ガキの戯言

VIVALET Guitar
Twitter:RYOSUKE_VIVALET


テーマ:

日付的に今日に切り替わったとき、俺たちVIVALETは解散を発表しました。


このブログを書いてる今、スタジオでリハーサルをして帰ってきたところでさ。


俺は俺なりに自分の言葉で、正真正銘ありのままを正直に書くよ。


ただ、俺たちはまだ終わってない。それを踏まえて読んでほしい。



まず、俺はこのバンドの解散に付き合うために加入を決めたわけじゃない。


そのときの状態よりもっと上を目指すために、一言で簡単に片付けてしまうと「売れるために」加入を決めた。このバンドからヒットソングを生み出したいって。


結果的に俺の、俺たちの力は及ばなかった。果たせなかった。

解散になってしまったことは凄く残念だし、応援してくれた皆や関係者の方々には本当に申し訳ないって思ってる。


VIVALETというビジュアル系バンドの上手ギタリストという大きな仕事を託された俺はとにかく日々足掻くしかなくて。わからないこともたくさんあって。


関係者のオトナたちにこんなことを言われることがあった。


「お前は誰を意識してる?誰みたいになりたい?」


という問いかけにいつも答えられず、正直イラ立ってた。


『俺は誰かにならなきゃいけないのかな?それって俺じゃなくてもよくない?』


凄く苦しんだ。


まあ「誰かになれ!」とか、

そんなことが言いたかったんじゃないよねって思うんやけどな。


前このバンドでギターを務めてたあいつは…とか言われたりして、はっきり言って俺からしてみれば比べんじゃねぇよって思ったわけでさ。


勝ち負けじゃないんだけどな。まあ俺勝ってるけど。笑


俺好きな女の子の元カレとかにも嫉妬しちゃうタイプだからそういうの凄い不快で…って関係ないね。笑



このブログを読んでる皆がビジュアル系バンドの上手ギターというポジションにどういうイメージを抱いてるかわからないけど、とてつもないプレッシャーがある。


それをいくらメンバーと仲が良い俺とはいえ、加入した俺がいきなり務めるというのは凄くプレッシャーで、本当に新体制になってからの初ライブとか凄く不安で、楽しみな反面でもう逃げ出しちゃいたいとか思ってしまったし、とても緊張したんだ。


でも、SEが流れて登場したときにそんな不安なんて全部吹き飛んでさ、


VIVALETの上手という立ち位置でギターを弾けるのは俺しかいないって思えた。


それは本当に紛れもなく皆のおかげで、皆が俺を受け入れてくれたことが本当に嬉しかった。VIVALETに加入したことは間違いじゃなかった、それを教えてくれたのは本当に皆一人ひとりだった。



バンドをやるってことは簡単なことじゃないんだ。


そして続けることはもっと体力的にも精神的にも磨耗が激しい。


たくさんのしがらみがある。


正直お金だって同年代に比べたらやっぱり全然ないし、ほしいものだってなかなか買えない。


それでも自分が決めた道だから何もつらくない…と言えば嘘になる。やっぱりつらいことだってある。でもそれ以上に何もかもが輝いてるから。一緒にすごしてる時間が楽しくて楽しくて、本当にもうそれだけで良くて、それが人生で、それが全てなのさ。




いくら大丈夫大丈夫って口では言ってても、今ブログを一人で書いてる今。


いろんなことを思い出してる。


2015年の10月に初めて皆と出会ってさ。


正直寂しいよ。なんて言ったらいいかわかんない虚無感があるんだよ。大阪の田舎で育った少年がこうして都会に出てきて、本気で向き合ったことが一つ終わってしまうんだから。


一人になったときに、ふとやっぱり考えちゃうんだよ。


当たり前のようにスタジオに入ってリハーサルしてた日々とか、遠征で機材車に揺られて色んなところ旅しては、まだ着かないのかなーとか思ってた日々が、もう当たり前じゃなくなってしまう。


富山だっけ、石川だっけな、


なんせそのへんのサービスエリアでくっそまずいコーラ買ったなあとか。


お前飲めよって押し付けあったことあったなあとか。


個人的に言えば、


YUKICHIとDAIKIは凄い付き合いが長い。


この二人とは昔から仲が良くて、久しぶりに会ってもその空いた期間を感じない空気やったよ。


この二人とバンドやるなんて本当に夢にも思ってなかった。喧嘩だってしたこといまだにないからね。

喧嘩しないのが良いのかはわかんないけどさ。笑


そんなの寂しいに決まってる。


俺はデキてる男じゃない。カッコつけてるだけでさ。

だから大丈夫なんて言うけど、俺を一人にしないでくれよって思う。


でも、何度も何度も皆で話し合って出した結論だから後悔はない。


残りの期間、各地色々行きます。


仙台、東京、埼玉、名古屋、大阪


どれか一箇所でもいい、一本でもいい。


VIVALETに会いに来てください。本当ならもっと他にも色んな地域に行きたいけどさ。


なかなか上手く伝えたいことがまとめられてない気がするけど、本当に皆には申し訳ないという気持ち以上に感謝してる。本当にありがとう。たくさん音楽が溢れてる中で、俺たちを愛してくれてありがとう。


もう少しの期間、俺たちは全力で走るから、ついてこれるだけついてきてくれ。


最高の夜に忘れられない思い出を俺たちで作っていこうね。




RYOSUKE

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。