歯科医院が最短距離でマネジメントを仕組化するブログ

歯科医院のマネジメントをサポートしている渥美が、コンサルティングの現場や日常を通じて感じたことなどを記するブログ。

予防管理型歯科を自らの意志で実現したい院長が、

医院マネジメント(セルフマネジメント、スタッフマネジメント、CFマネジメント)

のストレスから解放され、医療人として理想の診療を実現するための

「思考」と「環境づくり」をサポートしています。


テーマ:

タバコやお酒、そして甘いもの大好き。
既に欠損が2箇所ある、32代の男性患者。

 

今回は右下の6番を削り保険で治療。

 

「他の歯の状態も決して良いとは言えません。
 お忙しいでしょうけど、せめて食後の歯磨きは
 しっかりやりましょうね」

 

と、いくら歯の大事さやセルフケアを説明しても、
「つい忘れるんですよねー」とまるで他人事。

 

自分が将来、歯で苦労することになるなんて、
全く思っていない様子。

 

何を言っても、上の空。

 

伝える側と、受け取る側の温度差はこうも
大きいのかと打ちひしがれてしまった…


これは、ある地方都市で開業されている
50代の院長先生のつぶやきです。

 


実はシルバーウィークの中日に、
昨年とあるセミナーでご一緒した社長と、
ほぼ1年ぶりに再会しました。

 

聞いて驚いたのですが、実はこの社長。

 

今年のはじめ、仕事終わりに突然、
胸が苦しくなり倒れ、そのまま救急車で
緊急搬送されたとか…

 

心臓に近い動脈が破裂?したらしく、
病院に着くなり12時間に及ぶ大手術へ。

 

生死を彷徨うほどの状況だったようで、
薄れゆく意識の中で救急隊員の慌ただしい
様子を感じ、死を覚悟した、とか…

 

後日、もし倒れる前にお酒を飲んでいたなら
助からなかった、と聞かされたとか。

 

普段は取引先や社員さんと、ほぼ毎日飲んで
いたのが、運良くこの日は飲まなかったのが、

生死の明暗を分けたようでした。


まだ45歳、いつも笑顔でパワフル。
毎年の人間ドックも欠かさなかった社長。


それでも、こんなことがあるとは…


手術後のリハビリも大変だったそうで、
現場復帰できたのは、緊急入院してから
99日後だったとか。


多忙な経営者ほど、自分の健康を顧みない。

 

いつまでも無理は利かない、
いつ倒れるかわからないと聞いたことはあれど、

どこか「自分は大丈夫」との過信がある。


その意味で言うと、

 

冒頭の患者さんの話は、決して他人事ではない。


40代、50代の働き盛りと言われる院長、
ぜひお身体ご自愛くださいね。

 

 

で、この社長と私。
何のセミナーでご一緒したかと言うと、

 

 

スモールビジネスの権威と言われる
マイケル・E・ガーバー氏の起業家プログラム。

まさに、
「社長が3ヶ月不在でも会社が成長する仕組み」
を学ぶ3ヶ月コースでご一緒だったのでした。


セミナー中から社内で実践し、その様子を
我々に発表してくれた社長が、倒れたのが
セミナー卒業してわずか4ヶ月後。

 

会社のトップセールスマンでムードメーカーの
社長が不在でも問題がなかったようで、

 

「去年、ガーバーのプログラムを
 受講していて本当に良かった…」

 

とのコメントに実感がこもっていました。


「今まで、お客さんとの打ち合わせ、
 と称してほぼ毎日、お酒飲んでましたから。

 

 今では怖くて飲めないし、周囲も
 『自分が勧めたせいで倒れられては困る』
 と、誰も誘ってきませんよ」

 

と笑顔で、しかし真面目に語る社長。


社長、ホント生きててよかった・・・

再会を約束して、同社を後にしたのでした。

 

誰だって、まさか明日自分が倒れるなんて、
思っていません。

でも、万一あなたがこの社長のように
倒れてしまい、3ヶ月復帰できないとしたら・・・

あなたの医院はどうなるでしょうか?


備えあれば憂い無し。

ガーバーの哲学を盛り込んだこのセミナーで、
あなたの医院経営に軸を作ってください。


今なら早期特典、10,000円引き参加できます。
http://www.brain-marks.com/seminar/dental/

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、渥美です。

 

毎週月曜日に配信しています、

『チーム診療でビジョンを実現する、マネジメントのヒント』

音声講座。

 

今週は月曜日が祝日のため、本日(火曜)の配信です。

 

 

今回のテーマは、
『初診カウンセリングを、誰に任せればいいのか?』

 

もちろん、TC(トリートメントコーディネーター)

のように患者さんとのコミュニケーションに特化した役割

が設置できるほど、

 

経営基盤や人員に余裕がある医院であれば、

初診カウンセリングもTCに任せるのがベストでしょう。

 

ですが、多くの医院ではそのような専任を置くほど

人員に余裕がないのが実情です。

 

 

また、スタッフ総数が3〜5人程度の

小規模医院なら、その医院で一番コミュニケーションが

上手なスタッフに任せるのも一つの手です。

 

小規模医院ほど、一人一人のスタッフが

医院全体に与える印象、つまり影響力が

相対的に高くなります。

 

 

院内にコミュニケーション力抜群のスタッフがいれば、

そのスタッフの印象=医院の印象となり、

患者さんとの関係構築が比較的容易になるでしょう。

 

これは小規模医院の良さ、でもありますね。

 

 

しかし、それも該当スタッフが勤務し続けてくれる

うちは良いですが、結婚や旦那さんの転勤、出産などで

退職してしまえば一気に医院の印象に影響します。

 

ましてや気配り抜群の優秀なスタッフほど、

抜けたとき、その対応に慣れていた患者さんには

即不満となり、信頼失墜につながることも少なくありません。

 

また、後を引き継ぐスタッフも、

 

「私は●●さん(前任者)みたいに上手く出来る自信ありません」

 

と、その優秀な人が基準となってしまい尻込みしてしまい、

誰もやりたがらなくなってしまう…

 

こんな悪循環に陥ってしまった医院もあります。

 

 

スタッフ数が10人を超えてくると尚更、

特定の一人の能力に依存せず、チームとして役割をこなす

必要があります。

 

 

では、その場合に

初診カウンセリングを任せるのは受付がいいのか、

助手がいいのか、衛生士がいいのか?

 

 

渥美の考えを、本日、20時に配信する予定です。

 

ご興味のある方は、

下記URLよりメルマガ登録をお願いします。

 

http://www.visionary-m.com/service/index.html

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

右脳経営コンサルタント、渥美です。

 

突然ですが、私はマクドナルドが嫌いです。

 

そう、あのハンバーガーショップです。

 

2年前に発覚した鶏肉問題もそうですが、

 フライドポテトに含まれるトランス脂肪酸、

「ビーフ100%」と表示できるからくり、

コーラなど不自然極まりない飲料が多い、

 

など、、

 

ネットでその裏情報を知れば知るほど、

CMの爽やかイメージとのギャップには

不信感が募るばかりです。

 

しかし、駅前の利便性の高い場所に店舗があり、

「お腹すいたなー」と思った時、気づけば

そこにあの「M」マークが…

 

駅前はある意味、危険地帯です。

 

正直に告白しますと、

空き時間を活用するためコーヒーだけ

注文して居座ることもあります。

 

が、 小腹空いたら、つい追加で注文してしまう…

 

 

また、息子達と過ごす週末。

雨の日などに連れて行く場所に困り、

仕方なく遊具施設のあるマクドナルドへ

行ってしまうこともあります。

 

店内でのおもちゃ攻勢には

何とか耐えることができても、

 

「パパお腹すいたー」と言われれば、

やはりその場で何かを買うことになります。

 

必要最低限しか買いませんが、それでも

 

「こんな体に悪いものを食べさせてしまって…」

 

という罪悪感に苛まれてしまう。

 

 と、私にとってマクドナルドとは、

健康でいたい私に、“利便性”を武器に

勝負を仕掛けてくる厄介者、なんです。

 

しかし、

 

しかし、です。

 

 

お客の立場では、

「絶対に食べたくない」と心に決めている

(それでも食べてしまうのですが…)

マクドナルドですが、

 

こと、【経営】に目を向けると、

ホント素晴らしい企業だと実は尊敬しています。

 

(しつこいですが)絶品の味でもなければ、

身体に良くもないハンバーガーショップが

なぜ世界中に広がり続けるのか?

 

それは、 世界規模での卓越したマーケティング、

素人でも同じ味が提供できるシステム、などは

もちろんですが、

 

中でも一番関心するのが、

それを支える『人材育成』のシステムです。

 

実際、イキイキと働いている人が多いですし、

 

 

そこには、

『ハンバーガー大学』と言われる、

門外不出の人材育成システムがあるのだと、

ある方から教わりました。

 

その人物とは、

 

株式会社ブレインマークスの安東邦彦社長です。

 

安東社長は、

 

米アントレプレナー向け雑誌『INC』誌で、

「world’s No.1 Small Business Guru」

(世界ナンバー1のスモールビジネスの権威)

と称され「起業の神様」と呼ばれるようなった 、

 

マイケル・E・ガーバー氏から直接経営を学び、

その認定ファシリテーターとして

 彼の起業家向けプログラムを世界で最も販売しています。

 

また、その教えをご自身の会社でも実践され、

私も何度も同社を訪問したことありますが、

前向きでホスピタリティ溢れる社員さばかりで

羨ましくなります。

 

しかし、そんな安東社長も、

かつて成功者を目指し24歳で独立起業するも、

年商8億円まで育てた会社を乗っ取られたとか…

 

失意の中、なにくそ精神で再度起業するも、

 

・観葉植物が替えても替えても枯れるほど

 社内の雰囲気は最悪

 

・自分が休憩室に入った途端、さっきまで聞こえた

 社員同士の談笑がピタッと止む

 

・信頼していた幹部が社員を連れて独立し、

 顧客に営業攻勢を仕掛けられ大混乱

 

・自分の会社なのに出社するのが憂鬱に

 

などなど、、

 

あらゆる苦難をご経験されたそうです。

 

そんな中、マイケルEガーバー氏の著書、

『はじめの一歩を踏み出そう』と運命的な出会い。

 

その内容に衝撃を受けた安東社長は、

意を決し、ガーバー氏に会いにアメリカへ。

 

 

安東社長曰く、

 

「かつての私は経営=気合いと考えて、

 我流でやっていました。

 

 しかし経営には普遍的な『型』があります。

 それを知り、少しずつでも実践するか。

 

 それが、社長だけが忙しい“職人経営者” から

 脱出する最短の方法です」 と。

 

実は私も昨年、そのプログラムを受講し、

この『型』は、私のような一人ビジネスにこそ

必要なものだと実感。

 

今後10年の事業設計、そして経営スタイルを

大きく変えることができました。

 

 

と同時に、

地域密着型の予防歯科医院にも、

絶対に必要な考え方だと痛感したのです。

 

 

実際、学んだ『型』の一つをクライアント先に

ご提案したところ、

 

最初は院長先生も、

 

「え、そんなことで今の状況が良くなりますかね…?」

 

と半信半疑でしたが、結果的には、

スタッフは変わらぬまま、悩みだけが激減しました。

 

そのスタッフの一人曰く、

この『型』の導入後、明らかに迷いが減り、

前向きに仕事に取り組めるようになった、とか。

 

今では、私のコンサルティングにも

かなり色濃く反映されています。

 

 

この『型』を、より多くの院長に知って欲しい…

 

しかし、私個人で関われる医院数には

限界があります。

 

 

そこで今回、安東社長と協議を重ね、

 

【院長が週休3日でも成長する、歯科医院のつくり方】

 ~院長依存から脱却し、仕組み化する方法~

 

 

というテーマで、この『型』をお伝えするセミナーを、

安東社長と共同開催する運びとなりました。

 

開催日は、 いずれも同じ内容で、

 

10月13日(木)18時~21時、

11月3日(木・祝)13時~16時、

11月3日(木・祝)18時~21時、

 

の3回です。

 

 ※いずれも都内での開催となります。

 

・忙しいだけで日々が過ぎていく

 思考パターンから脱却する方法とは?

 

・成長する医院と成長しない医院、

 地域性に関係ない根本的な違いとは?

 

・院長の大変さを、押し付け感なくスタッフに

 自然と理解してもらう方法は?

 

・スタッフが成長できる制度作りに不可欠な

 3つのルールとは?

 

・衛生士・助手・受付それぞれが衝突せず、

 お互いの役割を尊重し協力し合う仕組みとは?

 

・なぜ、あなたの医院に優秀なスタッフが育たないのか?

 その根本的な理由とは?

 

・“平凡なスタッフ”が非凡な成果を上げる

 着眼点と仕組みとは?

 

これらに一つでもご興味ある方は、

下記URLをご確認いただけますでしょうか。

 

http://www.brain-marks.com/seminar/dental/

 

 

あなたが歯科医院経営に歓びを見出し、

働くスタッフと来院者がより幸せになれることを

 心より願っています。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

 

本日、8時に

 

“チーム診療でビジョンを実現するための、
マネジメントのヒント”音声講座。

第2回目の音声をお届けします。

今回も引き続き、
「初診カウンセリング」がテーマ。

【患者さんが歯科医院に対して抱く

 不安・不満を引き出すコツ】について、です。


患者さんの思いを聴こうと、

「何でも話してくださいね〜」

などと優しい言葉を投げかけても、

初めての歯科医院で、担当との信頼関係も

築けていないうちは、

 

余程コミュニケーション好きな患者さんや
物おじせず言える患者さんでなければ、

「いや、特にありません…」と、

どこか冷めた答えが返ってくる確率は
高いでしょう。


そうすると、患者さんはもちろんなのですが、
担当するスタッフにとっても、

初診カウンセリングが役に立っている
という実感が感じられず、

 

事務的な対応、ヒアリング的な対応に

陥ってしまいがちです。


でも、ちょっとしたコツを知るだけで、
大きく改善できるだけでなく、

 

担当するスタッフが初診カウンセリングで

患者さんの思いを聞くことが楽しくなる、

カウンセリングがやりがいとなってきます。

 

 

【患者さんが歯科医院に対して抱く

 不安・不満を引き出すコツ】音声講座

 

 

本日、朝8時に配信の弊社メルマガにて。

 

 

興味ある方は、7時40分までに下記から

メルマガ登録ください。

 

登録はコチラ

http://www.visionary-m.com/service/index.html

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「チーム診療」で医院ビジョンを実現する、
ビジョナリーマネジメントの渥美です。


弊社10週年 感謝企画として、
半ば思いつきで?スタートしました

“チーム診療 向上マネジメントのヒント”
音声講座。


いよいよ初回、第一回目のテーマは、
「初診カウンセリング」についてです。


私が歯科医院のコンサルタントを始めた
10年前と比べ、カウンセリングを行う医院は
かなり増えました。


新規開業に至っては、レイアウト設計時に
カウンセリングルームを確保するのがもはや
当たり前の時代になってきましたよね。


しかし、実際には、
カウンセリングの効果を実感している医院と、
そうじゃない医院に分かれます。



「一応、教材などで学び見よう見まねで
 やってはいるが、患者さんの反応が良くない」


「自分(院長)自身も手探り状態なので、
 スタッフを上手く指導できない、導けない」


初診カウンセリングに関する、
こんな相談は少なくありません。


ご相談いただいた医院へお伺いし、
カウンセリングの様子を拝見させて頂くと、
そこには“ある共通点”があります。


その共通点とは、、、


【テーマ01】
『あなたの医院の初診カウンセリングは、
 なぜ患者さんから不評なのか?』


本日、20時にメルマガ配信します。


登録がお済みでない方、まだ間に合います!

コチラの下部に登録フォームがありますので
ご登録ください!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
遺書を残して命を絶った、高校一年生の長男。

通常、この手の事件を耳にすると、
遺族VS学校(や周囲)、という構図が想起され、
ついその枠組ありきで聞いてしまう。

実際、マスコミも大々的にそう報じ、
記者会見に応じた校長は非難が殺到したとか。


しかし真実は全く逆だった・・・

20160814


言葉が思考を生み、感情を引き出す。
大の大人が簡単に「死ね」とか言ってはいけない。


しかし、仮に頭でそうわかっていても、人間
理屈が言動をコントロールできないことはもはや常識。


このお母さんがどんな環境で育ってきたのか、
とても気になる。


『虚言癖』とまで行かないまでも、
自分の境遇や苦労をアピールし同情を買いたい、
それが通じない相手には異常な敵対心を示す人は、
歯科の現場にも少なからずいる。


なぜ、そうなるのか?


心理の仕組み(心理学)として、
その原因はもはや解明されている。


しかし、当事者である本人が変えたい、
変わりたいと思わなければ無意味。


コンサルの立場として、
その手の人にどう自制を促すか、
自分の思考パターンに気づいてもらうか。

これが非常に難しいと感じる。



その意味で、ビジネス本や自己啓発書以外で、
久々に読みたいと感じた一冊。

モンスターマザー:長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い/新潮社

¥1,512
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

少し前の記事になりますが、週間現代のWeb版、

“現役医師20人に聞いた
「患者には出すけど、医者が飲まないクスリ」
糖尿病 高血圧 花粉症 インフルエンザ完全保存版一覧表”
(2015年3月21日記事)

をご紹介。

20160813
※ページのスクリーンショット

詳細はこちらから


週刊誌ネタを盲目的に信じるつもりはありませんし、
薬が一切必要ない、薬=悪だ、とは思わないのですが、

日本に蔓延る「薬神話」、これは家族や友人との
日常のやり取りでも実感します。


そもそも、病気の捉え方が影響するのかな、と。
病気=悪、ではなく、心身のサインとして捉える。

ですから私は「うつ病」って言葉に違和感を覚えます、
あれは「うつ状態」なんじゃないかな、とか…


私自身は、かつてはよく市販の風邪薬やビタミン剤を
飲んでいましたが、3年ほど一切の薬を飲んでいません。

その代わり、食事に気をつけるようになってから、
毎年1〜2度引いていた風邪もひかなくなりました。


と、お盆時期にふと感じたこと、でした。


※以下、記事より

「本当はクスリを飲まないほうがいい場合でも、
 何も出さなかったら患者さんに文句を言われます。

 日本は医療費が安いですから、患者さんのほうも
 『せっかく病院に来たのにクスリをもらわなきゃ損』
 という意識があるようにも思います。

 悪い評判が立つのも嫌なので、
 仕方なく出していることが多いですね」。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日で11年目を迎えました!


10年前の本日(8月8日)、世田谷税務署に
開業届を提出。

あれから丸10年が経ちました。

   
「10年」という節目を迎えると、
否が応でも当時のことを振り返ってしまいます…


思い起こせば、


中小企業診断士に挑戦するも、二度失敗。


仕事帰りや土日を犠牲にして、
また三度目、挑戦するかどうかを悩んでいた中、

本屋で見かけた、経営コンサルタントの多くが
必ずしも有資格者ではないことに気づく。


そして、

・和仁達也さんのコンサル教材(当時VHS)と書籍
・丹羽浩之さんから学んだCF知識
・佐藤美加さんから学んだコーチング
・平本あきおさんの著書「コーチングマジック」

この4つと、「きっと何とかなる」という勘違い、
を頼りに独立。


しかし、周囲の「絶対にやめておけ」の声を振り切る、
マイナスな声に打ち勝つ自信は全くなかったので、


同僚にも両親にも「独立する」と言えずに
「転職する」と言って退職。




独立後、


異業種交流会で知り合った
自動車整備工場を経営する社長から、

「リース会社にいたの?じゃあ、提案してよ」

と言われ、

当時サラリーマン時代に磨きをかけていた
「提案型営業」のセオリーに沿って、
丸2日かけて作り込んだ提案書を持ち込む。



が、(提案書を3秒ほど見つめて)


「いや〜、こんなことよりさ〜」


と、ポイッと脇に投げ置かれ、
私の2日間は、ものの10秒で却下…


そして、それを愚痴ってもぼやいても、
一銭にもならない。

費やした2日間も帰ってこない。

サラリーマン時代の恵まれた環境を痛感した。


など、、


できれば過去は振り返りたくないほど、
思ったけど出来ていないことや、
やってみたけど上手くいかった事だらけ…



しかし今、こうして10年を過ごせていることに、
感謝の気持ち以外、見当たりません。
 
 
 

という訳で、前置きが長くなりましたが、
今回ホームページをリニューアルしました。


http://www.visionary-m.com


私を10年間も必要としてくれた院長先生、
スタッフの皆さん、ビジネスパートナー、仲間の皆、
そして歯科業界への恩返しがしたい。


私が10年の歯科医院コンサルで得た『やり方』を、
今後メルマガで随時公開します。


毎週1回、月曜(祝日の場合は翌日)に配信。
来週以降、公開予定の『やり方(ノウハウ)』は、


・なぜ、あなたの医院の初診カウンセリングは
 患者さんから不評なのか?


・初診カウンセリングで患者さんの長引く話を、
 機嫌を損ねることなく切り上げるコツ


・スタッフのセミナー参加費、医院負担と
 本人負担、どちらが良いのか?

など、です。



よろしければ、ホームページの【サービス】から、
ページ下部にあるメルマガに登録ください。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
【人はルールに従わない、ムードに従う】

先日、再受講したコンサルスター養成塾で、
講師の遠藤晃先生が何気なく?発した言葉に共感。


だから、ルールだけ決めてもスタッフは従わないし、
かと言って、ムード(雰囲気)だけ良くても、
ルールがなければ確証が持てず、自信は生まれない。

よって、働き易い前向きなムード(感覚)を整えながら、
守るべきルール(規則)を作っていく。

まさに、スタッフが自発的に動くようになるには、
【右脳】と【左脳】の両立が大事だと、再認識できた。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
これは個人の価値観なので、
否定するつもりは全くないのですが、

仮に人には「ライフワークバランス」
が大事だとして、

もし国民全員がそれを達成したとしたら、、


その国にイノベーションは生まれるのか?

真のリーダーは生まれるのか?



移動中の電車の中で、ふと考えてみた。


で、そもそも、
ライフワークバランスって、何だ?


世間で言われるイメージではなく、
ライフワークバランスの真の意味を、
誰か教えてください…


いいね!した人  |  リブログ(0)