8日に発足した連立内閣の菅直人首相の似顔絵入りの湯飲み茶わんの製作が、岐阜県土岐市下石町の「山志製陶所」で急ピッチで進んでいる。歴代首相61人の顔を並べた製品で、既に約4000個の注文が寄せられている。

 同製陶所は約120年の歴史のある老舗の窯元。4代目の加藤晃一社長(49)の父親が、76年の福田赳夫首相の就任後、「歴代首相漫像」として製作を始め、首相が代わる度に新製品を作っている。1個500円前後で販売されるが、売れ行きは首相の人気次第。小泉純一郎元首相の在任中には約35万個が売れた。

 似顔絵のデザインも手がけた加藤社長は「長く在職し、生産が長く続けられるよう頑張ってほしい」と期待を寄せた。【小林哲夫】

【関連ニュース】
<関連記事>国会はこんなところ/湯飲みもここで買える
<関連記事>市民運動から厚相、「カイワレ」…お遍路も グラフ菅直人氏の歩み
<関連記事>管内閣の顔ぶれ

両陛下、陶磁器試験場に(時事通信)
汗疹“注意報”発令 こまめに汗ふき&吸水性の良い服を(産経新聞)
「やっとスタート地点」 百舌鳥・古市古墳群、世界遺産暫定リスト入り 大阪(産経新聞)
布川事件、再審初公判は7月9日=3者協議で決定―水戸地裁支部(時事通信)
生物学的製剤の登場で診療満足度や精神健康度が向上(医療介護CBニュース)
AD