Circle on the other side

動物と人間と私と・・・


テーマ:

2016年7月10日の参議院議員選挙

みなさんは誰に投票するか決めましたか?



日本という国のあり方、そして私たち一人一人の人権に大きく関わる超重要な選挙です。
何がどう重要なのか、わからない方はこちらをお読みください。


「憲法の改悪を止めるためには」
http://ameblo.jp/miyake-yohei/entry-12168604922.html

自民党の憲法改正草案に含まれている”緊急事態条項”とは?(本当に危険)
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/22201c623c513aa3547affcedb21d237

 

<憲法くらべ>

●漫画でわかりやすく!
http://ameblo.jp/usagi-love-2/entry-11563822803.html

●動画
https://youtu.be/6TNg8xauLCY

●PDFファイル
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=827404287390925&id=811795502285137


投票棄権すれば、損をすることになるし、ツケは必ず自分にかえってきます。

 

 

そこで!!

一人ずば抜けて素晴らしい候補者がいて、その人に何としても当選してほしいと強く願っているので、ご紹介させてください(*´▽`*)

 

 

東京選挙区より立候補している、三宅洋平さんです!!

公式HP
http://miyake-yohei.com


基本菜食主義者で、またビーガンに戻っているかもしれない?三宅洋平さん。


https://twitter.com/miyake_yohei/status/602483739537625088

 

候補者の中に菜食志向の人がいるなんて、それだけでも素敵なんですが、それだけじゃないんです。

 

公示日の6月22日から、東京で毎日”選挙フェス”という街宣を行っておられます。

 

参議院議員の山本太郎さんとの二人三脚で活動をしておられ、毛皮反対・ベジタリアンのSUGIZOさんや、女優の一色紗英さんなども応援に駆けつけられました♪

 

人であふれかえる渋谷ハチ公前

 



7月2日(土)18:00 - 20:00 は
渋谷ハチ公前の選挙フェスへGO!!!!!

https://www.facebook.com/events/702448923244116/

 

なんといっても、今の政治をなんとかして、国を良くしたいという熱いスピリットに圧倒されました!!!

 

正直、政治や世の中をもう諦めかけていましたが・・
もう一度希望を持ってもいいかもしれない。
動物愛護運動だって、25年くらいかけて培ってきたものが、最近になってやっと実り始めた。
まだまだ諦めちゃいけない。

そう思わせてくれて、元気と勇気をもらいました^^♪


ぜひ、動画を見てみてください☆

 

https://www.youtube.com/watch?v=4hnCHVuzVFI

スピーチ全文はこちらから読めます。
http://ameblo.jp/arte-geijitsu/entry-12174092866.html


またまた、掲げている政策や考えが、
ずば抜けて素晴らしいのです!!!

 

これは何としてでも応援して、当選してもらって、実現させていきたい!!!!

 

自然環境や動物たちの味方でいてくれる人を、国会議員にしたい!!
実現に向けて、みんなで進んでいきたい!!!

 


==三宅洋平の政策==



STOP!改憲2/3議席

 

(メッセージムービー)自分らしくあれる社会 三宅洋平
http://ameblo.jp/miyake-yohei/entry-12172461617.html

 

「STOP改憲! 2/3議席」
「脱被ばく 測りまくる日本」
「消費税やめて富裕税を」
「自分らしくあれる社会」

 

・原発即時停止
・廃炉ビジネスの透明化
・TPP入らない
・教育の無償化(小・中・高・大)
・戦争よりも災害に強い自衛隊
・基礎控除を38万円→120万円に(ベーシックインカム)
・破壊から再生の公共事業へ
・R水素、小型風・水力などの地域循環エネルギーを推進
・環境第一(憲法に生態系の権利を)
・動物殺処分0!
・最低賃金の大幅引き上げ
・オーガニック革命(有機・自然農の推進)
・1億万耕(農教育の制度化)
・保育・介護の社会化の徹底

 

 

三宅洋平「憲法の改悪を止めるためには」
http://ameblo.jp/miyake-yohei/entry-12168604922.html

 

三宅洋平へ寄付のお願い

テレビや新聞などに広告を出すためなどに、どうかお願いします。
http://miyake-yohei.com/donate/

 

三宅洋平 ハガキ大作戦

~100万票を目指して!友達に投票を呼びかけてください~

http://miyake-yohei.com/2016/06/27/hagaki/

 

いいね&フォローをお願いします!
Facebook 三宅洋平ページ 

https://www.facebook.com/miyake.yohei123/

Facebook 三宅洋平 個人

https://www.facebook.com/yohei.miyake123
Twitter 三宅洋平広報 
https://twitter.com/yohei_sentai
Twitter 三宅洋平 個人
https://twitter.com/miyake_yohei

 


◎私が三宅洋平を支持する理由◎

 

改憲に反対なのはもちろんですが、

一番の理由は、

人間だけじゃなくて、
生態系と動物を含めた世界平和を目指しているから。

 

下記、私のコメントを付け足しました。ぜひ読んでみて頂けたらと思います。

 

・環境第一(憲法に生態系の権利を)


→ 自民党の憲法改正に反対はもちろんですが、今は護憲でいて、これから国民の政治への関心が増し、議論が十分に成熟した上で、新しい憲法を創ることを目標とされてます。
エクアドルの憲法を引き合いに、新しい憲法には、自然環境を含むすべての命に権利を持たせたい、ということ。

 

エクアドル、憲法に「自然の権利」
http://blog.goo.ne.jp/1701min/e/375bea5eb3fcf02104e49449c7b74345

 

これに一番惚れました♡大賛成です!

動物の権利も入れたい!!
何十年かかるかわからないけど、こういう大きな志を持った人にこそ、政治家でいてほしい!!

 

・破壊から再生の公共事業へ


→ これまで自然環境を破壊してきた公共事業、汚くなった川や作ってしまったダムを元の豊かな環境に戻すには10倍もの費用と時間がかかる。それこそをビジネスチャンスにするべき。
これ、個人的にも前から何とかしたい!と悩んでいたことなんです。
素晴らしい!!

 

・動物殺処分ゼロ


→ ドイツのシェルターを引き合いに、ペットショップで買わず里親になるということも、モチロンきちんと言ってくれてます!!
行政が殺処分なしのシェルターをするべきだと。
ペットショップで働いている人たち向けの対策も、きちんと考えてくださってます。

 

愛犬家の三宅洋平さんの、殺処分ゼロ・動物・自然愛護語録まとめました★
→ https://goo.gl/Yi7Jmf
地球は人間だけのものじゃない!動物にも生きる権利を!
って常日頃思ってる皆さんに、ぜひ伝えてください♪

 

→ https://goo.gl/5p3i44

 

・原発即停止


→ これは当たり前です。エネルギーは足りているし、存続はリスクでしかない。

ところが恐ろしいことに、2030年までに世界では原発を800基に増やされると予測されています。
福島原発事故で、一体どれほどの動物の命が無惨に見殺しにされたでしょうか?
「20キロ圏内で起きたこと」

http://a-c.sub.jp/fukushima.html


廃炉ビジネス(使用済み燃料の冷却保管、今後100万年間ずっと私たちの税金を使って行われる・・気が遠くなります)も、外資企業には任せず、透明性を保つべき。

 

・R水素、小型風・水力などの地域循環エネルギーを推進


→ 大規模送電網に依存したままでは、原発のような大規模エネルギー経済体制を維持させてしまう。

大規模送電網に頼らない、小規模な地域循環型エネルギーを推進することで、地方創生にもつながる。

選挙活動も、わざわざお金のかかるオフグリッドシステムで、環境不可のかからないように徹底。

普段買うものについてもきちんと徹底されてます。
お金がかかるけど、バングラデシュやインドなどの労働者を劣悪な環境に置いて生産した、安いユニクロなどの服は買わず、ヘンプやオーガニックの服を選ぶ。

 

”三宅商店”という自然食&良品店を経営されてます。(こちらも応援を♪)

http://miyakeshop.com/

 

そんな候補者他にいない。

 

・脱被ばく 測りまくる日本


→ 福島の子供たちの間に、甲状腺がんが増え続けています。
しかも、全然報道されていないし、国も福島県も、病気と放射能の因果関係を認めていない。これは本当に恐ろしいことです。
放射性ガレキの拡散などで、全国どこがどれくらい汚染されているかわからない、国が本当のことを隠している状況は問題です。

国がしっかり線量を測って、情報を共有していくことが必要。

また、今後どこかの原発で事故が起これば、法律が変えられたために、もっと上手く隠されてしまいます。

 

・オーガニック革命(有機・自然農の推進)
・1億万耕(農教育の制度化)


→ 小学校から中学校(義務教育)で農業を教える、これもずっと願っていること!!

農業を身につけられたら、大人になってもずっと食べるものに困りません。
貧困の解消にもつながるでしょう。
自然栽培やオーガニック推進国として、世界をリードしていきたい!

 

・TPP参加しない


→ 失うものが多すぎるTPP参加。
地産地消を推進し、日本の農家を守るため。
あらゆる市場で、外資参入から日本を守るために。
参考:TPP問題まとめ http://iwj.co.jp/wj/open/tpp

 

・非暴力と対話を重んじる姿勢 (政策には書いてません)


→ 菜食主義者である彼の生き方にも、非暴力の本気度合いが現れてます。日本の政治家で菜食の人なんていないですよね。
敵は作らない。みんなを味方にして巻き込むマインド。
右や左がまとまり協力してしまわないように、惑わされて騙されて争わされているのが現状。

右とか左とか中道とかいう枠を超えて、平和でみんなが自分らしく生きやすい日本・世界にしたいという一点でみんながつながり、この世を変えていく、という熱意。

ちなみにわたしは、右でも左でもない、ただ世界を良くしたいと願う地球市民です。

 

・戦争よりも災害に強い自衛隊


→ 今の日本の自衛隊の指揮権は、日本政府ではなく、アメリカが持っています。
つまり、アメリカの起こす戦争に、日本人が連れていかれるということで、海外の戦争で恨みを買い、日本国内でテロが起こる可能性が高くなります。

とくに経済的に余裕のない若い人たちが、奨学金の免除や高給と引き換えに、戦争に行くことになります。。
(アメリカでも、お金がない人たちが兵士になっている現状)

ちなみに、イラク戦争に行った自衛隊の35人が亡くなり、帰国後に25人が、精神を病んで自殺しています。憲法が改正されて、日本の”国防軍”が人を殺すことが可能になれば、その数はもっともっと増えるでしょう。
どうか子供たちを、破滅に、戦争に連れて行かないでください。

 

自民党の改憲草案は、平和主義、基本的人権、国民主権を否定している人たちによって作られました。
https://www.youtube.com/watch?v=h9x2n5CKhn8


愛される自衛隊、そして愛される警察へ。

人を助けて、助けた人から「ありがとう」を言われることって、一番のやりがいですよね。人が一番生きがいを感じるのは、社会や誰かに必要とされているという実感が持てたときと言われています。

 

・現国連安保理の解体と、真の世界平和を目指す (政策には書いてません)


→ 今の国連安保理は、第二次世界大戦の戦勝国で成り立っている。
常任理事国5か国だけで世界のことを決めるな!

戦争でお金を儲け経済を回していく時代はもう終わり。世界中の平和を望む人々とつながって、地球単位で平和や人や自然環境を守るという、もっと素晴らしい国際協力体制をつくる!

 

・教育の無償化(小・中・高・大)


→ 日本では、教育格差が広がっています。
奨学金の返済に追われる若者も多い。
家庭の経済状況に関わらず平等な教育を。

 

私の考えですが、教育内容も大きく見直すべきで、人間以外のすべてのいのちを大切にするように、アニマルライツや自然保護も取り入れてほしい。

ロクなことを教えてくれないような学校なら、行きたくないなら行かなくていいと思うので、自由な教育制度が生まれることを望むし、三宅さんなら、そういう立場の人たちの声も聞き入れてくれると信じてる。

 

・基礎控除を38万円→120万円に(ベーシックインカム)
・最低賃金の大幅引き上げ
・保育・介護の社会化の徹底

 

→ 生活保護不正受給率は、全体のたったの2%。
98%は適正に需給を受けている。
収入が少なかったり、働けなかったり、働いてもお金が残らず毎月ギリギリの生活を強いられている人は増えています。

 

生活が苦しいという国民は62%。
貧困率が過去最悪の16.1%。6~7人に1人が貧困。
年収200万以下のワーキングプアと言われる方々が、1100万人を突破。
安倍政権になってから、男女の賃金格差は8万円以上開いている。

賃金格差が開き、保育所も充実してなくて、何が女性が生き生きと活躍できる社会ですか?保育と介護の社会化、充実化は言うまでもありません。

 

 

しかし何故か、軍事予算や米軍のための予算、海外へのばらまき予算は豊富にあるという事実・・


なぜこんなことになってしまっているかというと、安倍政権はじめ政治家たちは、選挙の時に自分たちにお金をくれて、票を集めてくれる日本の大企業連合、”経団連”の希望を実現させることに、自分たちの力を注いでいるからなのです。

 

原発を止められないのも、安保法が改正されて、海外に派兵が可能に法律を変えられているのも、大企業と政治家と、そしてアメリカの利害が一致しているから。

 

こうした内容は、参議院議員の山本太郎さんがものすごくわかりやすく説明してくださっているので、ぜひご覧ください!
お二人がお話されている内容は、本当に素晴らしいもの。
日本人全員に観てほしいと思います。

https://youtu.be/8TPw0kCWU3I

 

 

 

【財源はどうするの?】
これらの財源は、0.1%の超富裕層が握っている、現在非課税になっている金融資産に課税をすることで賄うことができるということ。

また、現在免税されている大企業から真っ当な税金を徴収することで、財源は確保できます。

税金をお金のあるところから頂き、ないところに分配をする、そういう当たり前の政治をするべき。

 

三宅さんは、決して富裕層を批判したり敵対するのではなくて、愛されるお金持ちになろうと言う。

人って、収入や財産が増えすぎるほど、減ることに怯え、孤独になり、しあわせと感じなくなってしまうという統計調査があるそうです。


たくさんの熱い友達たちに守られ支えられている三宅洋平さん。
今の政治家、利害関係なしの本物の友達たくさんに囲まれている人っているでしょうか?


三宅洋平さんは、日本人が忘れてしまった大切なものをたくさん持ってる。
お金じゃ買えないもの。
損得じゃ成立しえないもの。

 

そういうものの価値を、もっと日本に普及させていきたい。

 

 

最後に・・・

10代の頃は、この社会のすべてがダサいと思っていました。
全部変えてやりたい、そう思ってました。
自分らしくあるがままでいたい、そう思っていました。

 

でも、何をどうしたらいいかわからないし、自分には力なんてないと思ってたし、目の前の生活や欲やお金のことや就職といった現実的なことに流されて、

 

気づけば何年も会社勤めで働いてきて、いつの間にか、ダサいと軽蔑していたはずの社会に、自分も取り込まれてしまった部分があると思います。

そんな昔の自分のスピリットを思い出させてくれた三宅洋平さん。

 

本当の自分らしさを、自分も周りも認めることができるようになって、誰もが社会に必要とされ、愛されている存在だという実感を得ることができる。

個人が尊重されて、相手の立場に寄り添うことができて、多様性を認めることができる、そんな成熟した余裕のある社会にしていきたい。

 

そうすればきっと、自分以外の誰かの痛みや、弱い立場にある人や動物や、自然環境の問題にも、目が向けられるようになるはずだと思うのです。

 

三年前から大きく進化された三宅洋平さん。

みんなが待ち望んでいたヒーローが、救世主が現れた!!

って、今どう考えても崖っぷち日本なんですけど、毎日わくわくしています。

 

音楽に政治を持ち込むなっていう批判があったりします。
SUGIZOさんはこう言いました。
「そんなのクソくらえ。ロックは社会と共にある」

 

https://www.youtube.com/watch?v=z_l_Z623JCw

動物愛護・アニマルライツに関係ない政治的主張を持ち込むなっていう批判もあったりします。

でも、わたしもこう思います。

「そんなのクソくらえ。

動物愛護やアニマルライツの意識がこんなに低いのは、なんでなんだよ?

動物や自然を守るために税金が全く使われないのは、なんでなんだよ?

動物への搾取をやめて、命あるものを大切する教育や法律や制度が出来ないのは、なんでなんだよ?」

 

初めて動物の問題を知ったとき、

なんてこの国は、社会は、動物に冷たいのか、殺処分すらさっさと無くせないのは一体何故なんだと、絶望しませんでしたか?

 

政治は、政治家たちが遠いところで難しいことをしているというような、そんな近寄りがたいものなんかではなく、私たちの生活そのものであり、教育や生き方そのものをつくるものなのです。

”動物愛護後進国”と呼ばれる

日本を作り上げてきたのも、政治の結果なのです。

バラバラに起こっているように見える、あらゆる問題は、実は全てつながっていて、私たちの人生からは避けられないものなのです。

 

戦後、日本は敗戦して、戦勝国アメリカに骨抜きにされてきた。

ダメな大人が、ダメな政治で、ダメな社会をつくってきた。

 

そして、わたしたち一人一人の、今までの行動一つ一つが、こんな冷たい社会をつくってきたのかもしれない。

目の前の生活にいっぱいいっぱいで、誰かを吊るし上げて蹴落として、そうでもしないと自分を保っていられないような窮屈な社会。

 

今までのナゾの下から上から目線の自分に反省。
対話できてなかった自分に反省。
反対側に寄り添えきれてなかった自分に反省。

 

三宅さんには、一人の市民運動家としても、 たくさんのことを気づかせてもらいました。

 

これからは、

私たち一人一人が、もっともっと

政治のこと、国のこと、世界のこと、地球のこと、

本気で考えないといけないし、

毎日の会話で誰もが政治の話をする、

行動をする、それくらいの真剣な思いがないと、

世界は変えられない。

 

未来はみんなでつくるものなのです。

 

 

7月10日(日)参院選挙当日。

しっかり考えて考えて考え抜いて、誰に入れるかを決めて、

必ず投票に行きましょう!!!

 

~~~~~~

 

誰に入れたら良いかわからない!そんな方はぜひこれでチェックしてみてください

 

えらぼーと2016

http://vote.mainichi.jp/24san/

 

こちらは、候補者の顔と政策がわかるようになっています。
候補者アンケート (朝日・東大谷口研究室共同調査)

http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2016/asahitodai/

 

下の方のリンクでは、候補者の憲法改正についてのスタンスがわかりにくいので、念のため補足しておきます。

 

テレビやメディアでは今回の選挙の争点として、経済政策に主な関心が寄せられているかもしれませんが、真の争点は改憲です。

今回の選挙で、改憲派が2/3議席を獲得すれば、選挙後の国会で改憲が発議されてしまいます。

 

自民党は、演説では改憲のことを全く口にしません。それは、有権者からの支持を得られるものでないから隠しているのです。

改憲草案が国民のためになるという自信と誇りがあり、改憲が真に必要なのだと言うのであれば、堂々と内容を周知し私たちに説明するべきではないでしょうか?

 

 

どうか、基本的人権、国民主権、平和主義を守る政党へ投票をm(_ _)m

 

改憲に反対している政党◎

社民、共産、民進、生活、国民怒り

 

改憲を推進している政党×

自民、公明、おおさか維新、新党改革、日本のこころ、幸福実現

 

※比例は政党名でもOKですが、個人名を書いたほうが、特定の候補を当選名簿の上位に送り込めるので、個人まで絞り込むことをオススメします。個人名でも所属政党の政党票としてカウントされます。

 

 

反対派でブログを書く

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:

屠殺場を閉鎖しよう!世界一斉アクション@京都 JAPAN レポートです


FBイベントページ

https://www.facebook.com/events/263185114069520/

 

フランスはなんと、2500人も集まったそうです!!

 

 

こちらは2015年の動画ですが、フランス・パリのデモの素晴らしい動画。

一人一人の優しい笑顔と気持ちに、胸が温かく、目頭が熱くなります。

ぜひご覧ください。

 

オーストラリア・メルボルン

 

 

カナダ・トロント

{AD98BB16-5C8D-4592-AE3B-7AC132312555}

 

 

アメリカ・ロサンゼルス

{868F2A45-9FE3-41A4-AFEE-B28D020AE81A}

 

 

  

勝ち負けはないけど、日本も負けてません、気持ちでは(笑)

 

 

デモの全体のレポート&写真はこちらからご覧ください♪

 

2016.6.4「世界一斉アクション☆屠殺場を閉鎖しよう@京都デモJAPAN」報告 

http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1736.html

 

全写真はこちら

https://www.flickr.com/photos/98255559@N07/sets/72157668963910291

 

動画はこちら

https://youtu.be/gMeRQSXrVFQ

 

 

世界アクションのテーマカラーの赤に統一し、

リズム隊も投入して、リズミカルで情熱的な感じのデモを行いました!!

皆の気持ちが熱すぎて、感じるものがとても大きかったです。

 

マイクを、前半を私、後半をさっち~さんが担当しました。

後半は、アニマルライツな激しめの曲をかけながら、
主にコールメインで、みんなでずっとコールしました。
わかりやすくかつインパクトがあったなと思います。

 

赤=血、熱情

 

ということで

 

普段はわりと感情を抑えて話をするんですが、

色々と思うことがあり、今回は気持ちを込めて、強く感情的に話しました。

沿道の人々の顔を見ながら、

涙をこらえながら、必死に。

 

祇園四条の外国人観光客の多いところでは、

今回も英語の呼びかけとコールを行いました。

 

一番大事な心のことを伝えたい、わかってほしい

という気持ちで話した内容なので、ぜひ読んでいただけたら嬉しいです

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

京都の皆さんこんにちは!私たちは今「屠殺場を閉鎖しよう」デモを行っています。

今月6月に世界中で一斉に行われる「屠殺場を閉鎖させるためのデモ行進」に、日本からも京都と東京が参加しています。

 

屠殺場とは、人間が食べるための動物を殺すところです。
みなさんは、屠殺場に行ったことがありますか?
人間が食べる動物たちがどのように育てられ、どのように殺されているのか、調べたことがありますか?

 

舞台裏を知らないで、事を楽観視するのは罪なことであると思います。
動画や画像で屠殺場の様子を見てみてください。

屠殺場は、血まみれです。毎日毎日、大量の血が流されます。
ホロコースト、大虐殺は、毎日のように起こっています。                               
 
動物たちは、人間と同じように知能も感情もあります。
屠殺場で自分たちにこれから何が起きるのか皆わかっているのです。
屠殺場に連れていかれる時、動物たちは、行きたくないと必死で抵抗します。無理矢理引っ張ったり、蹴ったり、電気棒を当てたりして連れていきます。

列に並ばせられて、次々とほかの動物が殺されていくのを、恐怖に怯えながら耐えるのです。

 

恐怖で涙を流す牛や、おしっこをもらす牛もいます。

殺される恐怖と過度なストレスにより極限状態に追い詰められて、失禁するのです。

強烈な痛みを与える電気ショックで麻痺させられ、生きた状態でナイフを刺されます。
(意識を失わない場合もあります)

 

 

 

 

 

鶏は、生きたまま逆さ吊りにされ、麻酔なしで首を切られます。

ナイフで刺されたあとも、牛の足はバタバタと動いています。

みなさんの耳には、生きていたいのに殺される、動物たちの叫び声が聞こえますか?
どうしてこんな残酷なことが許されるのですか?

 

もし目の前で、牛、豚、犬や猫がナイフで刺されていたらどうしますか?
自分が同じ目にあったらどう思いますか?

 

加害者の視点から見ると、問題はなんでも都合のよいように言い訳や正当化をすることができてしまいます。そうではなく、被害者の視点から考えてみてください。

自分が同じ立場だったらどうなのかを考えてみてください。

 

畜産の現場も屠殺の現場も意図的に隠され、私たちが「動物が可哀想だ」という心を持って、肉が食べられなくなってしまわないように、隠されています。

企業も国も本当のことを言いません。

 

子供の頃にわたしたちが持っていたはずの目で見て、心で感じてください。

決して仕方ない事ではないんです。
肉を食べない方が、人間は元気に健康に生きることができるのです。

 

動物たちは、ただ人間に圧倒的な力で支配され抵抗できない。
人間に止めてほしいと伝える術を持たない。
だから私たちが代わりに声を上げています。

 

声なき動物たちの声になってください。
抵抗できない動物たちの力になってください。
罪なき動物たちを助けてください。
人間は肉を食べなくても生きていけます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


犬や猫たちの命と、牛や豚や鶏たちの命って、一体何が違うんでしょうか?

犬猫やウサギ・インコなどの鳥は家族として大切に育てるのに、なぜ、牛豚鶏は無惨に殺され、食べられるのでしょうか?

 

イルカ猟や牛豚鶏などのと殺を「仕方ない」と思っている人は、犬猫の殺処分も「仕方ない」と思われるのでしょうか?

「イルカや牛豚鶏は殺して良いけど、犬猫の殺処分は良くない」と思うのなら、それはなぜなのでしょうか?

 

犬猫の殺処分数は、年間約14万頭です。

社会的に問題視され年々減ってはいますが、まだまだ多すぎる現状です。

 

肉にされる動物については、日本だけで、たった一日で210万頭以上が殺され、一年間では、7億6千6百万頭以上も殺されています。


犬猫の殺処分数の約5500倍です。みな何の罪もない動物たちです。

この数を減らすには、肉を食べないことが必要です。
肉を食べないこと、肉の消費を減らすことで、殺される動物の数を減らしていくことができます。

 

人間も動物です。わたしたちはみな同じ赤い血が流れ、感情豊かな生き物です。
同じ動物なのに、なぜ差別をするのでしょうか?
差別が許されるのでしょうか?
人間だけが特別と思っているからではないですか?
「自分がされて嫌なことは相手にしない」と私たちは教えられました。
動物もその「相手」なのです。              
 
人間も食物連鎖の中にいると、本気で思っておられる人はいますか?
人間は死んだら土に還るのですか?

人間は食物連鎖の中には身を置いていません。
食肉産業は、わざわざ動物を生産し殺すもので、自然とは程遠いものです。

 

人間の身体は肉を食べるようにできていないため、肉を食べることは、健康にも悪く、あらゆる病気の元となっています。

戦後、肉や動物性食品の摂取量がぐんと増えて、それに比例し、心筋梗塞・動脈硬化・ガンなどの病気が一気に増えました。
肉が健康に良いなら、なぜこんなに病気が増え続けているのでしょうか?
どうか肉を食べないという選択を考えてみてください。  

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~       

    

動物たちは毎日毎日、大量に殺されています。
日本だけで、1日に殺される食用の動物の数は、牛3千300頭、豚4万6千頭、鶏206万羽。
競走馬も引退した後、殺されて肉にされます。
これは、世界規模の大虐殺なのです。
屠殺は安楽死ではありません。

 

食用の肉のためには、人道的な屠殺が行われていると思われますか?

人道的な殺人はありますか?
人道的なレイプはありますか?
人道的ないじめ、人道的な差別、人道的な児童虐待、人道的な奴隷制、人道的なリンチ、人道的なホロコーストはありますか?

 

生きていたいのに殺されることは、人道的ですか?
嫌がるのに無理矢理屠殺場へ連れていき、電気銃で頭を打たれて、ナイフでばらばらにされることは、人道的なのですか?
生きたまま逆吊りにされて、意識があるうちに首を切られることの、どこがどう人道的なのですか?

 

人間は、肉も魚も牛乳もチーズも卵も、食べないほうが、元気に健康に生きていけます。どうか肉を食べないという選択を。  

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   

      

屠殺前に順番待ちの牛は、目をむいて、大粒の涙を流しながら、腰を抜かして失禁し、後ろ足を踏ん張って命乞いをします。
母牛は、人間にとられないように必死に子牛を隠します。
こんな残酷なことがあるでしょうか?

 

参考:産んだのがバレないように双子の1頭を隠した母牛

http://ameblo.jp/vegblog/entry-11414515590.html

 

 

植物だって勿論生きています。

ですが、植物を殺しているからといって、動物を殺してよいことにはなりません。
野菜を食べるからといって、人殺しが許されますか?
犬猫を殺処分しているからといって、人間も殺してもよいのですか?

 

なぜ野菜や植物を殺して切り刻むところは普通に放送されるのに、動物を殺して切り刻むところは放送されないのでしょうか?

野菜を土から引き抜くところは平気で見ていられるのに、動物が虐待される画像や動画を見せると嫌がるのでしょうか?

なぜ心が痛むのですか? 
答えはすでに、みなさんの心にあるのです。

 

今は、世界中で菜食が広まり、お肉を使わなくても、大豆でできたお肉、大豆ミートや、豆腐、厚揚げなどを利用した、美味しい料理がたくさんあります。

大豆ミートとは、大豆で作られた、お肉そっくりの食感でとても美味しい食材です。

 

モスバーガーも、肉を使わない大豆パテを使ったハンバーガーを販売しています。
カレーのココ壱番屋も、肉や動物性材料を使わないベジタリアンカレーを販売しています。
菜食レシピもネットに沢山あります。京都にも全国にも、ベジタリアンの飲食店は沢山あります。
菜食の美味しさを知ってください。お肉をやめて、菜食・肉なし生活を始めましょう!                          

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~      

         
私たちは、みなさんの敵ではないし、みなさんを責めているのでもありません。
わたしたちもかつては肉・魚を食べていました。
しかし、肉を食べるということがどれだけ残酷で恐ろしいことなのかを知りました。

大きな過ちであることを知りました。

もっと早く知りたかったと、激しく後悔しました。
肉を食べない方が元気で健康に生きられることを知りました。
だからベジタリアンになりました。魚も同じです。

 

こんなに大切なことをメディアはどこも報道しないし、日本中が見ないふりをしていることに大いに疑問を持っています。
大切なことはみなさんにも、同じように知ってもらいたいし、動物を守るために、同じ選択をしてもらえたらなと思っています。

 

人間がどれだけ、自分たちの都合で分けへだてをして、どちらが優れている、劣っていると比べ差別をしようとも、

 

動物も人間も同じ命であり、同じ赤い血が流れ、痛みや苦しみ、喜びや愛を感じる感情をもつ、同じ生き物だという事実を変えることはできません。

 

苦しんでいる人や動物を助けてください。
苦しむ人や動物を見て心を痛める、人間の良心を大切にしてください。

子供の頃に教えられたはずです。
「相手が嫌がることをしてはならない」と。

人間は、嫌がる動物を苦しめて殺しています。

 

お肉をやめて、健康になりましょう!
動物を食べないほうが元気に生きられます!
みんなで健康になって、病気を予防して、医療費を減らしましょう!
余ったお金で、困っている誰かを助けましょう。  

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~    

 

この地球は、私たち人間だけのものではありません。
人間の豊かで便利な生活のために、これまで、たくさんの自然が破壊され、動物が殺されてきました。


いったいどれほどの血が流されたでしょうか。
まだ、血を流さなければいけないのでしょうか。

私たちは一体どこまで進めば、気が済むのでしょうか。
どれだけ求めれば、満足するのでしょうか。
もう十分ではないでしょうか。
もうこれ以上、壊さないでください。これ以上、殺さないでください。

 

「大人のみなさん、どうやって直すのかわからないものを、壊し続けるのはもうやめてください。」 *セヴァン・スズキさんのスピーチより引用
温室効果ガスの排出や、熱帯雨林の破壊の一番の原因は、畜産、つまりお肉を食べることです。
私たちが今のままの生活を続ければ、地球は凄まじいスピートで破壊され、地球上の資源はあっという間に失われるでしょう。

 

「大人のみなさん、私たちと同じ赤い血の流れる動物を、差別して、殺し続けるのはもうやめてください。」
私たちの目の届かないところで隠されて行われる、動物の殺害。
苦しむ動物たちの泣き叫ぶ声は、大人のみなさんの耳に届きますか。
きっと耳にも心にも届かないから、私たちが動物の代わりに声を上げています。

 

ただ祈ったり悲しむだけでは、世界は変わらない。
価値のあることは、何を言うかではなく何をしたか。

 

お肉を食べない選択、菜食という生き方は、動物と自然を守るための、現実的な行動です。暴力を拒絶する平和のための行動です。
屠殺場がある限り、戦場はなくならない。平和は私たちの身の回りから毎日の努力によって守られるものです。      

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~     

 

命に感謝して頂いたところで許されることはありません。
殺される動物にとっては、感謝など何の意味も持ちません。

私は、自分の大切な人や大切に育てている動物が、誰かが食べるために命を奪われることを絶対に認められません。
自分や大切な存在に認められないような酷いことを、誰かに無理矢理押し付けることはできません。

 

デモやこうした活動を押しつけと言う方がいますが、大きな誤解です。
押しつけとは、強制すること、無理強いすることです。
つまり、選択肢のない給食や学食、社食、病院食、時代遅れの栄養学をいつまでも掲げる国や企業のしている事を言います。

 

都合の悪いことは隠され、日本の消費者は何も知らされず、テレビやメディアの広告・宣伝に騙され、動物虐待、暴力、差別に加担させられてしまっています。

 

「動物は広々とした牧場でのびのびと育てられている」という嘘をつかれ、
「肉は体に良い」という一方的な間違った見解を押し付けられ、

「生きるために仕方ない」「感謝していただけばよい」と、動物性のものを食べなくても生きていけることは、誰からも教えられませんでした。

 

しかし実際、動物たちは自分の身体と変わらないくらいの小さな檻や柵に閉じ込められ、酷い扱いを受けています。

 

私たちは、植物から十分な栄養をとることができます。
タンパク質もカルシウムも、豊富に含まれています。
それどころか、肉食や動物性食品は、がんやアレルギー、病気のリスクを高める、という研究結果は沢山あります。 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  

 

みなさんは、なぜマクドナルド、ケンタッキー、吉野家・松屋・すき屋などの牛丼、ガスト・すかいらーくなどの外食チェーンで販売されているメニューがあんなに安いのか、考えたことはありますか?
200円のハンバーガー。国産の野菜より安い。

なぜだかわかりますか?

 

安い輸入の肉を使っているからです。
輸送費もあるのに輸入の方が安いというのはどういうことだと思いますか。

安くするためには、人件費をかけないことが必要です。
極力人手がかからないように、全てオートメーション・工場化されて、狭いスペースにぎゅうぎゅうに動物たちを詰め込んで、当然動物は病気になりますが放置されます。

そのまま死んでしまう動物も沢山います。

 

もっと言うと、動物の食べているエサについてです。
動物が食べさせられているのは、大量の農薬をかけ、遺伝子組換で農薬に耐性のついた安いエサ用の穀物です。
病気予防に抗生剤・ワクチンを大量投与されます。

動物の肉の病気の部分は切り取られ、皆さんが食べているのはその残りの部分だということです。

 

そこに、いのちの尊厳などどこにもありません。
あるのはただ苦しむ動物と、死んでしまった動物の腐敗した死体です。  
  

     
日本の畜産業についても、放牧農場はほんの数%のみで、動物をモノのように扱う「工場式畜産」が主流です。
麻酔なしで身体の一部を切り取られ、排泄も食事も寝るのも全部同じ狭いスペースや檻の中で一生を過ごします。
自然の寿命より遥かに短い年数で殺されます。

 

「もし屠殺場がガラスの壁だったら、みんなベジタリアンになるだろう」 

- ポール・マッカトニー


「すべての屠殺場が閉鎖される、アニマルライツデーが必要だ」

- プリンス
 

"Do you really think there is such a thing as humane slaughter? Exactly what is your definition of humane?"

(人道的な屠殺などというものが存在すると、本気で思っていますか?
「人道的」の定義ってなんなんですか?)

 

"Besides psychological and physical abuse, torture, dismemberment and murder, what else do you think happens to animals inside of a slaughterhouse? "

(肉体的虐待、精神的虐待、四肢切断、殺害のほかに、屠殺場のなかで動物たちにいったい何が行われていると思いますか?)

 

"98% of animals who are abused and killed on this planet, are abused and killed by the meat, dairy and egg industries." 

(地球上で人間が虐待し殺している動物のうちの98%が、食肉・生乳・養鶏業界によるものです。)
*""部分はゲイリー・ヨーロフスキーさんのスピーチより引用

 

Please stop and hear the voices of voiceless animals.
Please see the animals abused, tortured and suffering
Please think this issue from the victim’s point of view.
Please don't be afraid to feel at your heart.
Please accept your feeling that you feel cruel and sad.
Please know the fact, eating meat is destroying the earth and environments. 

And

Please stand up for the voiceless animals.
Please take the choice to stop eating meat.
Please help to save animals and our earth.
Be vegetarian or VEGAN, and stop eating meat.

 

(訳)

声なき動物たちの声を聴いてください。

動物が虐待され、拷問され、苦しむ姿を見てください。

被害者の視点から、この問題を考えてください。

自分の心で感じることを恐れないでください。

残酷だ、かわいそうだと感じる心を受け止めてください。

肉を食べることが、地球環境を破壊しているという事実を知ってください。

 

そして

 

声なき動物たちのために立ち上がってください。

肉を食べないという選択をしてください。

動物と地球を守るために手を貸してください。

ベジタリアン、ビーガンになって、肉を食べるのをやめてください。

 

STOP ANIMAL MEAT !! (動物の肉をやめよう)
MEAT IS MURDER !!   (肉は動物殺しです)
GO GO VEGAN !!     (ビーガンになろう)
TO SAVE ANIMALS!!   (動物を守るために)

 

 

シュプレヒコール

 

屠殺場!なくそう!
肉食!止めよう!
今すぐ!止めよう!
命を!守ろう!
肉食反対!!


命が!よろこぶ!
菜食!しよう!
差別を!なくそう!
菜食!えらぼう!
菜食賛成!!


動物!泣いてる!
肉食!やめよう!
地球を!壊す!
肉食!いらない!
屠殺場!なくそう!
肉食反対!!


命が!助かる!
菜食!選ぼう!
菜食賛成!!

 

犬を食べるのやめよう!
イルカを食べるのやめよう!
魚も食べるのやめよう!
肉食反対!


牛を食べるのやめよう!
ブタを食べるのやめよう!
動物食べるのやめよう!
人間だけ守るのやめよう!
この差別をなくそう!
肉食反対!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京「動物はごはんじゃない」デモ行進、128人が集まったそうです!!

 

 

 

動物はごはんじゃないデモ行進 東京 2016.6.12
http://www.hopeforanimals.org/demo/

https://www.facebook.com/events/105924696486846/

 

 

屠殺場が全世界で禁止されるその日まで

 

参加されたみなさん 応援してくださったみなさん

ありがとうございました!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(3)

テーマ:

ぼくらはみんな、生きていたい!
お肉をやめて、いのちを守ろう!デモ@奈良レポート
We all want to live!
Stop Meat and Save Lives! Demo in NARA, Japan
2016年5月22日(日)

 

Facebook イベントページ
https://www.facebook.com/events/1672513843013927/

 

アメブロ デモ告知ページ
http://ameblo.jp/vivihappieta/entry-12140979085.html

 

 

デモ日和な良いお天気の中、35~40人の仲間のみなさんにお集まりいただき、みんなでお肉をやめようアピールを行いました!!


デモのテーマソング"手のひらを太陽に"と、ポール・マッカートニーの"ミートフリーマンデー"などの曲をかけながら、歌詞の内容に合わせたり、途中みんなで合唱したりしながら、元気よく行進してきました♪

 

 

"その線はどうして生まれたの?

心の中に存在する、無意識の線を消し去りたい。"

 

犬猫インコ金魚などの家庭動物と、牛豚鶏魚のあいだに引かれてしまった線。

 

生まれた頃はなかったけれど、

国や企業からの指導、教育によって、いつしか、心の中に生まれてしまった線。

 

無意識の差別をなくしてもらえるように訴えかけをしました。

 

 

また、"ミートフリーマンデー"に合わせ、ものすごい勢いで深刻化する環境破壊の問題を交えながら、週に1日は菜食の日、お肉を食べない日をつくろう、お肉を減らそうというアピールも行いました。

 


奈良公園付近には、修学旅行の学生さんたちがとてもたくさんいて、強く関心を持って頂き、デモの前にはチラシを受け取ってくださった方々もたくさんいらっしゃいました。

 

奈良公園にたくさんいる鹿たちからも、しっかりと見守られる中のデモ行進。

なぜかとても心強かったです。


鹿も牛も豚も鶏も犬も猫も魚も、わたしたちと同じ赤い血の流れる、感情ある生き物。

鹿を愛し大事にする心を、牛豚鶏にも同じように与えて頂けたら・・


なになに??という感じで、じっとパネルを見てくださった方、写真を撮ってくださった方などが結構いらっしゃって、通行人の方々の反応もなかなかでした!!


参加者の皆さんには、地元関西のあちこちからだけでなく、東京、長野、愛知、岡山からもお越し頂きました。今回デモや活動に初参加の方も沢山いらっしゃって、感激でした。

勇気を出して一歩踏み出してくださって、本当にありがとうございます。


暑い中、着ぐるみや動物パジャマ、かぶりものなどにご協力いただき、汗だくになりながらも、最後まで力強くアピールしてくださって、本当にありがとうございましたm(_ _)m


デモ終了後には、奈良市のベジタリアンレストラン「喜菜亭」で懇親会を行い、18人で植物性VEGANごはんを楽しみました。


植物性のナゲットやお魚もどきなど、びっくりするくらいリアルでおいしかったです★

そして個人的に世界一大好きなここのお味噌汁、お代わり可能なので何杯か頂きました(笑)ごちそうさまでした。

 

植物性だけでも、こんなにも美味しい食事を楽しむことができて、健康に元気に生きていくことができるのだから、動物を苦しめ殺す必要は全くないのだと、心から思います。

多くの人に、その動物食の残酷さと、菜食の素晴らしさの両方を知っていただけるよう、これからも伝えていきます。


今回奈良では初の開催ということで、色々と反省事項もありました。
次回は、よりスムーズな進行と内容の充実を目標に、また人通りの多い時間やコースに変更して、より一層アピールできるよう、改良していきたいと思います。


今後とも、ALN 動物の解放 奈良での活動を続けてまいります。
みんなで力を合わせて、動物たちの代わりに声をあげていきましょう!!!

 

デモの動画です♪ぜひご覧ください^^

https://www.youtube.com/watch?v=8jmGfp8EDPU

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他、当日の写真はこちらから↓

 

Facebook アルバム(一部写真のみ)

https://www.facebook.com/vivian.animalrights/media_set?set=a.608182579334963.100004296793306&type=3

 

その他全写真はこちら☆
https://www.flickr.com/photos/98255559@N07/albums/72157668763452505

 

●さっち~さんの写真盛りだくさんのレポート♪

2016.5.22 奈良初☆肉食反対デモに参加♪

肉食する人は奈良公園の鹿も食べる ‪#‎奈良ベジレス情報‬ 
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1730.html

 

ブログにのっていますが、奈良公園の近くにある「しゃらく」さんでは、精進料理のコースがあります♪(その他はノンベジ)
VEGANランチ隊のことを紹介してくださっています^^♪

https://www.facebook.com/sharakunara/posts/713972755372440


●ベジタリアン・マーフィーさんのレポート♪
http://blog.goo.ne.jp/evergreen2003/e/05d216deb6e034d00b5e1b97317cf0cd

 

 

☆デモ行進でローテーションした曲です☆

 

●手のひらを太陽に

やなせたかし作詞・いずみたく作曲


https://youtu.be/Mg3CPXqVkDs


ぼくらはみんな 生きている
生きているから 歌うんだ
ぼくらはみんな 生きている
生きているから かなしいんだ
手のひらを太陽に すかしてみれば
まっかに流れる ぼくの血潮(ちしお)
ミミズだって オケラだって 
アメンボだって
みんな みんな生きているんだ
友だちなんだ


ぼくらはみんな 生きている
生きているから 笑うんだ
ぼくらはみんな 生きている
生きているから うれしいんだ
手のひらを太陽に すかしてみれば
まっかに流れる ぼくの血潮
トンボだって カエルだって
ミツバチだって
みんな みんな生きているんだ
友だちなんだ


ぼくらはみんな 生きている
生きているから おどるんだ
ぼくらはみんな 生きている
生きているから 愛するんだ
手のひらを太陽に すかしてみれば
まっかに流れる ぼくの血潮
スズメだって イナゴだって
カゲロウだって
みんな みんな生きているんだ
友だちなんだ


●MEAT FREE MONDAY (ミートフリーマンデー)
by ポール・マッカートニー

 

世界中から集められた素敵な写真から作られたプロモーションビデオは、とても面白いのでぜひ見てみてくださいね^^


https://youtu.be/_tPmyRIoUGQ

※Meat Free Monday ミートフリーマンデー
It’s a fun day それは楽しい日
And it’s happening all around the world 世界中あちこちで起きている

 

※繰り返し

 

★Think about the future 未来のことを考えてみよう
How the world will be 世界はどうなるのだろう
If we don’t do something もし僕らが何もしなければ
We face calamity僕らは災害に直面しているんだ


Think of greenhouse gases 温室効果ガスのことを考えてみよう
Melting polar ice 北極の氷を解かしている
Ocean levels rising 海面は上昇している
Better not think twice 躊躇している場合じゃない


※2回繰り返し

 

Think of too much livestock 多すぎる家畜のことを考えてみよう
Warming up the land 地球を温暖化させている
Gotta think of answers 答えを考えださなければいけない
Gotta have a plan 計画を立てなければいけない

 

★繰り返し


※繰り返し

 

After Sunday 日曜日の後は
Meat Free Monday ミートフリーマンデー
And it’s happening all around the world 世界中あちこちで起きている

 

※2回繰り返し

 

===========

 

これから、世界は菜食へ大きく進んでいきます。

今を生きるわたしたちにとって、選択すべき道。

 

動物たちの命が、人間と同じように尊重される世界

暴力と差別のない、平和な世界を目指して、これからも頑張りましょう!!

ありがとうございました♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。