住んでいる国のことを知る。

テーマ:
イタリアに住んで10年目を迎える頃から目に見える現代のイタリアのところどころに残る「なにか」に興味を持ち、それが「古代ローマ」「ローマ帝国」であることを知り、イタリア各地の課題の遺跡に興味を持ち、そしてイタリアで出版されている古代ローマ関係の本を読んだあと、塩野七生著の「ローマ人の物語」(新潮文庫 全43巻)を、日本に帰国するごとに少しずつ買って、全部読んだ後、2回目また読んでいたのだが、この続編として「ローマ亡き後の地中海世界」新潮文庫 全4巻が出ているのを知り、今回の帰国で4冊買ってきた。

「ローマ人~」を全43巻読んだ後、イタリアに住んでいることを利用して、ローマ人の子孫がどれだけ変わったのかをイタリア人たちを通して観察していると、彼らは先祖のローマ人と正反対の生き方をしているのがわかった。西ローマ帝国が崩壊してから現代までのイタリアの歴史もあらゆる本で読んだものの、イタリア人らが書いたものは主観的で屈辱的なことは控えめであり現実をしっかり見据える洞察力が欠けるように思い、また、この塩野先生の詳しさに慣れたのかやはり読んでいて楽しい。





読んでいくうちによーくわかったことがある。

西ローマ帝国は476年に崩壊している。313年(ミラノ勅令)から宗教の自由が保障され、実際はキリスト教が国教になる。

610年頃唯一神(アッラーフ)の啓示を受けたと主張し、アラビア半島でイスラーム教を始めた。(当時彼の教えを信じたのは200人ほどだった)

この間200年地中海の支配者の空白状態ゲルマンの蛮族がイタリアを支配していた。

つまり初期キリスト教を信じるヨーロッパ人は、侵略者に対して抵抗も出来ないと洗脳された状態で、一信教キリスト教の布教に熱心だったコンスタンティヌスは反逆者に脅かされることなく統治し、自分はコンスタンティノポリス(現イスタンブール)の町を建設して、そのまま東ローマ帝国がのちのビザンチン帝国として1453年まで持ちこたえる。
つまり東は西より先年も長く持ちこたえた。

ようするにイタリアや西地中海は、イスラム教が北アフリカで広がってから先年はサラセン人から財産は強奪され、人は拉致され、北イタリアで奴隷として死ぬまで重労働させられた不幸な人たちが絶えなかったのだ。

中世の初期はほぼ無抵抗なキリスト教徒をいいことにイスラムでは異教徒には何をしてもいいと海賊行為でやりたい放題。暗黒の中世を過ごしたのはヨーロッパだった。

北と中部イタリアで都市国家が乱立し、イタリア統一までそれぞれバラバラであったのが、それまでの経緯がよくわかった。

地中海の覇者だったローマ人、つまりイタリア人たちは、帝国(西ヨーロッパ全土、北アフリカ、小アジア)のどこへ行っても敬意をもたれていただろうし、征服した領土にローマ人の男たちが現地の女たちと結婚して住み着く植民地を建設していた。
この時点で、イタリアの男たちは、外国の女たちをものにする征服欲をもち、それは彼らのDNAにも組み込まれている。

ところが、中世に入って、北からはゲルマンの蛮族が、南からはセラセン人が男は奴隷として、女はイスラム教に改宗させハーレムで奉仕させられた。

「イタリア男はプレイボーイ」というけど、日本で別の歴史別の文明圏に生きる我々が理解し得ない非常に複雑な精神構造を持っていると言える。
AD

居場所

テーマ:
今年も日本の実家に帰り、いつもどおり実の兄と飲んではいろんな話をした。
13歳の息子も一緒に来ていたので、彼は兄からギターを教えてもらい始めた。
兄がいない昼間は、兄が「これを使え」と置いていってくれた二つのグローブと硬球で私は息子とキャッチボールをやって過ごした。

まず野球そしてギター、このどちらも私はなぜかできない。私も兄もお互いに50を過ぎてすっかりわすれていることだが、私がまだ幼い頃、兄は3つ年上で、当然どんなことでも私よりも前に覚えた。私も彼が一つ一つ覚え始めた頃同じように覚えたかったが、なにぶん歳が小さいとどれもうまくできない。それでも兄が兄貴らしく親切に教えてくれたらよかったのだが、彼には「独占欲」というものがたいへん強すぎるのか、もちろん彼が大好きな野球も、つりも、ギターも、それから大きな町に遊びに行って洋服などを買うことも(私は彼のお下がりばかり着ていた)彼がやりたいことは、私がやる前に取り上げられた。
幼いうちから私は何もやることが出来なくなってしまったのだ。

もうこんなことはすっかり忘れていたのだが、兄が絶対に教えてくれなかったことを今、私の息子に教えてくれている。
その光景を見ながら「こういうことを私にも『兄として』やってほしかったな」と思ったからだ。

兄が私がギターをどのくらいまで知っているかを聞いたときだったと思う。
私は兄がやっていることはなぜか苦手なんだというと、彼には面白い理論があって、兄弟というのは似ているものもいれば、まったく正反対なくらい違うものもいる、それは「全滅しないための自然の摂理」だそうだ。

今だから冷静に考えられる。彼にも苦手なことがある。子供の頃から「絵を描くこと」が苦手で、その分私が得意なことだった。
そして大人になってからわかったことだが、彼は「女性とつきあうこと」も苦手のようだ。
それが兄自身が言う「絶滅しない自然の摂理」なのかもしれない。なぜなら兄は未だに独身のままで子はいない。

別の日に同級生ふたりと飲み行ったとき、もうひとりの同級生と東京で会ったときに、もう一人いた若い友人に私のことを「こいつのお兄さんが怖い人何や」と説明している。こんな場所で関係ない、それにそういう時代は終わったとばかり思っていたのだと、ふたりに話すと、なんとこのふたりまでもが、我々の中学卒業式に、ある不良高校生が卒業生の一人を呼び出して、それが恐ろしい彼が呼び出されたところに一緒に来てくれということになって、人数はどんどん増えてたいへんなことになったことがあった。そのときに割り込んで喧嘩を止めたのが私の兄だったそうだ。
実は私は、彼らがそれを話しているときにはそのことをすっかり忘れていた。翌日になって思い出したのだが、そういえばそうだったのだ。
しかし、私の居場所はあの地方にはぜんぜんなかったのだ。
そして私は大阪に出て行くことを決める。そこに兄がいたというより、社会人として京都かどこかで活躍しているだろうということだった。地方から大都市に行くだけでは彼から自由になれない。

そうして彼が興味もなく考えが及びもしないヨーロッパにまでやってきた。
ここでやっと自分の居場所ができたのだ。

今から10年以上だが、兄は失恋から仕事も何もだめになってしまい、それ以来実家に帰って両親とは荒れていて、酒ばかり飲んで仕事も失敗ばかりだということを聞いた。
彼がどんどん下って行く犠牲のもとに私の幸福があると考えれば申し訳ないが、自分の人生は、幸せは自力でつかむべきだと思う。

そんな兄弟ふたりは一緒にいて助け合うことは出来ないだろうし、お互い考えたこともないだろう。そこには二人分の居場所がないのだから。
AD
オレがヨーロッパにやってきたときは、まだ日本は昭和だった。昭和天皇が危篤で、イタリアやスペインをバックパッカーの旅行中だったオレは、英語や現地の言葉で書かれている新聞で昭和天皇が崩御されたことを知った。

海外に出てきてから日本のことをほとんど知らずに過ごした時期あった。
最近YOUTUBEを観ているおかげで、27年ほどの知らなかったことをやっと埋め合わせてきた。

あの頃テレビでは「おれたちひょうきん族」が全盛期で、たけし、タモリ、さんまがビッグだといわれていた。
お笑いでは、それ以前には「欽ちゃんの~」番組が視聴率を誇っていた。
YOUTUBEでたまたま野口五郎の出演する番組を観た。彼はアイドルとしてはじめて「カックラキン大放送」のコントにレギュラーで出演した。

オレはあの新御三家もその中でもちょっと地味な野口五郎が嫌いでもなかったが、別にいいとも思っていなかった。それが芸能生活がそれ以前の年数の倍になっている彼がすごくいいやつだと感じるようになった。前はあまり興味なかったが、ウィキペディアのおかげで誰でもそのプロフィールをみて出身地も生い立ちもわかる。彼のビデオで研なおこを自分の故郷の案内する番組を観て、この岐阜県美濃市っていいところだなあ。
研なおことも仲がよく、こんな友人がいるといいな、と今の歳になって見方が大きく変わった。
野口五郎は、もともと音楽が好きで個人のスタジオを都内にもっていて、そこでこもりっきりになるそうだ。そしてギターをはじめどんな楽器でも自分で演奏して、おまけにそれはパソコンを使ってミックスしたり人の声で歌わせたりということもできるそうだ。

オレの出身地丹後は、あまりにも違う方言が混在している。現与謝野町は、不思議にも名古屋や岐阜の中部一方の方言に似ている。実はそれがあまり好きではなかった。
当時は関西と関西弁がお気に入りだったが、それも興味なくなった。日本にはもっと観るところがあるからだ。

特に戦後昭和に登場したものが今でも続いているものは多い。
廃れることない人気のドラえもんをはじめとしてたくさんのマンガもそう。
まだまだ活躍されている昭和の歌手たち、松田聖子、中森明菜、郷ひろみ、西条秀樹などアイドルで登場した当時は、マスコミの商業主義がもう、うるさくてうるさくてとてもいやになったものだ。
「歌手になりたい」と思って芸能界入りしている本人たちはそういうミーハーではなく、周りがキャーキャー騒いでいるわけで、そういう時期を過ぎ、生き延びてきた芸能人たちにやっと魅力を感じる。

矢沢永吉は、もう人生の師匠のような人だ。
「成り上がり」を読んで、電車に乗ってバイト探ししたくらいだ。
当時自分は歌手になれるわけではないと思うゆえにそういう人物を忘れ始めたんだ。

この歳になると、別の人生を歩んできて、また音楽に生きてきたその人を見ると「彼はあれからどうしていたんだろう?」と興味をもってビデオを探してしまう。
栄ちゃんはやはりすごい人だった。もう彼の歌はあまり聴かないがその生き様が好きだ。


みんないい歳になってもオレたちの青春時代のアイドルがまだまだ健在なのにあとの世代に続いていない。いや、いるんだろうがこれらのいい歳の歌手、俳優、アニメのほうがぜんぜん色褪せてない。


日本は高齢化している。そして少子化だ。日本自身が歳をとっているんだろうか。もう若返らないんだろうか。そうだとしたらちょっと寂しい。

AD