テーマ:

 

最近、ナンパコーチングが熱い。

ナンパコーチングとは何ぞや?と思っているあなた。
ナンパコーチングとは主要都市に繰り出し、女性に声をかけてもらうコーチング。
 

まずは僕がお手本に何人かに声をかけてから実際にバトンタッチ。2時間のうちに何人に声をかけるかを決めてもらいスタート。
 

ここから男たちのドラマが始まって行くんです。
 

いきなり知らない女性に声をかける行為。経験がない人たちはまず固まります。この状態を地蔵と言います。
 

地蔵になる理由は変化を恐れる心の声が自らの歩みを止めるから。
 

「こんな街中で知らない女性に声をかけるなんてどうかしてるよ」

「周りから変な目で見られるよ」

「白い目で見られて傷つくだけじゃないか」
 

はい。正論。
ぐぅの音も出ないほどの正論。
 

では、なぜナンパに繰り出すのか。それは漢になるため。
 

戦国時代の侍は人を切り殺して初めて大人の漢と認められたと言います。生死をかけた決闘を経てはじめて男から漢に認められるのです。
 

まさに本質的な変化。もう、逆立ちしてもかつての自分に戻ることなど不可能。命がけの決闘を経た人間の自信と胆力はゆるぎないものになったはずです。
 

現代では、命がけの決闘など出来るはずもありません。そんな時代でも男が漢になれる道。それこそがナンパ。
 

自らの自尊心をずたずたにされることが目に見えていても飛び込む勇気。決心をして腹くくりをした彼らの生き様は美しい。
 

大げさでもなんでもなく、初めてナンパをするというのは呼吸が乱れ脂汗がたれ、足がすくみ動けなくなるんですよね。
 

しかも、1時間以上は当たり前のように。
 

そこで、コーチングの出番。
 

「出会いが広がったらどんな世界が広がるか?」
「人生の目的とつながるとどんな感じがするか?」
「ナンパという対象を恐怖という視点以外で見ると何が見えるか?」
「恐怖心をじっくり感じてもらうと何が起こるか?」
 

もう、コーチングのフルコース。
 

通常のコーチングよりもはるかに切迫感がある中で、2時間のうちにみるみる変わっていく姿。もう、頭の中がぐわんぐわんになるほどの緊張感。手に汗握るものがあります。
 

ナンパなんてそんな事をやって何の意味があるの?と多くの人は言うでしょう。
 

たしかに、例え、その日に女性に声をかける事が出来たとしても、通常ナンパが出来るようになる人はまれでしょう。
 

しかし、ナンパというデッドラインを超えた漢たちはナンパ以外の所で大きく変化しているのです。
 

超えられないと思っていた壁を乗り越えたという自信。これが大きい。
 

人に気軽に話しかけられるようになったり、コンパで黙りこくることがなくなったり、仕事での人間関係もスムーズになったり。
 

基本的にスルーをされるナンパを乗り越えると、きちんと人として接してくれる人たちとの関係性はとても楽に想えるようになるんですよね。
 

このナンパコーチングはコーチング数か月分に匹敵するほどのインパクトがあるなーと思ってます。
 

あと、ナンパとはいえ、いい大人がやっているので、紳士的にジェントルマンとしてチャラいナンパではない事は伝えておきたいなと。
 

近いうちに路上ワークショップやってみようかな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。