京都大霊長類研究所の服部裕子研究員らのグループが、チンパンジーは人間の視線の対象を気にしないのに、仲間の視線の先は凝視する特性を見つけ、英王立協会誌「バイオロジー・レターズ」(電子版)に発表した。研究グループは「同種の視線に敏感な方が餌や敵を見つけやすく、生存競争に勝つことができるからでは」と推測している。

 同研究所はモニター画面を見る視線の動きを赤外線で計測するシステムを開発し、比較研究。チンパンジーと人間が手前の湯飲み茶わんを見つめている2枚の写真をそれぞれに見せたところ、チンパンジーは仲間の写真では湯飲みを凝視し、人間の写真では目や手を見る傾向が表れた。

 一方、人間はチンパンジーの写真には満遍なく視線を送り、人間の写真だと目と湯飲みに集まる傾向があった。チンパンジー8匹と人間8人について実験し、いずれも同様の結果を得たという。【広瀬登】

【関連ニュース】
霊長類:半数、300種が絶滅の危機
チンパンジー:仲間が見るモノ気になります 京大霊長類研究員ら特性発見
三谷雅純の霊長類学の窓:ヒトは人のはじまり/68 <ことば>の大切さ /兵庫
三谷雅純の霊長類学の窓:ヒトは人のはじまり/67 赤ちゃんと脳科学/2 /兵庫
チンパンジー:仲間が見るモノ気になります 特性、霊長類研究所員ら発見

「半キャップ」なら襲撃 通行人暴行の暴走族OB逮捕(産経新聞)
<岐阜県多治見市>市内の全公共施設 10月から全面禁煙に(毎日新聞)
門真の2歳児虐待 母も認識?少年問いつめる(産経新聞)
共産党の機関紙配布、元社保庁職員に逆転無罪(読売新聞)
「暴力団雑誌置かないで」と要請=コンビニ大手6社販売中止-福岡県警(時事通信)
AD