凍結を指示 仙谷戦略担当相(毎日新聞)
海外ブランドや眺望すし店 関空出国エリアがリニューアル(産経新聞)
「トルコ建国の父」の銅像移転=野ざらし批判、修復され和歌山に(時事通信)
「金をくれ」ナイフ男、郵便局長の説得で改心(読売新聞)
AD