厚生労働省は4月2日、分かりやすい情報発信を支援するための専門の部署「コミュニケーション支援室」(仮称)を7月に広報室内に設ける方針を明らかにした。

 「コミュニケーション支援室」は、常勤職員2人、非常勤職員2人の計4人体制となる見込み。常勤職員については現在募集中で、広報・広告に関する実務経験を有する人などを民間企業から採用する予定だ。
 同室では、ポスター、パンフレットなど厚労省が広く一般に発出するものを分かりやすく、かつ正確に伝わるものにしていく。


【関連記事】
難解な医療用語、段階的に説明を
10年度診療報酬改定の基本方針を読み解く
医療者は患者固有の情報を大切に
医療者が歩み寄り、「病院の言葉」を明解に
「病院の言葉」を明解に―国語研が都庁で講演

地域貢献加算、留守電による対応も可―厚労省が解釈(医療介護CBニュース)
自民・園田氏、谷垣総裁に離党届提出(読売新聞)
闇サイト監視、警視庁に「ネットハンター」(読売新聞)
参院長野に2人目=県連頭越しで小沢氏決定-民主(時事通信)
医療観光の推進で3省庁の連絡会議を―観光庁(医療介護CBニュース)
AD