鳩山由紀夫首相は24日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、「3月いっぱいには政府案をまとめる。それは約束するし、それをもって、米国にも沖縄の皆さまにも理解を求める」と述べ、今月中に政府案を策定する方針に変わりがないことを重ねて強調した。
 首相は23日夜、普天間移設問題をめぐり平野博文官房長官ら関係閣僚と協議した。これに関し、「擦り合わせを行ってきている。(移設先を)どこかに絞り込んだということでは必ずしもない」と説明。具体的な候補地については「一つ一つの案について言うことはできない」と言及を避けた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
「普天間」見直し、受け入れず=決着まで継続使用
調整ヤマ場、開けぬ展望=鳩山首相「針の穴に縄通す作業」
首相官邸の「KYカップル」?

社民、同意人事案に賛成=党首の閣議署名で方針転換(時事通信)
押収注射器からメタミドホス…毒ギョーザ(読売新聞)
<チューリップ>700本が倒される…大阪・鶴見緑地(毎日新聞)
黒澤財団 無断で「理事」記載、3監督が苦情(産経新聞)
NOx26%削減も=自動車課金制度導入で-環境省検討会(時事通信)
AD