みなさん こんにちは

 

今回は、なんと先日1泊2000円以内で宿泊したサービス満点のマドリードのホテル「サンゲート ワン」のお話です。

 

こちらの宿泊施設は「ゲストハウス」と言われるカテゴリーで、お部屋は共同部屋。

 

ホテルを選ぶ時の基準は、立地の良さと、ウェブサイトの評判のよさでした。

 

館内には近くにある「プエルタ デル ソール(Puerta del Sol」に置かれているマドリードの紋章にも描かれているシンボルの熊の像のレプリカまであり、ちょっと笑ってしまいました。

 

 

これ、ほぼ原寸大なんだけど、どうやらスタッフで作ったみたいです・・・。

 

館内にはお金をかけていないけれど、手作りでマドリッドの様子や特徴が描かれていて、とってもアットホーム。

 

 

詳しい情報は、「たびねす」http://guide.travel.co.jp/article/25071/激安なのに食事つき!マドリード・ゲストハウス「SUNGATE ONE」をご参照ください。

 


いつもご覧くださり、ありがとうございます。
 

AD

みなさん こんにちは

 

今回は先日宿泊したまるでお城のようなお部屋を持つ、ホテル 「エス ポルタル(Es Portal)」についてお話します。

 

このホテル、スペイン・カタルーニャ州の「パルス(Pals)」という街にあるのですが、16世紀の農場主の邸宅を改装して使用されており、建物自体が石造りで、まるでお城のような雰囲気。

 

一番感動したのはこちらのお部屋からの風景で、写真のように「パルスの旧市街」が幻想的に展望できました。

 

 

お部屋の中は石の風合いで落ち着いた雰囲気。

 

バスルームまで石の壁で、それがとっても気に入りました。

 

 

各階にとても広いサロンがあり、宿泊者は自由に使用が可能。

 

 

3階にはドリンクバーが設置されており、本格的コーヒーや種類豊富な紅茶など、滞在中自由に利用できます。

 

 

昔馬小屋だったところを改装した「バー(Bar)」も雰囲気が良く、とっても落ち着けました。

 

 

天井の縞模様は、藁で付けたそうです。

 

カッコいいですよね!

 

 

地産地消がモットーのレストランが成り立っているのは豊富な食材があるから!

 

絶品の自家製キャロットケーキは、甘党でない私でも購入したくなるほどの美味しさでした。

 

自慢の作物はお米もそう!

 

6種類ものお米を生産しており、中には「あきたこまち」も含まれていました。

 

 

 

 

詳しいことは「たびねす」http://guide.travel.co.jp/article/24757/”スペインの美食ホテル「エス ポルタル」でお城のようなお部屋にステイ!”をご参照ください。

 

 

 

いつもご覧くださり、ありがとうございます。

 

 

 

AD

みなさん こんにちは

 

今回はスペインで販売中の気になる食品を紹介します。

 

まずは発見したとたん、思わず購入してしまった「黒トリフ味のポテトチップス」。

 

 

挿絵には黒い粒粒が描かれていたので、「黒トリフパウダー」が振りかけられているのかも!と、淡い期待を抱いたのですが、残念ながらトリフオルが使用されており、確かにトリフの味はするけれど、少々オイリーな風味が強かった・・・・・

 

 

そしてこちらは、スペインでは定番のおつまみ(お菓子)、豚の皮のチップス!

 

 

これに目のないスペイン人は多いそうですが、残念ながら私は試す勇気がありません(味が報告できなくて、ごめんなさい)

 

チップス類はいろんな味があるのですが、今日目に留まったのは、「ナチョス」

 

「野菜チップス」

 

「パプリカ味」

 

 

ヨーロッパの「ポテトチップス」は若干厚切りで、ジャガイモを食べてる感がありあり!

 

だから食事時に食卓に乗ることも珍しくないんですよ。

 

 

いつもご覧くださり、ありがとうございます。

 

 

 

 

AD

みなさん こんにちは

 

スペイン・グラナダに「キリスト教のバー」があるのをご存知ですか?

 

グラナダは宗教行事が多い場所ですが、それを信仰している熱心な信者もたくさんいます。

 

 

この写真は「セマナサンタ」の山車の写真。

 

エル リンコン デル コフラデは、そんな信者さんが集まる憩いのバーなんです。

 

詳しいことは「たびねす」http://guide.travel.co.jp/article/22528/

「夜中の12時に厳かな儀式が!?スペイン・グラナダのカトリックバー「エル リンコン デル コフラデ」に掲載されています。

 

 

 

 

 

いつもご覧くださりありがとうございます。

 

みなさん こんにちは

 

今回は、スペインのカタルーニャ州にあるレストラン「パイッサ デル マス ポウ」で、頂いた「モダンカタルーニャ料理」のお話です。

 

「モダンカタルーニャ料理」とは、地元の新鮮な海の幸・山の幸を使用して作った、型にはまらない斬新なアイデアを用いたモダンなスタイルの料理のことなのですが、フランス料理の影響も強く受けており、そのセンスとお味は一級品。

 

初めて行ったのですが、感動しました。

 

この地方はお米の産地で、6種類ものおコメを生産しています。

 

なんと「あきたこまち」も生産されているんですよ!

 

そのお米を使った「アミューズ」のこちらの一品は感動モノでした。

 

 

多分揚げているんでしょうが、油っぽく無くて、どちらかというとおせんべいの風味。

 

海藻の風味がふわーと口に広がり、日本人でなくても美食家の人は絶対に感動すると思いました。

 

詳しい話は「たびねす」http://guide.travel.co.jp/article/24699/

至極の”モダンカタルーニャ料理”を堪能!スペイン「パイッサ デル マス ポウ」でご紹介しています。

 

前菜のスープも芸術作品で、味わいが本当に深くてこれにも感動しました。

お魚料理は、ソースが美味しくて、添え物とのバランスもちょうどよかったです。

お肉料理のステーキが柔らかくて、ほろっほろ!!!!

 

 

 

カタルーニャ地方は美味しいワインやシャンパンの産地で、地元産のお酒「シャンパン・白ワイン・ロゼワイン・赤ワイン・デザート酒」を、5杯も飲んでしまいました。(まじ美味しかった!)

 

 

コースに含まれていないお米料理(パエーリャ)も、特別にサービスしていただいたのですが、この具が入っていないように見えるお米は、魚介の旨みが濃縮されたスープで炊きこまれており、超美味!上に乗ったパラモス産の海老の日の入り具合も完璧でした。

 

 

バルセロナから少し遠いけれど、アクセスは中距離バスで便利な街「Pals パルス」にあります。

 

「パルス」の街については、先日の私のブログでご紹介しましたが、「おとぎ話に出てきそうな可愛い村」。

 

観光と合わせて是非ご利用くださいね!

 

 

いつもご覧くださり、ありがとうござます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん こんにちは

 

2月28日は、南スペイン「アンダルシアの日」

 

息子の学校は月・火・水と休みで、金曜日には毎年恒例のアンダルシアの朝食を子供たちにふるまうため、学校にお手伝いに行ってきました。

 

用意したのは20KGの生ハムと、フレッシュオレンジジュース

 

アラブ系の子供たちのために、チーズとオリーブオイルの砂糖掛けのサンドイッチも用意します。

 

 

幼稚園から小学6年生までの全校生徒のサンドイッチを30人の父兄で、3時間かけて準備

 

 

生ハムがのどに引っかからないように、小さな子供用にハサミでチョキチョキ切ったり、手で裂いてみたり、結構楽しい作業でした。

 

 

結局何個作ったのかは数えませんでしたが、子供たちもお代わり自由。

 

勿論先生達にも用意し、ちゃっかりお手伝いした私たちも頂いてきました。

 

質の良い「生ハム」で、「パン」も美味しく、いい思い出になりました。

 

 

この子はまだ幼稚園に行かない小さな子ですが、幼稚園児の中にはフラメンコの衣装を着た女の子や、民族衣装を着た男の子もいて、お祭りの雰囲気を楽しんでいました。

 

 

仮装していない女の子でも、髪には櫛を指し、それだけでも雰囲気が出ますよね!

 

 

訪問に来ていた市長さんとわが子はちゃっかりツーショット撮影!

 

 

息子のクラスの子が集まってきて、最後は市長さんと記念撮影をすることに。

 

 

市の広報紙の紙面を飾るのでは?とみんな噂していました(笑)

 

 

 

 

 

いつもご覧くださり、ありがとうございます。

みなさん こんにちは

 

用事があり、バルセロナまで出かけてきました。

 

時間に余裕が無かったので、移動は全部車~

 

たまたま通過したルートに闘牛場を2つ発見しました。

 

 

こちらは卵型のタイルが可愛いですよね。

 

町全体、「ガウディー」や「ダリ」の影響を強く受けている気がします。

 

 

こちらが2か所目の闘牛場。

 

バルセロナの中では、一番郊外にあります。

 

実は、もう一つ、今ではもう闘牛では使用しなくなった場所が、スペイン広場方面にあるんですよ。

 

バルセロナは「アンチ闘牛派」が多く、闘牛をかたどった「オズボルン社」の看板なども昔かなり破壊されたのですが、闘牛場は3つもあるんですよね・・・・・・

 

 

遠目に「サグラダファミリア」の工事現場を目撃!

 

機材を入れて着々と建物が出来上がるのは良いのですが、昔を知っている私の個人的意見としては、今の「サグラダファミリア」は、ガウディーが作ろうとしていたものとは違うような気がするんですよね・・・・・

 

 

どんなに美しい建物が急ピッチで出来上がっても、ガウディーが「ノミ」を使って仲間とコツコツ作り上げた建築物にはかなわない・・・・・

 

でも、そうは言っていられないのが世の中なんでしょうね。

 

 

 

いつもご覧くださり、ありがとうございます

みなさん こんにちは

 

最近スペインのグラナダも、少しづつお洒落になってきました。

 

以前は街を歩いても売っているものは昔ながらの見慣れたものばかりだったのに、最近では日本で目にするような光景も。

 

昨日お散歩していたら、新しくできた「チーズケーキ専門店」を発見!

 

 

専用のケースに大切そうに飾ってあるケーキは手作りの様で、お店はこの商品1つでした。

 

 

よほど自身がありげな店構え・・・・・

 

 

いつか頂いてみようと思います。

 

ちなみにグラナダの大聖堂の裏手にある小さなお店です。

 

 

 

 

いつもご覧くださり、ありがとうございます。

みなさん こんにちは

 

昨日グラナダにはサハラ砂漠からすごいお土産が届きました。

 

それがこの状態なんだけれど、意味わかりますか?

 

 

そう、大気中にサハラ砂漠から来た砂が蓄積し、雨が降った時に全部地上にその汚れが降りて来たのです。

 

我が家の庭も真っ白になりました。

 

 

一度油圧式ホースで水をまいたのですが、乾くと真っ白になり、汚れはとっても頑固!

 

洗剤をまいて掃除してもちっともきれいになりません。

 

サハラの砂のきめの細かさに少なからずもイライラする私・・・・・

 

強敵現るです!

 

2度降った雨でこの状態だったので、もう大気に砂は残っていないはず・・・・・

 

どうかこの状態から早く抜け出せますように!

 

 

 

いつもご覧くださりありがとうございます

ドラえもんじゃあないよ!

テーマ:

みなさん こんにちは

 

皆さんはこれを見て何と言いますか?

 

 

私は「ドラえもん」!と言ってしまったのですが、

 

東京「虎ノ門ヒルズ」のキャラクター「虎えもん」!

 

ドラえもんと同じ種類なので土台はそっくり!

 

でも、ホワイトタイガーで、耳もちゃんとついています。

 

同敷地内にはこんなオブジェもあり、アートが溢れています。

オフィス街にあり、ベンチが充実していてお昼休みに休憩するのにすっごく便利な都会のオアシス。

美味しいレストランもたくさんあるんですよ。

 

 

 

 

いつもご覧くださりありがとうございます。