たまにしか書かないblogですけど~(^^;)

12月9、10日と今年1月9日に
第三回アニマルコミュニケーションコースを開催しました。

昨年の今頃、はたと、
一人でコミュニケーションをするよりも、

たくさんの動物さん・植物さんのコミュニケーターを作って
できるだけ大勢でコミュニケーションをした方が

この地球を平和にするのに手っ取り早い!
それならコースを自分で作ってしまおう!
・・・なんて、急に閃いてしまったもので(*^^*)

昨年の今頃は

毎日睡眠2-3時間でコースを作っていたものでした。

そして、今回、三回目のコース開催。
毎回、終了と共に、感無量になります。

12月9-10日の実践ワーク会場は、
東京茗荷谷にある小石川植物園でした。

皆さん、最初は「できない、できない~」とおっしゃられていましたが、
コミュニケーションに誘導させていただくと・・・

ちゃんとそれぞれが選んだ植物さんからメッセージを受け取れていらっしゃいました。

 

 

私が初めて、植物さん(公園の大きな樹ですが)から
かなりはっきりとしたコミュニケーションを自覚したのは、
2012年秋頃だったでしょうか。

その時に「この樹にしよう!」と選んだ大木に触れ
静かに「私にミロクの世なるものを見せてください」とお願いしたのでした。

すると・・・
見せてもらった映像は、

私には想像もつかないほどの人体に影響のない高度なテクノロジーと自然が存在する世界、
そして、
「幸せ」とか「平和」という言葉が存在しないほどの
誰もが幸せな世界がそこにありました。

果たして、私の妄想なのか?なんなのだろう?と思いながら、
何故だか見えた世界には確信があったのです。


そして、不思議なもので、「ミロクの世」なるものに詳しい方に出くわしました。
その人は、小学校の時から、図書室の本を「あ行から片っ端に全て読んでいた」ような
自称インテリという70を過ぎたおじいちゃまでした。

その人が言うには、
「君が言う事は当たっているよ。
いろいろな本があるが、たいていミロクの世という説明には、
君が樹から教えられたような 
害の無い高度なテクノロジーと
平和という言葉がないほどの平和な世界がかつてあったと書いてあるよ。」
と教えてくれたのでした。

その時の私は、そんな本は読んだことありませんでした。

以来、動物や植物が教えてくれる智慧の深さには感銘を受けるものだと感じています。

ほんとうは
子供の頃にはこんな風に会話していたような氣がします。

いつのまにか、忘れてしまっていたけれど、
数年前からあれ?とまた自覚するようになりました。

わかってくると
電信柱に並んでいるというか、並ばされている樹々にも
ありがとう!って言いたくなりますね。

コミュニケーションしている皆さん、
自然と一緒になって素敵でした☆彡










 

AD