ピカソの素描

テーマ:

ピカソの素描


ステキでしょー!!

ピカソの素描を頂きました♪

Real----------------------------------------

もちろん、コピーして頂いたものですww
ワタシなぞには本物は手に入りませんが、元の紙に近いクリームイエローっぽい素材に写してもらったらとてもいい感じになったですよー。

AD

ケーキの器

テーマ:

ケーキの器


最近、愛用しているエスプレッソカップ。
クレームブリュレtが入っていたカップ。
陶器なんです!

この頃のケーキショップは器にも凝っていてかゎいいものが多くて、一度で二度、いやずーっと楽しめるもんをついつい探しております。

Real----------------------------------------


ワタシのママは「クレームブリュレ」を「プリン」と言い張ります・・・

AD

ウモッカ

テーマ:

突然だけど、ウモッカってご存知だろうか?
いや、知ってたらおかしいと思うんだけど。

未確認生物好きの間で噂になっていた謎の巨大魚らしい。

Real----------------------------------------


実際、こんなサイトまである。

http://uma.tenboudai.com/

しかも、ミョーにかわぃいキャラクターまで存在している(吉田さん作)。
ウモッカ

だが、実際に見たことのあるのは10年ほど前にインドを旅したモッカさんただ一人。

ここで気づかれるかと思うが、モッカさんが発見した魚だから「ウモッカ」。

・・・(; ̄ー ̄A

UMA好きの間でこのウモッカがブームになったのは数年前らしいが、このウモッカが再燃している。
なんでかというと、高野秀行さんという作家さんが12月13日からインドに捕獲探検に出掛けることを決めたからだ


しかも3ヶ月間・・・

高野さんはこれまでも、色んなフツーの人が行かないとこに行って、フツーじゃないことをして、フツーじゃないことをとっても楽しんでおられるけれど、もういい加減有名な作家さんだし、のんびりフィクションでも書かれるのかなぁと思っていたら、やっぱり探検に行きたいらしい。

たぶん、死ぬまで探検してるんだろう。
死ぬのも自宅じゃないと思う(余計なお世話だね)。

うん、でも3ヶ月のインドのウモッカ探し。実はワタシはとっても参加したかった。
たぶん足手まといになるから、行けないけど。

でも、ここで高野さんの3ヶ月を追うことはできるかもね・・・
現地と連絡をとって、ウモッカ探索実況中継。

えへへ。

野望でした<m(__)m>

あ。

高野さんの公式サイトはこちら ね!

携帯電話新規参入

テーマ:

ソフトバンク、イー・アクセス、アイピーモバイルが12年ぶりに携帯電話業界に新規参入する見通しとの発表が出た。

ワタシ、実はこないだFOMA(P701iD)に変えたばかり。

わんこにかじられて、かなりの割合で買い換えているが、新規参入が開始すればさらにdocomo劣勢に拍車がかかることだろう。

ワタシだってauのかわぃいのとかに買い換えたい!

それでもdocomoにこだわるのは、電話番号とメールアドレスを変えたくないから。
電話番号は引き継げても、アドレスまではね・・・
って気もするし。

だけどまぁ、PCアドレスを転送すればぃんだけどね・・・

Reshmonu

テーマ:

10月。
東京アジアミュージックマーケットというイベントに関わる機会が持てた。

ワタシはこのマレーシア出身の「Reshmonu」に釘付けだった。
彼のとろけるような甘い歌声は女性をうっとりさせる媚薬が含まれているのかと思うほど。持ち歌はもちろん、Sexual Healingのカヴァーなんてちょっと泣けるくらい感じちゃう歌声だった。
イベントの翌日出演した渋谷La Fabliqueでもたくさんのclub-loversを魅了した。

全身から溢れる天性の魅力。魔法?

人を惹き付ける力って存在するんだなぁ、と改めて感じた。

Reshmonu2


おシャレのセンスも抜群だった。
スタイリストが同行してきていた訳ではなかった。
普段身につけているネックレスなどのアクセサリーは奥様の手作り。

なんともいえず美しい色合いのシャツやパンツは、マレーシアのデザイナーのものだと言っていた。
彼の肌の色に本当に似合っていて、ワタシが彼くらいスタイルがよかったらマレーシアに買い付けに行くのに、と心の中で思った。

La Fabliqueのステージにあがった彼には何かが舞い降りたかのように見えた。
普段の彼を見せてもらえる機会があって、そのときもうっとりしてしまっていたけれど、ステージでの彼はこわいほど輝いていて、触れてはいけない尊い何かのように感じた。

-ワタシがそばに寄れるなんて奇跡だ-

サインしてもらった革ジャケと彼と過ごした日々は、一生の宝物。
マレーシアに会いに行ったら、彼はワタシのことを覚えていてくれるだろうか・・・

もうそのときは、世界を席巻してしまっているかもしれないな。

あさま

テーマ:

blogをサボってた間に、実はちょっと軽井沢に行ってました。
車で行くつもりが、甥っ子を連れて長野新幹線「あさま」に乗ることに。

掃除中

えー。

はじめて見た「あさま」はおそうじ中でした・・・