政府は19日の閣議で、政権交代が決まった衆院選直後の昨年9月1日、麻生前政権の河村建夫官房長官(当時)が2億5000万円の内閣官房報償費(官房機密費)を引き出したことについて「それまでの支出の態様とは異なるものと言わざるを得ない」と指摘した答弁書を決定した。鈴木宗男衆院議員(新党大地代表)の質問主意書に答えた。

 平野博文官房長官は昨年11月、国庫から歴代官房長官に支払われた官房機密費の金額を公表。毎月の請求額は平均1億円で、その2.5倍に達する駆け込み支出が明らかになっていた。答弁書は「河村長官の判断により執行されたものであり、その個別具体の判断の適否については、現内閣としてお答えする立場にない」としている。【坂口裕彦】

【関連ニュース】
郵政:654人天下り 公益法人の役職員3分の1
竹島問題:米国の防衛義務生じず 政府、答弁書で
万歳三唱:「公式の所作なし」の答弁書、政府が閣議決定
官房機密費使用:「河村氏の判断」との答弁書を閣議決定
平野官房長官:外交機密費上納、官邸の調査不能

10年度改定「現場にはプラスにならない可能性」―東京歯科保険医協会(医療介護CBニュース)
外国人看護師候補者ら受け入れ施設、3分の1に減少(医療介護CBニュース)
「環境税と排出量取引の議論は同時に」小沢環境相が温暖化対策で強調(産経新聞)
元Jリーガー、強盗と強制わいせつの疑いで逮捕 容疑否認 警視庁 (産経新聞)
シュワブ陸上案の問題点指摘=前原沖縄相(時事通信)
AD