出生率は国力

テーマ:
{0F1D9701-6DC5-4AAC-8EB6-16EBA74F9578}

{75C0BCB9-EEC4-4273-B61B-18114EB27F16}

僕が歴史を知って一番感心するのは、古代ローマがどのように発展し、多民族と同化し、同じ価値観を共有しながら「帝国」となってから、西ローマ帝国の崩壊まで実に五世紀も存続し、古代において平和的なグローバリズムとインフラ整備が行われたことである。しかもその最大時の総面積は5.000.000平方キロメートルであるが、紀元前25年時点で五、六千万人程度であった。

時は変わって我らが大日本帝国の最大時総面積は675.000平方キロメートルとかなり小さいとは言え、総人口は九千万人を超え一億に近づいていた。

{DCA4F5C5-40FA-42A1-8452-7CE545D30064}

{0904BCD5-62E2-475F-BEB9-FFB8429896A3}

ちなみに今現在の領土の大きな国家を小さい順に見ると、

中華人民共和国 9,597,000平方キロメートルで
アメリカ合衆国 9,834,000平方キロメートル
ロシア共和国 17,100,000平方キロメートルとなる。

今日、先進国では少子化、高齢化になり、外国人移民の方が多くなった時点でその国は乗っ取られてしまい、これまでのように戦争で領土を奪うのではない方法で戦わずして敗れるということになってしまう。

先進国だと言われ消滅しつつある国では、性が商業化されて子孫を作ることは面倒だとか、とてもやっていけないというシステムに組み込まれている。

冒頭で触れたローマ帝国では、市民が子沢山であることを奨励したが、彼らが征服した土地に植民都市を建設し、ローマ市民の軍団をそのまま入植させ、彼らが現地の女たちと結婚して混血の子孫を残すことをも奨励した。

我らが帝国も理想を持って建設しつつあったとしても、時代に対応していなければ、世界は受け入れない。
ただ、この21世紀に入ってようやく時代が世界の雛形日本を見直し、そして見習い始めてきたようなのだ。
今、我々は何をしなければならないか、日本人一人一人が使命感を持って社会に働きかけるべきであろう。
AD

生存の価値とは?

テーマ:
この世で生まれたものはいずれ消滅する。二千年も三千年も昔に生きた人のことでも、この時代にまで影響を残した人なら、まだまだ語り継がれて行くが、そうでない我々凡人は生きているこの時代でさえ、人知れず生き死んで行くのである。🏃

人はこの世に何を残せるだろう。植物、動物そして人類らのいかなる生命体でも営んできたのは、生殖活動であり子孫を残してきた。

動物の中でもいろんなタイプのモテ方がある我々人間だが、男ならお金がある、カッコいい、性格がいい、権力があると様々だが、要するに自然界と同じで「より生存率が高い」男性に女性が魅かれる本能を我々は持っている。
美しい女性が男性の注目を浴びるのも、美しい自分の子孫を残したいという本能なのだ。

{FC0D5559-04ED-46F2-AECA-C20EB860EB40}

人が死んだらその本人の記憶はどこへ行ってしまうのであろう? SNSやブログで書いたものは残るだろう。この世に残っている人には、特にその人の息子娘には、より深く残るものだ。だからこそ人は異性を愛し、親と子も愛するのがもっともいいことであり、自分を愛せると同じことになる。

さらに人としてやらねばならないことは「社会に貢献するか」ではないか、と考えている。

AD

世界がイエスというリーダー

テーマ:
やはり海外に暮らしてより鮮明に見えてくる世界最強日本天皇の権威。
この懐中時計は、ミラノの地下鉄Ⓜ️のある駅のキオスクにぶら下がっていた複製品だが、日本天皇家の菊紋と言うことで作られたものだ。

{4E97090B-F0F4-4B4F-AE84-CD4874D2C4E8}

{9ACEFDE2-9238-417F-9522-3E6B4AD05ABD}

世界の王家にも125代も続いている君主はまずいない。世界最大の宗教であり、各国の政治にも影響を与えているカトリック、その総本山バチカンには、ローマ教皇がいる。
ある人は、日本の天皇とはまるで別の世界の人だとするが、私はそう断定しない。
日本の天皇もまた、日本という国に深く入り込んでいる神道の頂点でもあるからだ。
ここイタリアのローマが軍事力で制服を広げ、長く平和を持たしたローマ帝国が衰退する頃この宗教は帝国の国教となり今日まで続いている。
教皇は266代目になる。

{B8FEC5A5-F1F0-45A0-9AF7-55606C96D22F}
金によって権力を得て、戦争に勝ち続けることで、新世界秩序となったのが、世界銀行家でもあり、世界皇帝と言われる影の権力者たちだ。
今この時代で一番存在感があるのも彼らだし、第二次世界大戦の結果ではアメリカを一人勝ちさせた人たちであるのは確かだろう。

{8252A540-D250-4CCA-942D-1FA88A13544B}

だが私は、我らが日本天皇と大和民族が不死鳥のごとく再び立ち上がり、戦争によってではなく、新千年紀のメンタルな戦いでは本当の秩序と平和を持たしてくれると予言するのである。


AD

世界はとにかく繋がっている

テーマ:
よほど見ぬふりをしても、関心のない人でも、世の中がこうも変貌していることに気がつかない方がおかしい。
ミラノから南南東に50キロの小さな村に住み始めて10年以上が過ぎたが、ミラノの仕事場まで通う電車の無人駅、平日にはいるイタリア人は通勤しない今日、日曜日は黒人しかいない。
10年と言わずほんの数年前にはこれほどの黒人はいなかったのに。

{7F4AB279-295C-4954-8B7F-C4533F7D72BE}
フェイスブックを見ると日本の過労死の記事が。
写真で通勤電車内映って入れば、乗客がアジア人だというだけでなく一目瞭然に日本だとすぐにわかる。
日本人がもともと働きすぎる民族と言って片付けてしまえる問題ではないのはもちろんだ。
しかし我が国の現状を、じゃあ海外から見て見ると? 👁 あるいは150年前、100年前、50年前という違う時代から日本を眺めて見ると?👀

この国がなぜハイテクの方向に向かったか。自殺者が大量に出る国になったか。高齢化も少子化も、この謎を解く鍵🔑、それはアメリカとの戦争だ。

{4E5D4EF1-F119-44B0-A9F0-5CDFD7428E2F}

ただしアメリカそのものも、影の力に利用されているわけで国全体を悪者にするべきものでもない。

陰謀論を取り上げると拒絶反応を示す人がいるのは、都市伝説とかが面白おかしく取り上げているからだが、マスコミの報道を鵜呑みにするよりはより真実が見えてくる。そのためにも検証された事柄を慎重に拾い集めていくべきである。

{515B2C6B-08EE-4C16-9C75-519B53FF93D0}

{AD15A5F8-AB6B-4F5F-BF63-FC553C4635F2}

一度世界の反対側から事実を自分の目で直視すれば、より鮮明に見えないものが見えてくるのである。

残り物で納得料理

テーマ:
仕事上すし飯が常に余る。ある時は3日くらい続く。
家庭用にチラシ寿司などに作り変えることもあるが、お茶漬けにするときもある。ただし、もともと寿司用だけにちょっと酸っぱいのは我慢しなければならない。

{CB9A7DD5-42D6-49BF-AD71-33ED5DBF6DF3}

気分転換に「焼き飯」にしてみた。作りながら考えたのだが、最近はネットのおかげで確かにレシピが簡単に入手できる。しかし、残り物の材料でどうやって美味しい食べ物に作り変えるかと言うのは、何と何を組み合わせたらこうなるかという経験とカンによるところが多いわけで、そもそもレシピというものは、キッチリとした数字を書かずにはできないもので、それだと型にはめたようなつまらない味になるものなのだ。


{1B16697F-D72E-4C61-B9BA-E84D4EB3CB96}

あくまで自宅で自分自身が納得して食べるものだけに材料はここ時に冷蔵庫にあったキャベツと卵だけ、広東風だとかそう言う定義なし、カレーパウダーもちょっと入れる。もともとすし飯には昆布の味が効いていて、さらに粉末の本だし、これでグルタミン酸とイノシン酸の旨味バッチリ👍で、期待以上に満足な昼食であった。