ハイブロー武蔵
ハイブロー読書術―読めば読むほどツイてくる本の話

この本は、筆者の読書に対する情熱が非常に感じる本である。

私は、本が好きでよく読むのであるが、

たまに、どうして、本を読むのだろうと疑問に思うことがある。

楽しいからというものひとつの理由であるが、

それだけでは納得がいかなかった自分の考えに、

この本はヒントを与えてくれた。

私は、よりよい人生を創るために、これからも読書を続けてゆきたいと思った。
AD

コメント(4)