株主優待

テーマ:

個人投資が花盛りな今、各企業が知恵を絞って株主優待制度の見直しを図っている。
ワタシが長期保有している株式は、株主優待制度っつうもんはないんだけれども、まぁ、年配の方なんかで株主優待と配当を誕生日プレゼントのように楽しみにしている人は結構いる。

ワタシの感覚では株主優待を期待するのはある程度年齢がいってて裕福な方が多いのだけどねぇ。

運用について話をしたりするときはもちろんセオリー通り、長期運用を基本にするが、ワタシ自身は長期運用にあまり興味はない。
もっぱら超短期の「投機」が趣味だ。

だから株主優待の恩恵に預かるほどの保有期間を満たすはずもなく、興味もないってこと。

最近、雑誌やなんかで若者向けに株取引の話をしてるのは、ほとんどがそういうデイトレードが多いと思う。

実際にデイトレをしているのがどんな人たちかどうかは別にして、興味はあるんだろう。

まぁ、若者向けに株主優待制度を見直したってあんまり意味はないと思うわけだ。

ちょっと裕福なおじいちゃん、おばあちゃんが演劇や旅行を楽しんだり、孫のためにキャラクターグッズをもらってあげたり、そんなとこだ。

ワタシとしては、どちらかっていうと、株主優待にうつつを抜かしている間に配当をあげることを考えてもらいたい。
その方が日々の価格に反映しやすいからね。

AD

国語辞典

テーマ:

最近、知らない言葉に出会う。
ので、国語辞典をひくことが増えた。

なぜか専門分野外の書籍を読まなければならない機会が増えてしまい、なんとなく「こんな意味かなー」と思うけどイマイチ曖昧な言葉がよくでてきて、国語辞典に手が伸びるんである。

で、まぁ、だいたい本に載ってる言葉は辞典で引けることが多いんだけど、人がしゃべった言葉。

その場で聞くのもなんだなぁ・・・と思ったことを家に帰って調べてみると。
言葉が載ってないことがあるんだ。

あの人、いったいどういう意味でしゃべってたんだろう、と悩むことがある。

本人に電話して「どーゆー意味だったんですかぁ?」と聞くのもなんなので、周りにいた人に電話して聞いてみると周りの人も「いや、実はワタシもよく分からなくて・・・」なんてことがある。

で、結局、本人に電話することになったりする。

そんな言葉はなかったり、造語だったり、へーっと思う専門用語だったりして、驚く。
まぁ、明らかに専門用語っぽいとその場で聞けるんだけどね。
当たり前のように話されてるとなかなか聞きにくい。

Real---------------------------------------

以前、「凡例」「ボンレイ」と読む人に出会った。

「間違ってますよ」というのもなんなので、私はずーっと「ハンレイ」と横で言い続けていたのに、その人は直さなかった。

「ボンレイ」が正しいと人生50年以上も思い続けているに違いない。

彼が引き連れてきていた部下5名ほども誰も指摘しない。
自分達は「ハンレイ」と言っているのに。

不思議な時間が流れていたなぁ~・・・

あの人は今も「ボンレイ」と言い続けているのだろうか?

AD

記事についてのお詫び

テーマ:

25日(土)、ライブドアPJニュースに寄稿しました「ジュード・ロウが主演、40年ぶりの『アルフィー』」  という記事につきまして掲載当初の数時間、文中に「アカデミー主演男優賞ほか多くの賞を獲得した」という誤った記述がありました。
これは「ノミネート」と「受賞」を勘違いして記述してしまった記者の事実誤認によるものです。

現在「翌 1967 年に主演のマイケル・ケインがアカデミー主演男優賞にノミネートされた」と表記されている部分が該当箇所にあたります。

記事本文中に謝罪の言葉を申し添えたかったのですが、取り急ぎトラックバックにてお詫びをさせて頂く非礼をお許しください。

読者の方、また関係者の方に多大なご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。

また、今後このようなことのないよう、一層の努力を重ねる所存でございます。

この度は本当にご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。



畠山仁美

2ちゃんねるの皆様

テーマ:

今、2ちゃんねるを見ました。

情報の速さに驚きました。

たぶん、2ちゃんねるに書かれてる方か読まれてる方がコメントしてくださったんですね。。。
しかも、私が消してしまった投稿までコピーしてあるなんて、さすがです。

2ちゃんねるの皆様、ニュースセンターの皆様、それから記事とこのblogを読んでくださっている皆様、私の事実誤認でお騒がせしてすみません。

まずは自分を疑います。
反省します。

あと、さっき消してしまった私の誤った怒りの文章をコピーしてた方、そちらからコピー&ペーストさせて頂くことをご了承ください。

>今さっき仕事から帰ってきて、マシンを立ち上げた。
>投稿した記事を確認したら。
>アップされてるのはいいけど。
>文章追加されてるのもいいけど。

>「ロマンチック・ラブコメチー」はないだろ!!

>それに確かにユーモアは溢れているけどコメディじゃないよー。

>早く訂正してー!!
>お願い、ニュースセンター様。
>電話してもでないしー、わぁ~ん。・゚゚・(>_<)・゚゚・。
>泣きたいわよー。

あ!しまった

テーマ:

先ほどコメントで指摘してくださった方、ごめんなさい。
さっきアップしてた記事に追記しようとして消してしまいました。

私の事実誤認です。
66年のアルフィーはアカデミー賞ノミネートで、受賞ではないです。
誤って記載しましたこと平にお詫びします。

ニュースセンターに訂正と私からの謝罪の一文を追加してくれるように依頼しました。

ご指摘ありがとうございました。

また、本当に申し訳ありませんでした。

とんかつ屋

テーマ:
新しい事業に進出することになった。
とんかつ屋をオープンさせることにしたのである。

共同経営者は、なんとblogで知り合った某枝豆氏。

彼は無類のとんかつ好きを宣言している。

そのことを知ったワタシは、奇遇にもこのところ、複数のとんかつ屋から「ちょっと店をみてくれないか」という相談を受けていることを彼に話したのだ。

彼は、とんかつ屋のコンサル業務に是非協力したいと申し出てくれた。
願ってもない申し出である。
とんかつ屋のコンサルをするのに、とんかつ好きの意見は大変に貴重なものだ。
(「とんかつ?別にぃ」という方の意見は、さらに重要だが)

ここでワタシは考えた。

豚肉、脂、キャベツ、そしてソース。このとんかつに必須な4要素を理解してくれる彼となら、いっそのこと店をオープンしたい。
そんな思いにとらわれたワタシの提案に、彼は快く応じてくれたのだ。

今週中にも具体的な企画を練りたいと思う。

熱帯魚は夏嫌い

テーマ:

熱帯魚を飼っている。

熱帯魚なんだから夏が好きだろうと思っていたがそうではない。
自然に生きている熱帯魚は、広い海や池や湖に住んでいるから温度変化は緩やかである。
だから、熱帯魚はその温度変化に対応できる。

冬はヒーターがあるから温度調節が簡単だ。

しかし、夏は。
大きい水槽で飼ってあげられていたら、温度が急激にあがることもないかもしれないが、ワタシの家にいるような小さな水槽で飼われている魚には夏は地獄だ。

エアコンで室温が一定になっているときならともかく、外出している間の温度変化を思うといてもたってもいられない。
水槽に保冷パックをぷかぷか浮かべ、温度が急上昇するのを防ぐ。
今年も暑さで死んでしまう魚がでないように気をつけなければ・・・