Life is ART!~ Houcaのアートライフ

インディアンインクアーティストであり芳香療法家、ときどき文筆家の鳳香のアートブログ。

NEW !
テーマ:

 

みなそこのつきのうえよりこくふねのさをにさはるはかつらなるらし


(水底の月のうえより漕ぐ船の棹に触るは桂なるらし)。


みずのそこにうつっている、つきのうえをふねはこぎすすんでいく。


そのふねのさおがふれているのは、つきにはえているというかつらのきなのだろう。


(土左日記・堀江敏幸現代語訳より抜粋)

 

 

 

 

皆さま、たくさんのお言葉をありがとうございます。

 

3月、ぜひ多くの方と会場(国立新美術館)でお会いできますように。

 

 



※DMの絵は鳳香の作品ではありません

 

 

 

待ちかねた春は国立新美術館でお会いしましょう。

 

【第49回 全日本水墨画秀作展】

会期:2017年3/8(水)~3/19(日)

   10:00~18:00(14日火曜日は休館日)

会場:国立新美術館(乃木坂)

 

展示分野:水墨画・額装作品、およそ300点
主催:全国水墨画美術協会
後援:外務省、文化庁、上野の森美術館
北海道新聞社・河北新聞社・秋田魁新報社・茨城新聞社・埼玉新聞社・東京新聞・神奈川新聞社・信濃毎日新聞社・静岡新聞社・静岡放送・伊勢新聞社・京都新聞・神戸新聞社・山陽新聞社・中国新聞社・山陰中央新報社・西日本新聞社・宮崎日日新聞社・南日本新聞社・美術新聞社・南画院・岩崎書店・金の星社・秀作社出版・高橋書店・東京書籍・法蔵館・八木書店・京橋エージェンシー(順不同)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 


冬の空、濁りなく、冴えわたる。

 

「瑠璃の微粒子が匂い立つようなのである。」

 

(志村ふくみ「一色一生」より抜粋)

 

 

 

 

 

待ちかねた春は国立新美術館でお会いしましょう。

 

【第49回 全日本水墨画秀作展】

会期:2017年3/8(水)~3/19(日)

   10:00~18:00(14日火曜日は休館日)

会場:国立新美術館(乃木坂)

 

展示分野:水墨画・額装作品、およそ300点
主催:全国水墨画美術協会
後援:外務省、文化庁、上野の森美術館
北海道新聞社・河北新聞社・秋田魁新報社・茨城新聞社・埼玉新聞社・東京新聞・神奈川新聞社・信濃毎日新聞社・静岡新聞社・静岡放送・伊勢新聞社・京都新聞・神戸新聞社・山陽新聞社・中国新聞社・山陰中央新報社・西日本新聞社・宮崎日日新聞社・南日本新聞社・美術新聞社・南画院・岩崎書店・金の星社・秀作社出版・高橋書店・東京書籍・法蔵館・八木書店・京橋エージェンシー(順不同)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 


2017年、最初の水墨画展覧会のご案内です。

 

水墨画の観念を打ち砕く、現代水墨アートがそろっています。

 

ぜひおいでください。

 

 

 

 

 

 

【第49回 全日本水墨画秀作展】

会期:2017年3/8(水)~3/19(日)

   10:00~18:00(14日火曜日は休館日)

会場:国立新美術館(乃木坂)

 

展示分野:水墨画・額装作品、およそ300点
主催:全国水墨画美術協会
後援:外務省、文化庁、上野の森美術館
北海道新聞社・河北新聞社・秋田魁新報社・茨城新聞社・埼玉新聞社・東京新聞・神奈川新聞社・信濃毎日新聞社・静岡新聞社・静岡放送・伊勢新聞社・京都新聞・神戸新聞社・山陽新聞社・中国新聞社・山陰中央新報社・西日本新聞社・宮崎日日新聞社・南日本新聞社・美術新聞社・南画院・岩崎書店・金の星社・秀作社出版・高橋書店・東京書籍・法蔵館・八木書店・京橋エージェンシー(順不同)

 


 

 

★2017年上半期の展覧会は以下になります。

3月までの間に追加があるかもしれませんが、

順次ブログ等にてご案内いたします。

 

 

 

【2017現水春季展】

会期:2017年4/18(火)~4/23(日)

   10:00~18:00(22日・23日は17時閉館)

会場:北とぴあB1展示ホール (王子)

 

 

【関西扇面芸術展~滋賀展】

会期:2017年5/25(木)~5/29(月)

   9:00~17:00(最終日16時まで)

会場:滋賀県守山市民ホール

 

 

【関西扇面芸術展~奈良展】

会期:2017年6/7(水)~6/11(日)

   10:00~17:00(最終日16時まで)

会場:奈良県文化会館(1階展示室)

 

 

【関西扇面芸術展~京都展】

会期:2017年6/15(木)~6/18(日)

   9:00~17:00(最終日16時まで)

会場:日図デザイン博物館(都メッセ地下1階)

 

 

【第24回 現代水墨画 墨映展】

会期:2017年6/14(水)~6/20(火)

   10:00~17:30(最終日16時まで)

会場:新宿ヒルトピア・アートスクエア

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

特にあげる記事が思い当たらない日は

 

ほぼ毎日欠かさずに描いている

 

ツンデレ絵手紙でもアップしよう。

 

 

 

 

鳳香の【ツンデレ絵手紙】出張講座いたします。

 

『絵』や『墨』の初心者でもぜんぜん大丈夫です。

 

 

 

・絵を上手に見せる形の起こし方

 

・人を感動させる彩色の仕方

 

・心をザワつかせる、ときめきの文章の作り方(笑)

 

など、ヒミツのテクニックをお教えします。

 

 

 

●1回3時間。受講料+電車往復賃で伺います。

受講料はお問い合わせください。人数が多いほどお安く気軽に受講できます♪

 

●生徒はお2人から何十人でも。

 

●23区内で片道60分くらいの場所まで対応します。

お問い合わせください。

 

●会場はそちらで確保してください。

 

●お道具はご用意ください。一般的な絵手紙の道具でOKです。

墨、硯、筆、彩色筆、筆洗、筆拭き雑巾、下敷、梅皿、顔彩セット、

絵手紙用ハガキ(にじむやつ)、描きたいモチーフの写真や雑誌の切抜きを数枚

 

 

 

お気軽にご連絡ください♪

★お問合わせ・お申込フォーム★

http://form1.fc2.com/form/?id=916173

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


久々の小津和紙。

 

抽象画クラスに年始のご挨拶に。

 

導かれるままフォーラムに参加して、

 

今やってる技法に向いている竹葉箋全紙を購入。

 

 


21世紀鷹峯フォーラム 和紙の作り手と使い手をつなぐ

[主催]小津和紙+100年後の工芸のために普及啓発実行委員会
[共催]女子美術大学
会期:2017年01月09日~01月21日

 

 

 

 

 

 

その後コレド室町へ。やはり年始のご挨拶♪

 

「雪降ってましたよ」のひと言に思わず空を見上げてしまった。

 

 

15977780_1861196177432903_948145521448237724_n.jpg

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


イチ富士ニ鷹の縁起もので、Gallery G2『富士山展』へ。

 

水墨画の先生が出品していました。なんと彩色したもの。

 

画廊にご縁があってお声かけがあったとのことですが、

 

小さいギャラリーで先生の作品を見るのは初めて。

 

オールジャンルに取り囲まれた光景が新鮮でした。

 

 

 

 

15977676_1860274367525084_6680050446517363672_n.jpg

 

清水さん富士

 

15977406_1860274350858419_5143983598994962573_n.jpg

 

16003092_1860274447525076_579176900653467556_n.jpg

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

『ちっぽけな土地にひっそりと息づいているものほど愛しい。

 

逆に愛しいものほど狭いところで物音ひとつ立てずに生きている…』(J.G.)

 

 

 

クマガイモリカズ・画家。

 

「わずか15坪の庭にすべてがあった」

 

と語り、生涯、家の敷地から出ることがなかったそうだ。

 

日常をモチーフに創造は果てなく広がったのだろう。

 

極貧の中、病院へ行くこともままならず幼い息子を亡くした。

 

モリカズは一晩中、亡骸に寄り添い黙々と息子を描き続けたという。

 

さらに数年後、結核で娘をも亡くしたが、

 

 

 

やはりモリカズは筆を動かしていたという。

 

いわゆる変わり者だったのかもしれない。

 

しかし例えばどれほど地の彼方へ旅に身を委ねようと、

 

人生とは、クマガイモリカズのいうそれが

 

全てであるのかもしれないな、とも思う。

 

 

 

『なるべく目だたないようにそっと生きてきた。

 

何げない身の回りをじっと見つめて、描きたいときだけ描いた』

(熊谷守一美術館HP/守一のことより)

 

とあった。

 

 

 

手に余れば、立ち止まればいい。

 

「わずか15坪の庭にすべてがあった」

 

というクマガイモリカズのように、

 

大切なものは案外手の届く範囲にしかないのだから。

 

 

熊谷守一美術館
http://kumagai-morikazu.jp/

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

ただいま鳳香は【2017現水春季展】の制作にかかっています。

 

先達が『現代水墨画協会』を立ち上げて55年。

 

水墨といえば山水、花鳥風月の時代。

 

「ここまで決して平たんな道ではなかっただろう」

 

と55回記念展で話された根岸先生も4回目からの出品だそうです。

 

苦難ものりこえて今があるのだろうと思いました。

 

ともあれ、変化し続ける流れの中をずっと走り続けるということは

 

何より大切な素晴らしいことです。

 

 

 

★鳳香の春の展覧会は以下になります。

 

3月までの間に追加もあるかもしれません。

 

5月以降も予定は目白押しですので、順次ご案内いたします。

 

 

 

【第49回 全日本水墨画秀作展】

会期:2017年3/8(水)~3/19(日)

10:00~18:00(14日火曜日は休館日)

会場:国立新美術館(乃木坂)

 

 

【2017現水春季展】

会期:2017年4/18(火)~4/23(日)

10:00~18:00(22日・23日は17時閉館)

会場:北とぴあB1展示ホール (王子)

 

 

 

 

 


【鳳香について~About Houca】

インディアンインクアーティスト/Indian ink artist

 



【鳳香受賞歴Receiving a prize career/水墨画Indian ink art】

2007年 第29回 全日本水墨画秀作展/奨励賞

2010年 第35回 全日本水墨画秀作展/準大賞

    第36回 全日本水墨画秀作展/豊島賞

2011年 第37回 全日本水墨画秀作展/美術新聞社賞

    第38回 全日本水墨画秀作展/美術新聞社賞

2012年 第39回 全日本水墨画秀作展/特選

    第51回 現水展/新人賞

    第40回 全日本水墨画秀作展/北海道新聞社賞

2013年 第41回 全日本水墨画秀作展/無鑑査推薦

    第52回 現水展/入選

    第42回 全日本水墨画秀作展/現代水墨画賞
2014年 第6回 京都全日本水墨画・俳画・文人画秀作展/巴人賞

    第53回 現水展 秀作賞受賞

    第44回 全日本水墨画秀作展/厚生労働大臣賞受賞
2015年 第54回 現水展/奨励賞
2016年 現水春季展/協会賞


    関西扇面芸術展/京都市教育長賞
    第55回記念 現水展 秀作賞受賞


【受賞歴Receiving a prize career/文学Literature】
2015年 第10回 ちよだ文学賞/千代田賞

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

年末にある忘年会に誘われた。

 

それは何度か飲んだことのあるメンバーで、

 

毎回、奇跡のような楽しい時間を過ごさせてもらっていた。

 

ただその日はスケジュールが詰まっていた。

 

「先生も代表も是非と言ってるから、来てくださいよ」

 

とふだんから親しくさせていただいていた方に言われて悩んだ。

 

スケジュールがきつかったから。

 

年内の締切を2つ抱えて、外出を控えたいタイミングだった。

 

しかし代表の方から直々に

 

「ぜひ、小説が最終選考に残ったお祝いをしたいからきて」

 

「お友だちが海外のお土産を持ってきてくれているから」

 

との好意がありがたく、スケジュールを詰めて伺うことにした。

 

 

 

…実は締切だけでなく、

 

どうしてもその日にやっておかなくてはいけないことがあった。

 

スタッフがいるとはいえ、

 

施設でひとりで年の瀬を過ごさなくてはいけない妹の

 

クリスマスと年越しの準備があったのだ。

 

その夜は一緒にご飯を食べに出かけようと思っていたのだ。

 

なんとか都合をつけるために1日中駆けずり回った。

 

そしてやっと会の終わりの方に顔を出すことができた。

 

 

だけどね。

 

……あんなに辛い夜は、人生でなかった。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

2013年。私の誕生月。

 

おじいちゃんがひとり逝った。風呂場で。

 

高血圧で注意が必要だったのに、

 

汗をたっぷりかくと夜中にトイレに起きなくていいんだと言って

 

熱い湯に時間をかけて浸かるのを常としていたらしい。

 

 

 

見つけたのは同居していた身障者でもある妹だ。

 

彼女は新しい記憶を繰り返しの運動能力で刻むしかできない、子どものような大人。

 

沈みかけているおじいちゃんを見つけて必死で風呂から引き上げたと泣きながら訴えていた。

 

偶然か、逝ったと思われるその時間で、私の部屋の壁時計が止まっていた。

 

 

 

隠居の身であったおじいちゃんはひとりで、

 

趣味の家庭菜園をやりながら、子どもに返った妹の面倒を見ていた。

 

おじいちゃんが逝って、

 

残された妹を誰も引き取ることができず、施設に預けることになった。

 

彼岸や節句の頃に親戚の誰かしらが会いに行った。

 

 

 

左官でもあったおじいちゃんが自分で建てた自慢の家は、住む人を失った。

 

菜園は枯れ、果樹は枝を切られた。

 

そのうちに大学に通う甥が一人で暮らすようになった。

 

一軒家に男の子の一人暮らし。気がかりだったが、干渉も良くないと思い放っておいた。

 

 

 

気づけば、3年が経過していた。

 

2017年が明けて、なぜかふと「そうじに行かなくちゃ」と思い立った。

 

 

 

想像以上に荒れた庭や、ゴミ捨て場のようになった家の周囲を半日かけて片づけた。

 

汚れた手を石鹸をつけてなんども、何度も洗ったけど、

 

指紋の隙間に入った土色は落ちてくれなかった。

 

 

 

ああ、おじいちゃんって、いつもこんな指をしていたよね。

 

と思い出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。