日隈葉子's official blog

神戸市出身ソプラノ、日隈葉子のブログです。

La vie an rose.

テーマ:
ボエームの写真が送られてきました~~!
素敵な写真がたくさん!感謝感激!

ロドルフォのアリア「なんと冷たい小さな手」から。
{8BF40DF5-AD91-4A24-9503-536CE9433943}
このめっっっちゃ難しいアリアの中で、声、表現はもちろんですが、詩人に相応しい端正な身のこなしで出だしからお客様を魅了していました。
{75F9EB57-4086-42D9-A6FC-8978DCFA5D6F}

{759CDFEC-F2D0-4647-A4E4-431DB8B986D7}

{0652BA13-1142-464D-98FC-ACA57C370EBB}
何気この作品の中で1番好きな曲(私歌わないですが笑)。瑞々しい声が活かされ情感たっぷりに歌っていらしたのを聴きつつ涙を堪える私。あの瞬間の記憶について色々書きたいのですが終わらなくなるので割愛します。笑


ミミのアリア「私はミミと呼ばれています」から。
{2C1D9A8C-551C-43CD-A3D6-C9DFBCED2872}
とっても緊張感のあるアリア。本番も心臓が破裂するぐらい緊張した~!


いちばん楽しかった2幕。薔薇の帽子は最初で最後のロドルフォからのプレゼント。
「ど?可愛い?」「おっ、ええんちゃう」
{6A351832-EA8E-40A2-82C6-9EBD023373B6}
ミミを口説くイケメン。
{FA2D2BEA-E0CB-4B10-8485-03F6F52E9D81}
を追い払うGelosoさん。{B58016D9-C356-40FA-A1A8-F83335B91C4A}

{FFF0DC68-8D9A-4BE1-83D2-D8CE32636E01}

{4C1F2877-0B9E-416D-B122-4978CB40DC3A}

{C64CD3E8-8CBE-4441-9145-9480B606EEC7}

3幕。「ミミ!?~ここならあなたに会えると思って」
ロドルフォと別れるべきなのだけど、どうすればいい、助けて、とマルチェッロに求めるミミ。
{C8657867-3AB8-4B8A-807F-7010192CCA89}
音楽面はもちろん人間としての内面性も素敵なマルチェッロさん。森さんに胸を預けるつもりで歌うととてもホッとします。私が思っていることや心の変化もすぐバレてしまいます。で、子供のような泣きっ面を見せたという。出会った時から皆の事に気を配っていた方で、私も本当のお兄さんのように慕っています!またどこかで同じ舞台に立ちたい…!
{505075F1-F73D-41C6-AB7B-3653EE072425}
「さようなら、あなたの愛の叫びに」
{40D98597-D010-4375-9313-B52D0D4E74F7}
「それじゃ本当にお終いなのか」
{08189E0A-2870-4992-AE7A-C769C2497003}
冬に1人は死ぬ程辛い、春になったら別れましょう、と約束して愛の巣へ帰る2人。
ムゼッタとマルチェッロはそのまま喧嘩別れしてしまいます。


それぞれの役がのりうつった4幕。「ミミが居るの~どこに!?」
死を察したミミはムゼッタに連れてもらい、ロドルフォにやっと会えて縋るようにここに居させて、と頼みます。
{2227FB48-C289-4331-9A70-1D51B97DA0A7}

{372E3F15-79BB-4956-9515-0597A42BA945}

{0C124B13-1F55-44DE-89FF-2A6F4E50CFAD}

{25E95AFB-5550-420B-9615-EE202EF047F1}
「皆行ったの…?私眠ったフリをしてたの」
{B51492DB-4E5C-4BFB-B15D-F4F3160CE9AA}
「私まだ綺麗かしら?~朝焼けのように綺麗だ」
{B639439E-F4E4-49DF-81E9-A6E477268D98}
ムゼッタのマフのシーン、祈りのシーンは涙なしでは見れないぐらい好き。彼女の人間性が愛しくてたまらなくなります。
{1BC0CFAA-957D-41F3-819E-F412645C8EF9}
死んでしまったミミを呼びます。
{6950FA46-7DA4-478A-BA3F-9D7D869B183C}
ロドルフォの名演。圧巻の一言。出会った時に、冷たい手を温めさせて、と言ったはずがマフも買ってやれず、生きながらえさせる事も出来なかったロドルフォの悲痛な叫びで幕を閉じます。
{09EB23DA-F136-4476-9484-3BE59D9D6439}
でもミミは幸せでした。ロドルフォも、マフも、思い出に取っておいて欲しいと言った薔薇のボンネットも、友人達も全部手に入れた。愛の始まったこの部屋で、2人身を焦がしたベッドの上で。ミミだけはこの哀しみの行き渡る空間の中で幸せだった。

私は亡くなった後も、死んで無にかえってしまったというより、天国からロドルフォに声をかけているつもりで居ました。
「もう寒くない。」「大丈夫、ずっと側にいる。」
「あなたを愛してる。」「ありがとう。」
「私はあなたのもの。」そんな言葉を心で唱えながら瞼の裏が暗くなるのを感じてました。


カーテンコール皆笑顔。
{0E2D963F-4B58-4460-9DF2-66426D184A31}
写真を送って貰って、もうあれから1ヶ月経った事に驚き。
ふと良き日を思い返したこの午後のひとときでした

関東に出て来た私にとって、この公演が無ければ出会うことがなかったかもしれない方々。
自分が知らなかったかもしれない世界、一人一人の内面。
素敵な仲間達と出逢えた奇跡に心から感謝。

また皆と舞台の上で会えますように…
頑張ろう。


では

Yoko
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。