迷惑かけずにぽっくり逝く、すこやか邦のこだわり健康作法

1年1年年をとるたびに、人に言えない心配が頭をもたげてきませんか?
自分の家族に介護の世話を受けるのはいやだと考えている方、是非このブログですこやか邦の健康作法をご覧ください。

迷惑かけずにぽっくり逝く、すこやか邦のこだわり健康作法

迷惑かけずにぽっくり逝く、すこやか邦のこだわり健康作法-読者になる

放射線により低下した 生活の質 を回復する、
QOL回復セラピー を始めました。
お申込みは⇒ http://taikosui.com/

NEW !
テーマ:
前回の投稿から4カ月以上もご無沙汰してしまいました。セラピーが混み合っていて、なかなか投稿する時間が作れなかったと言う事情もありましたが、有機フッ素化合物に結びついたアレルギー群の下に隠れていたアレルギーを分析して、尋常でないアレルギーの蓄積がスタートしたきっかけを明らかにしようと、セラピーに没頭していました。そして、ようやくそのきっかけが見えて来ました。

そのきっかけは、なんと「ケムトレイル」でした。

以下に、その結論にたどり着くまでの経過を説明します。

前の記事で、アレルギーをたくさん持っておられる方が共通して持っている、脳の病的な石灰化「特発性基底核石灰化症」の原因遺伝子をご紹介しました。

 特発性基底核石灰化症の減遺伝子:(SLC20A2遺伝子、PDGFRD遺伝子、PDGFB遺伝子)

石灰化には、

「アレルゲンを隔離して逃がさないようにする」

と言う、アレルギーの基本的な作用を具現化する働きがありますが、必ずしも石灰化でなくても、たとえば「結石」や「腫瘍」でも同じような働きは実現できます。アレルギーの蓄積の多い方は、上記のアレルギーの他にも、以下のような様々な遺伝子の組み合わせのアレルギーもお持ちでした。

 大動脈弁の石灰化:LPA遺伝子
 血管の石灰化: (LPA遺伝子、Msx遺伝子、Runx2遺伝子)
? 石灰化:    (LPA遺伝子、PRODH遺伝子)
 結石:     (SLC20A2遺伝子、プルキンエ細胞、FABP3遺伝子、SLC3A1遺伝子)
 腫瘍:     (ELN遺伝子、STX1A遺伝子)

これらの事から、

「アレルギーの増加=(石灰化、結石、腫瘍)の増加」

と言う図式が見えて来ます。石灰化、結石、腫瘍は、小さいうちは何も問題を引き起こしませんが、巨大化すると隣接する組織を圧迫して様々な問題を引き起こす可能性があります。どうも、慢性病と、石灰化、結石、腫瘍は、切っても切れない間柄のようです。

けれども、これらのアレルギーは、アレルギーを生みやすくはしているかも知れませんが、アレルギー自体を増やすアレルギーではないようです。アレルギーの蓄積をスタートしたきっかけとなったアレルギーは、もっと他にありそうです。そこで、さらにWebで探索したところ、以下の記事を見つけました。

免疫システムの老化を引き起こす仕組みを発見
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20140402-2/

自己免疫疾患を防ぐ遺伝子Fezf2の発見
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20151106/

難しい内容なので私も充分には理解できませんでしたが、どうやら、免疫機構の根幹となる幾つかの遺伝子があり、それらの遺伝子の働きが阻害される事で、免疫機構が混乱状態に陥り、その結果、必要のないアレルギーをどんどん作り始めてしまうようです。その根幹となる遺伝子とは、以下の3つの遺伝子だと当たりをつけました。

 Menin遺伝子
 Bach2遺伝子
 Fezf2遺伝子

さっそく実際のセラピーの中で、上に挙げた遺伝子に結びついたアレルギーを探索してみると、以下の2つのアレルギーがみつかりました。どうもこの2つのアレルギーが、尋常でないアレルギーの蓄積のきっかけとなったと考えられます。後に、これらのアレルギーは、繊維菌痛症や慢性疲労症候群、さらにはエイズにも関わっている事がわかりました。

(BACH2遺伝子、Fezf2遺伝子、EPO遺伝子、VCAM-1遺伝子)
(SASP、PCAF遺伝子、Menin遺伝子、BACH2遺伝子)


それでは、前段の、「石灰化」「結石」「腫瘍」に関わるアレルギー、そしてこのアレルギー蓄積のきっかけとなったアレルギーは、何によって生まれて来たのでしょうか?それを明らかにする為に、こららのアレルギーに結びついているアレルゲンを探索する事にしました。

前段の「石灰化」「結石」「腫瘍」に関わる遺伝子及びその組み合わせは、ことごとく以下のアレルゲンと結びついたアレルギーを作っていました。

 コリネバクテリウム・ジフテリア+ブルセラ菌+マイコプラズマ・ファーメンタンス・インコグニタス

この中の「マイコプラズマ・ファーメンタンス・インコグニタス」については、以前書いた記事の中でも、ケムトレイルによって撒かれた可能性が高いと指摘していますので、それらのアレルギーは、直観的に「ケムトレイル」由来のアレルギーに違いないと考えました。ちなみに、ケムトレイルによって撒かれた可能性が高いと指摘した根拠となった記事は以下でした。

【記事A】生物兵器戦争とケムトレイル
http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=24

「マイコプラズマ・ファーメンタンス・インコグニタス」は人工的に作られたマイコプラズマだとの事です。上記のように、特定の遺伝子と組み合わさったアレルギーを作っていると言う事は、恐らく、遺伝子操作をする働きが人工的に付加されていると考えられます。恐らく、ケムトレイルで撒かれているものは、単に毒性のある物質ではなく、遺伝子操作技術を応用した生物兵器であると推測しています。

一方、後段の、Menin遺伝子、Bach2遺伝子、Fezf2遺伝子、及びその組み合わせにおいては、唯一、Bach2遺伝子だけに、
 コリネバクテリウム・ジフテリア+ブルセラ菌+マイコプラズマ・ファーメンタンス・インコグニタス
と結びついたアレルギーが見つかりました。どうも、これらの遺伝子を操作するのには、マイコプラズマ以外のもっと他のベクター(運び屋)が使用されている可能性があります。

Menin遺伝子、Bach2遺伝子、Fezf2遺伝子の遺伝子は、免疫機能の根幹を担っている遺伝子であり、
エイズ(後天性免疫不全症候群)に関わっているかもしれません。ちなみに、エイズウィルスは、レトロウィルスの一種であるレンチウィルスであるようです。その辺の情報は、以下の記事が大いに参考になりました。

【記事B】湾岸戦争疾病群(GWI)とその隠蔽
http://members3.jcom.home.ne.jp/shishoukaku/090301gwi/gwiindex.html

【記事C】ウイルスベクター
http://www.biken.osaka-u.ac.jp/biken/BioScience/page23/index_23.html

そこで、Menin遺伝子、Bach2遺伝子、Fezf2遺伝子の結びついたアレルギーを探索してベクター(運び屋)を見つけようとしたところ、以下のアレルギーが見つかりました。

 レンチウィルス+(Bach2遺伝子、Fezf2遺伝子、EPO遺伝子、VCAM-1遺伝子)
 エンテロウィルス+(Bach2遺伝子、Fezf2遺伝子、EPO遺伝子、VCAM-1遺伝子)
 溶連菌+(Bach2遺伝子、Fezf2遺伝子、EPO遺伝子、VCAM-1遺伝子)

 アデノウィルス+(SASP、PCAF遺伝子、Menin遺伝子、Bach2遺伝子)
 コリネバクテリウム・ジフテリア+(SASP、PCAF遺伝子、Menin遺伝子、Bach2遺伝子)
 溶連菌+(SASP、PCAF遺伝子、Menin遺伝子、Bach2遺伝子)

上記のうち、レンチウィルス、エンテロウィルス、アデノウィルスなどは、一般的に使われているベクターと思われますが、コリネバクテリウム・ジフテリア、及び、溶連菌と結びついていたのには驚きました。たぶん、ウイルスには感染指向性がある為に、それを補完する目的で複数のベクターを使用する必要があったのだと思います。生物兵器の研究は秘密裏に行われているので、その辺の事情は知る由もありません。

いずれにしても、不特定多数の人が同じアレルギーを持っている訳ですから、その原因は空中散布されていると考えるのが妥当かと思います。とすれば「ケムトレイル」以外には考えられません。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
人間、歳を重ねると身体の中の幾つかの臓器が石灰化してくる事があるようです。これを、生理的石灰化と言うようですが、当然脳にも起こっていて、以下の部位に見られるようです。

■頭蓋内の生理的石灰化の部位
 ・硬膜,小脳鎌,大脳鎌,テント  ・脈絡叢
 ・松果体      ・手網交連  ・基底核
 ・小脳歯状核    ・血管(動脈硬化)
 ・錐体床突起靭帯  ・床突起間靭帯
 WolfgangDahnert:Physiologic intracranial calcification Radiology
 Review Manual Fourth Edition:P190.より引用,改変

脳の石灰化は頭部CT検査で発見できるようですが、たいがい「誰にでも起こる事だし健康上にも問題ないから大丈夫ですよ」と先生から言われるようです。

頭部CTで脳の生理的石灰化はどこに起こる?
http://遠隔画像診断.jp/archives/16802

これに対し、健康上に問題が生じる可能性のある、「病的な石灰化」もあるようです。以前はファール(Fahr)病と呼ばれていたようですが、最近は「特発性基底核石灰化症」と呼ぶようです。

特発性基底核石灰化症
http://www.nanbyou.or.jp/entry/3669

そして、この病気の原因遺伝子として、以下の3つの遺伝子が報告されています。

 SLC20A2
 PDGFRB
 PDGFB

ところがこの遺伝子、今セラピーを受けておられる方の多くが、強いアレルギーを持っていました。今セラピーを受けておられる方は、アレルギーの蓄積がとても多い方です。と言う事は、「アレルギーの蓄積」と「脳の石灰化」になにやら関係があるかもしれません。もしかしたら、「アレルギーの蓄積」=「脳の石灰化」である可能性もあります。

また、イギリスのサリー大学のジェニファー・ルーク博士による緻密な研究によって、松果体が、体の中の器官の中で、フッ化物が最初に蓄積する器官であることが分かったそうです。とすると、アレルギーの蓄積の一番下にある有機フッ素化合物のアレルギー群は、松果体の石灰化に関係しているかもしれません。つまり、「有機フッ素化合物のアレルギー群の蓄積」=「松果体の石灰化」であるかもしれません。

松果体の石灰化によって、私たちは「第三の目」を使えなくなっているそうです。この松果体=第三の目を使えず、2つの目でしか見ないので、肉体や物質(=見えるもの)だけを意識するようになってしまい、ハートや真我(=見えないもの)を意識することなく、本来あるはずの能力が絶たれてしまっているのです。でも安心して下さい。有機フッ素化合物のアレルギー群を減感作する事によって、松果体の石灰化は解消できるはずです。

『第三の目』松果体を活性化する方法
http://oneness555.com/how-to-clean-up-and-activate-pineal-gland


さて、「アレルギーの蓄積」=「脳の石灰化」と仮定すると、アレルギーを蓄積するきっかけとなったのは、以下の3つの遺伝子の変異と考える事ができます。

 SLC20A2
 PDGFRB
 PDGFB

この3つの遺伝子を変異させたものは一体何だったのか?それを解き明かす為に、上記の遺伝子に結びついているアレルゲンを探索してみたところ、以下のアレルギーが見つかりました。

(1)(SLC20A2、PDGFRB、PDGFB)+アンフェタミン+有機フッ素化合物
(2)(SLC20A2、PDGFRB、PDGFB)+(PSE、サイロシン)+(レモン、TBZ)
(3)(SLC20A2、PDGFRB、PDGFB)+ブルセラ菌+塩素酸ソーダ
(4)(SLC20A2、PDGFRB、PDGFB)+ブルセラ菌+アネトール

 アンフェタミン:覚せい剤
 PSE(プソイドエフェドリン):風邪薬に含まれている覚せい剤の親戚
 サイロシン:キノコに含まれるアルカロイドで、幻覚 作用を持つ。
 TBZ:アメリカなどから輸入されるレモンなどに塗られている防ばい剤
 ブルセラ菌:ケムトレイル由来の細菌
 塩素酸ソーダ:枯葉剤
 アネトール:植物由来の芳香成分、エストロゲン様物質として不妊の原因ともなる。

なにやらNWOの影が見え隠れしている感じにも見えます。
?


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アレルギーの蓄積は何層にも重なっていますが、その層と層の間に「薬」や「サプリメント」に結びついたアレルギーが潜んでいて、下の層のアレルギーを隠している事が間々あります。この状態では下の層にあるアレルギーが見えませんので減感作する事が出来ません。そこで、潜んでいる「薬」や「サプリメント」に結びついたアレルギーを探索して減感作してやると、下の層のアレルギーが表に出て来て、減感作が可能になります。アレルギー総合セラピーは、この作業を繰り返しながら、アレルギーの蓄積を上から順番に解消して行きます。

「薬」や「サプリメント」に結びついたアレルギーを探索する為に、過去にある程度継続的に使用して来た「薬」や「サプリメント」をあらかじめお知らせ頂く事にしています。そして、下の層のアレルギーが表に出て来てくれない時には、お知らせ頂いたリストの「薬」や「サプリメント」に結びついたアレルギーがないか探索してみます。たいがいは、このリストの中の「薬」や「サプリメント」に結びついたアレルギーが見つかるのですが、時々、見つからない事もあります。

そんな時にはどうするかと言うと、「風邪薬」に結びついたアレルギーを探索してみます。すると、かなり高い確率で「風邪薬」に結びついたアレルギーが見つかるのです。もともと「風邪薬」を「過去に使用して来た薬」としてお知らせ頂ける方は多くはありません。風邪薬は「薬」の範疇に入らないと考えている方が多いのかもしれません。ところがどっこい、実際にはほとんどの人が「風邪薬」にアレルギーを持っているのです。風邪薬には、様々な症状に対応した様々な成分が含まれていますので、アレルギーを作っている成分も1つだけではないと思われます。

以前の記事で、アレルギーの蓄積の一番下に、有機フッ素化合物に結びついたアレルギー群が何層も重なっていると書きました。その有機フッ素化合物の下の方の層には、覚せい剤や麻薬に結びついたアレルギーが隠れています。以前の記事では、以下の覚せい剤に結びついたアレルギーが隠れていた事をご紹介しました。

アンフェタミン
メタンフェタミン
PPA(フェニルプロパノールアミン)
PSE(プソイドエフェドリン)

その後のセラピーの中では、更にその下に以下の「麻薬」に結びついたアレルギーが隠れている事が分かって来ました。

コデイン
ハシッシュ
ヘロイン
コカイン
サイロシン

えっ、そんな麻薬摂ったことないよ!
と思われる方が多いと思いますが、上記の麻薬は自然界にある植物由来の麻薬ですので、遠い祖先から引き継がれて来ている可能性があります。

そして、上記の覚せい剤や麻薬に結びついているアレルギーを、「風邪薬」のアレルギーが隠してしる事が結構あるのです。と言う事は、その「風邪薬」のアレルギーは、覚せい剤や麻薬に近い成分のアレルギーであると推測されます。実際、風邪薬の中には微量ですが、下記のような覚せい剤や麻薬の成分が含まれているものがあります。

鼻づまり
プソイドエフェドリン塩酸塩

鎮咳作用
dl-メチルエフェドリン
リン酸ジヒドロコデイン

これらは法律で禁止されている覚せい剤や麻薬に比べると、中枢神経への作用や中毒性が弱いとされていますが、とてもあなどれません。風邪をひいたら「とりあえず風邪薬でも飲んでおくか」と言う考えは、とても危険です。

整体法の創始者、野口晴哉氏は、著書「風邪の効用」の中で、「風邪は治すものでなく、経過するもの」と言っています。風邪の症状がそのまま療法になっているのだから、中断せずに経過するのを待つことが重要と言っているのです。私も、風邪をひいたら、「何も食べずにひたすら寝る」ことをずっと実践しています。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お客様の中に、チョコレートにアレルギーをお持った方がおられました。アレルギーの症状としては「下痢」で、便秘ぎみの時に食べると便秘が解消できるとの事でよく摂っていたようです。アレルギーの蓄積が多かったので、基本栄養素コース、慢性病基本コースを終了して、現在症状別減感作コースを継続中でした。

そのお客様から、いつものようにチョコレート食べても便秘が解消されず、むしろ便秘が酷くなって気持ちが悪くなってしまったとお知らせ頂きました。さっそく確認してみると、「チョコレート」単独のアレルギーはセラピーの中で既に減感作されていて見つかりませんでしたが、チョコレートに結びついた以下のアレルギーが見つかりました。

チョコレート+寒天
チョコレート+バナナ
チョコレート+チーズ
チョコレート+白米
チョコレート+わかめのハンペン
チョコレート+ソフトせんべい

そして、これらのアレルギーが全て「便秘」に関わっていたのです。これでは便秘が酷くなるのもうなずけます。これらのアレルギーを減感作したところ、程なく便秘の症状は改善したそうです。

この事例のように、食物アレルギーは、単独のアレルギーより、他の食材と結びついたアレルギーの方が圧倒的に多いのが実態だと思います。単独のアレルギーは、基本栄養素コースの中でたいがい減感作してしまいますので、その後に残っているのは、「組み合わせのアレルギー」になります。組み合わせのアレルギーは、アレルゲンの組み合わせが無限に考えられる訳で、あらかじめ減感作するのは不可能です。ですから、日常生活の中で何らかのアレルギー症状が出たら、その時に食べた食材をリストアップしていただき、その食材の組み合わせの中からアレルギーを探索する事になります。

面倒でも、この作業を繰り返す事によって、だんだん食べられる食材が増えて行き、やがて何でも食べ得られる体に変化して行きます。今まで食べられなかった食材でも、積極的にトライしていただき、アレルギー症状がでたら、その時の食べ合わせをお知らせ頂く事をお勧めします。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
元プロ野球選手の覚せい剤所有・使用のスキャンダル以降、あるお客さまより、覚せい剤のアレルギーがないかチェックするよう依頼がありました。その時は、覚せい剤の成分に強いアレルギーは見つからず、あるアレルギーの組み合わせの中に「アンフェタミン」のみヒットしました。そこで、試しに私自身の身体で確認してみたところ、驚いた事に、「アンフェタミン」に強いアレルギーが見つかりました。「アンフェタミン」と言えば、覚せい剤の代表的な成分で、現在は薬などにも使用が禁止されているもののはずで、どうしてアレルギーがあるのか不思議でした。そこで、日本における覚せい剤の歴史について調べてみる事にしました。

元気の出る薬|覚せい剤問題の歴史1
http://33765910.at.webry.info/201104/article_7.html

(転載開始)

覚せい剤であるアンフェタミンやメタンフェタミンには、中枢神経に対する刺激作用があると同時に、交感神経系を活性化させる作用があり、これにより血管収縮、頻脈、血圧の上昇、瞳孔散大、立毛などが生じますが、その抹消血管を収縮させる作用は鼻やのどのうっ血を除くのに有効です。現在では、アンフェタミンやメタンフェタミンが風邪薬に配合されることはありませんが、中枢神経に対する刺激作用を抑えて依存などの問題が起こりにくい構造にしたプソイドエフェドリンが、鼻炎薬や風邪薬に使用されています。

(転載終了)

現在風邪薬などに使われている「プソイドエフェドリン」は、2000年にそれまで使われていた「フェニルプロパノールアミン(PPA)」が脳出血の副作用を起こす危険があるとして禁止された為、代替品として使われるようになったもののようです。また、現在合法的に使われている「プソイドエフェドリン」が覚せい剤と無関係かと言うと、全くそんなことはなく、以下の記事の通り、これが入った風邪薬が覚せい剤密造の原料となっていると言うのですから驚きです。

プソイドエフェドリンと覚せい剤密造
http://www2.gunmanet.or.jp/Akagi-kohgen-HP/DRamph_and_PSE.htm

上記の記事も結構な驚きでしたが、もっと驚いたのは以下の記事です。戦時中、及び、戦後の混乱期数年間においては、「ヒロポン」に代表される覚せい剤が、覚せい剤だという認識は全く無いままに、疲れを取ったり、気分を高揚させてくれる薬・食品として大量に使用されていたと言うのです。今からすれば、とても信じられない事ですが、戦争と言う異常なシチュエーションの中で、体と心を蝕む恐ろしい薬どころか、とても役に立つ魔法の薬として人々に受け入れられていたのです。

当時「ヒロポン」を使用した人がどの程度いたのかは、詳しい資料が残っていない現在では、はっきりと分かりません。当時の記録が失われ、人々の心の中からも忘れさられてしまった「ヒロポン」ですが、どっこい、その記憶はアレルギーとしてしっかりと体の中に記憶されていました。

除倦覚醒剤ヒロポン|覚せい剤問題の歴史3
http://33765910.at.webry.info/201104/article_9.html

突撃錠、猫目錠—覚せい剤の軍事使用|覚せい剤問題の歴史4
http://33765910.at.webry.info/201104/article_10.html
ヒロポン入りチョコレート|覚せい剤問題の歴史5
http://33765910.at.webry.info/201104/article_11.html
ヒロポン国を亡ぼす|覚せい剤問題の歴史6
http://33765910.at.webry.info/201104/article_12.html
ブラックマーケットの誕生|覚せい剤問題の歴史7
http://33765910.at.webry.info/201104/article_13.html
その後のセラピーの中で、アレルギーとして認識される覚せい剤は以下のものになります。

(1) ATS(アンフェタミン型中枢神経興奮薬)・・・以下の覚せい剤の総称
(2) アンフェタミン製剤         ・・・「ゼドリン」「アゴチン」などの商品名で出回る。
(3) メタンフェタミン製剤        ・・・「ヒロポン」「ホスピタン」などの商品名で出回る。
(4) PPA(フェニルプロパノールアミン) ・・・2000年まで、鼻炎薬・風邪薬の中に含まれる
(5) PSE(プソイドエフェドリン)    ・・・2000年以降、PPAの代替品として使用される。

これらの覚せい剤に結びついたアレルギーは、アレルギーの蓄積の一番下に隠れているようです。アレルギーの蓄積の一番下の層は、「有機フッ素化合物」に結びついたアレルギー群が何層も層を作っていますが、一番多い方では、15層と言う方がおられました。このお客様では、覚せい剤に結びついたアレルギーは、その15層目のアレルギー群を減感作した後に出て来ました。それだけ、この覚せい剤が特殊な薬である事を伺わせます。

ある時、覚せい剤に結びついたアレルギーが出て来た時に、何故か特定の遺伝子のアレルギーが一緒に出て来るのに気が付きました。その遺伝子は、「ELN(エラスチン)」「FKBP6(FK506結合タンパク6)」「LIMK1(LIMキナーゼ1)」の3つでした。ただし、3つ共にアレルギーがある訳ではなく、「ELN」1つのみか、「ELN」と「FKBP6」、または、「ELN」と「LIMK1」の2つの組み合わせでした。これらの遺伝子は、いずれも「ウィリアムズ症候群」の原因遺伝子として発見されている26個の遺伝子群に含まれています。

覚せい剤が、中枢神経に働きかける事を考えれば、覚せい剤がこれらの遺伝子を傷つけているとも考えられます。試しに、覚せい剤と遺伝子が結びついたアレルギーを探索してみると以下のアレルギーが見つかりました。

(1) ATS+ELN+PSEN2
(2) アンフェタミン+LIMK1+MTHFr
(3) メタンフェタミン+FKBP6+GSK3β
(4) PPA+FKBP6+TNIP1
(5) PSE+LIMK1+MTHFr

どうも、覚せい剤全般には「ELN遺伝子」を傷つける作用がありそうです。併せて、成分によって、「FKBP6遺伝子」あるいは「LIMK1遺伝子」のどちらかを傷つける作用がありそうです。さらに、ウィリアムズ症候群の原因遺伝子以外の遺伝子も傷つけている可能性もありそうです。覚せい剤なんて自分には無関係とお考えのあなた、今かかえている症状の原因が、実は両親や祖父母が知らずに飲んだ「ヒロポン」だったかもしれないのです。

ウィリアムズ症候群(研究と評価と治療)
http://www003.upp.so-net.ne.jp/Williams/S1/1-1-09.html#0

エラスチンって、いったい何?
http://www003.upp.so-net.ne.jp/Williams/S3/3-2-01.html



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。