現実を動かすのは

テーマ:
内観をしていて、ずっと心に引っ掛かっていた私の大きな課題。
見ないふりをすれば、スルーもできる…
実際、向き合うのがきつすぎて、何度となくスルーしてきました。あせる
その時はそれで、なんとかなったんだけど。

でも、ダメなんだなー…
根っこがあるうちは、何度でも目の前に現れるDASH!
繰り返し繰り返し、時期をずらして。
「またこれかぁ!!」って思うけど、そりゃ仕方ない。だって蓋しただけで、なくなってはいないんだもの。またいつか、出てくるよね。

さあ、まだ逃げるの?

…とばかりにふたたび(ほんとはふたたびどころじゃないあせる)目の前に現れたそれに、今なら心も元気だし、多少傷ついても耐えられるしアップと一念発起し、それに向き合ってみました。

他人から見たら、なんだそれ?程度のちいーさな一歩。
でも自分からしたら、「逃げてもなんとかなる状況で、敢えて逃げなかった記念すべき一歩」だったのですチョキ

その時の気持ちは、「克服してやるぞ」という意気込みとは少し違っていて、
克服しなくてもいい。自分の中にそれがあってもいい。
それがあってはダメだ、自分はここを消したいんだ、という気持ちこそなくなれ。
それが欠点があることよりも重要なことなんだって、思うようにしました。

だってね、苦手なことがない人や欠点がない人になりたいわけじゃないから。
そんなの不自然だと思うからにひひ


で、結果…


うまくできないと思い込んでいたそれは、思いのほかあっさりと解決しました。
普段あまり自分のこと褒めないけど、これは大いに褒めましたビックリマーク
自分、すごいじゃん、ってチョキ

次も上手くいくかはわからないけど、それはそれ。
ごくごく当たり前のことだけど、やってみてその簡単さに驚いた、という気持ち。
どれだけエゴがそれを大きな問題として肥大させていたのか、改めて思い知った感じ。
問題は心(考え方の癖)が創り出しているということを目の当たりにしました。
(すべてではないけど。自分だけが「問題」と感じることならその可能性大)


重いものを動かすと、それだけ風通しが良くなるようで、
これ以降、関係ない部分でも現実がぐるっと動きましたラブラブ
たとえば、もうすっかり考えなくなっていた過去の夢、やりたいこと。
そこへの道が、思いもかけないところから見つかって、びっくり。
これなら今の私にも叶えられる!!ってラブラブ
(叶ったらまた書けるといいです)
それから、いろいろなことが目の前に転がり込んでくる感じ…
それは嬉しいことや、楽しいことで。
うわ~ありがとう! が次々とキラキラ
ただ「ラッキー!ついてる!!」という気持ちはあまりなくて、そうかー、ここに球が入ったからこれだけ出てくるのか。的な(パチンコ??)気持ちでいます(笑)
※パチンコやりませんけど


ニガテと向き合ったからこうなった、という一面だけで語ると不十分なのですが
きっとこうだろう、と自分の中で(あくまでも自分の思いで)思うのは
課題クリアって、課題とがっぷり組んで苦しんで、苦しい分だけ報われる…とかではなくて
それを課題と思わなくていいところまで来たから。欠点はあってもそのままでいいと包含できるようになったから。
欠点も自分にとってネガでなくなった時(自分で知らずに他人に迷惑かけてる段階は、まだそこではないけど)ふっと、軽くなる。
軽くなったから軽い世界が見えてくる。
ということなのかもしれないと思います。

初めから「いい人生」を目指さない。
トップダウンじゃなくてボトムアップなんだな。
現実は結果論なんだな。


という近況でしたパンダ
AD