YOUTUBEもFACEBOOK遠くにいる人と人とをつなぐが、失われた過去ともつないでくれる。{02A99BCA-AF59-48D5-A653-DCC729673838}
おれたちの世代は「戦争を知らない」というが、親達からは戦争のことをいつも聞かされた、両親も昭和生まれでおれたちも昭和生まれながら、戦前と戦後で大きく違うと言える。

日本では昭和や平成で時代を分けるが、それは天皇陛下のおられる国だからこそで、海外にはない。
それで昭和は遠くなっていくが、テレビにずっと追いかけ回された世代とも言えるだろう。
今ではネットが台頭してテレビの時代は終わったと言える。
ただこの媒体がもたらしたものは数知れない。
その代表がアニメであり、「俺は男だ」から始まり、「とびだせ青春」だとかなんとか青春というものが素晴らしいとしっかり言われてきたと思ったら、俺らの後はすでに少子化に入ってしまったのか、後の世代のケアはされていないように見える。
そりゃあまあ、ベビーブームであの頃は日本は子供で、若者で溢れていた。

そう、おれたちの世代は日本の時代だった。経済発展を親父達の世代が作ったのだとしたら、おれたちは日本の文化最盛期だったと言える。



AD

真実を発見する海外生活

テーマ:
海外に住んでいると日本以外では、人が間違ったら言い訳をするのが当たり前のようになっている。それを見ると日本で生まれ育ち、そういう事をするのはダメな事だと教えられてきてよかったと思う。海外から日本を見て初めてその良さがわかるのだ。
武士道は美しいすぎる。そして自分の非を認めると切腹をし、祖国を守るためならたった一つの自分の命を投げ出す。
要するに「イサギがいい」わけだが、この美学は海外では損をしてしまう。
だからと言って朱に染まれば紅くなると言うのではない。それでは大きな価値のあるものをみすみす捨てる事になる。
大変困難なことではあるが、周りが「言い訳文化」である事を認めつつも、「イサギよき文化」を巧みに使いきり貫くことである。
そうすると、どこの国でもそういう高い精神を持った人は人の上に立つ人ほど保たれていることに気付くだろう。
周りに影響される弱さを乗り越え周りに影響を与える信念を持とう。

これが私が海外に住むことになった理由の一つで、海外生活で得たことである。
AD
まず中国、こう呼んでいるのは日本など漢字を書く国々が主であり、東アジアでは、あの国が世界の中心であるかのように思わせらる。
欧米のローマ字で書く国々では日本の支那にあらるChina Cinaをそれぞれの国の読み方で呼んでいるだけだ。
そもそも始皇帝がつくった秦から取っているわけで、かつての偉大な帝国の名前なのだから、悪い意味は全然ない。
まだましなのは「北朝鮮」と言う名前。
ちなみに欧米では、KOREAは高麗から。
韓国と名付けたのも「大韓民国」というフルネームを暗示させる。
自分たちが好きな名前をつけられるのだから、我が国も「大日本帝国」を維持していたらよかったのである。
AD

殺されるな、生きろ!

テーマ:

ここのところテロが頻繁に起こっている。

一体どんなテロが、日本で、世界中で起こったかをみようとネットで調べるとあまりにも多すぎて書く気もしないが、テロにも種類があることがわかった。

宗教過激派

民族主義

左翼過激派

右翼過激派

同和団体

国家テロ

白色テロ

赤色テロ

黒色テロ

緑色テロ

エコテロ

 

こんなにあってわけがわからない。しかし無差別にただそこに偶然いるというだけで殺されるなんて卑怯な集団でしかない。

 

そして陰謀論、都市伝説、秘密結社というワードが飛び交う今日この頃、一見無関係と思える報道という点と点をつないでみると、たしかにある輪郭が現れる。

 

それが誰なのかを決めつけるには早すぎるが、大きな権力に動かされていることは確かだ。その権力には莫大な資金によって動かされているその下にあるのが我々がよく知っている権力者たちなのだ。

 

トランプ大統領が、シリアへの攻撃に続き、北朝鮮への軍事行動へ動き出すシナリオ通りの事件がすでに起こっている。

現代社会で紛争が起こった場合もっとも恐れるべきことは、核ミサイルおよび世界各国にある原発。表向き電気エネルギーを作る施設ではあるが、実はこれを持っていることで他国は脅しにも使えるのである。

 

まるで子供のころに読んだSFの小説やまんがでの出来事がすでに現実社会で起こっている。

 

人はいずれ死ぬ。しかし無実な人々が、ある日突然自分とは無関係なことに巻き込まれて無残な死に方をするのは悲しいものだ。

自分勝手な人類が地球上で爆発的に増えていき、多すぎるから人口削減にあの手この手を使っているとしたら、それこそ自分勝手な生き物だ。もしかしたら、世界中の大部分を占める一神教の宗教は、対立し争い殺しあうための必要悪ではないかとさえ思えてしまう。そしてこの地球を汚染して、使い果たして住めない星にしてしまうのか。

我々一人一人に与えられた使命は、わずか百年にも及ばない人生で、何を考え、世のために何ができるかを常に考えることではないだろうか。

 

歌は生きている。

テーマ:
小学校高学年から高校は別々であっても、一番頻繁に会う友人がいた。こう言うのを親友と呼ぶのかどうかわからない。社会人になってまもなくの27歳の頃白血病で死んだ。その時オレはもう海外での移住を始めた頃で、帰省した時会いに行こうと電話をした時📞彼のお母さんから知らされた。

そしてオレのイタリア生活が27年を超えた今、なぜか彼が聴いていたRCサクセションのトランジスタラジオ📻をYOUTUBEで聴いていた。考えてみると、この歌の作詞者で歌手の忌野清志郎さんも亡くなったのだ。

Woo授業をサボッて
陽のあたる場所に いたんだよ
寝ころんでたのさ 屋上で
たばこのけむり とても青くて

内ポケットに いつも トランジスタ・ラジオ
彼女 教科書 ひろげてるとき ホットなナンバー
空にとけてった
ああ こんな気持
うまく言えたことがない ない

オレの出身地は裏日本にある。
日本列島は太平洋側は気候もいいが、日本海側は冬雪が降り、そのため道はクルマも人もゆっくりとしか進めなくなる。
しかも丹後は半島で幹線道路や鉄道の開発は進まず、時代に取り残されたような秘境なのだ。

{AA052A11-CF68-4AD6-A66E-69CB3AE9F6E3}

若者は高校を卒業したらあの土地を捨てて出て行くのが普通になっていて、誰も疑いを持たない。
多くは京都、大阪あるいは神戸辺りに仕事について、家庭を持ち、生まれ育ったあの土地のことは忘れてしまおうとする。
若い頃やはりオレもその一人だった。
結局海外のイタリアくんだりまで来て定住してかれこれ27年にもなるのだから、あの土地を出て行く人たちを責める立場にはない。

たとえば大阪へ出て行って住んでみたとして、いろんな地方から来た人たちがいて、同郷人との絆が強いのをみたとする。大阪のどこかで地元の人ならすぐそこで生まれ育ち、簡単に同級生と会ったり出来るのをみたとする。
おそらく丹後の人間と出会う確率は少ないだろうし、出会ってもそこで慰めあっているのが惨めに感じるものだ。

両親や家族が住む丹後に戻って大都市で生活したことを生かして生活を始めたとしても、負け組だとか、都落ちだとか、ようするに田舎を悪と決めつけてる考えが周りにも自分の中にも芽生えがちなのだ。

ちなみにイタリアでは、お国自慢の国だけに自分の生まれ育った町、家族を大切にする。
だからこの国は発展の仕方がちょっと違うかもしれない。
ただ、生きるために必要な大切なことを教えてもらったような気がするのだ。