viola diary

and etc...


テーマ:

あの衝撃の引退から4か月…
町田樹さんの引退後初のアイスショーを
プリンスアイスワールドで観てきました。


まるで、美しい森の精霊が氷上で
バレエを踊っているかのようでした。


輪郭がシャープになって
タツキラインも磨きがかかって
とても美しかったです。


他のスケーターさんも素晴らしかった
けど町田樹だけ明らかにやってる
ことが違う…そんな異次元感覚。


現役時代も凄い選手でしたが、
たった数か月間で、私たちの予想を
はるかに超えたセカンドステージに
いる町田樹さんになっていました…!!


まずは、オープニングで一番最初に

突然サーッと登場し、見事な3Lzを
決めたかと思うと、サーッと消えていった…



ま、まちださん…!! 
突然すぎてびっくり!しかもキレッキレ!!



めっちゃかっこいいしとにかく美尻が
目に焼き付いてしまった…


そして公演の後半に、
いよいよ町田さんの演技です。

作品名: 「継ぐ者」
使用曲: シューベルト
      即興曲集 第3番 変ト長調,D899,Op.90
作品コンセプト:

人間は誰もが何らかの「継承者」と言え、その人生を全うする過程で、「受け継ぐ者」と「受け渡す者」の両者を経験することになるはずです。人から人へと連なる、過去へも未来へも永遠と続く、その連綿たる連鎖の中に存在すること——— をコンセプトに、先人たちが辿った軌跡と、未来を形成する者たちに思いを馳せ、「継ぐ者」を制作しました。


町田さんが今まで培ってきたものを
存分に生かし、新しいものを創り上げ
ようとしている思いが伝わりますし、
周りのスケーターに向けてもとても良い
刺激になっていくのではないかと思える
コンセプトに感じます。


6分の演技でその中に6種類のジャンプ
しかもそれぞれのジャンプが表現上
最もふさわしいからちで入るような
作品を目指したそうです。


演技冒頭は、白鳥が佇むようなポーズ。
美しく神がかっていて思わず涙ぐんで
しまいました。


作品全体が流れるように美しく優雅で、
ジャンプが完全に作品の中に溶け込み、
柔らかく気品に包まれていて、幸福感が
溢れて…夢心地になってしまいます。




衣装もライティングも非常に美しく凝っていて、

町田さんも細かく指示を出したんだろうな
と感じられました。



6分間があっという間に流れ…

演技後はスタンディングオベーション
の嵐となりました。



…完全にお心持っていかれました。

そしてじっくり観たはずだったのに、
終わってみると夢のように消えてしまう…


これ観た後は余韻に浸る時間が
絶対に必要です。その後の荒川さんの
女神のような美しい演技がまったく
観れませんでしたから…
それほど圧倒されてしまうのです。



6分間の作品!?
そこに6種類全てのジャンプ!?

そんなこと前代未聞!と思いましたが、

体力、技術も最高潮の状態で

そこに芸術を存分に融する。


彼がやりたかったのはこういうこと
なのかなと観終わって思いました。
そのためにはあの時期に引退する
ことが必要だったのかもしれません。
大学院の研究の一環として。


…あ!大学院の準備があるからって
引退したけど、この演技のための
準備だったってこと??
ホントそうかもしれない…!


話が逸れましたが、
演技後立てないほどになっていた
時もあったそうなので、相当な
体力を要するのに完璧に演じて
いて凄かったです。


町田さんの演じる姿勢は、
一つの作品を長きに渡って演じる
バレエ公演のようです。


だから、完璧なものを仕上げるのに
相当な努力や、お披露目する緊張も
あったと思います。本当に素晴らしいです。
幸せと感謝で一杯になりました。


町田さんはバレエダンサーにも
なれそう。
雰囲気も劇場の向きだし…


でも純粋芸術としてのフィギュアスケート

という新しいものを創り上げようとしている
ところが町田樹なんだろうな…と思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、プリンスアイスワールドでは
公演後にスケーター達がリンクサイドを
回ってくれる「ふれあいタイム」
なるものがあるのです!



なんなんでしょう!この色気がある可愛らしさは。
人間じゃないみたいなんですよ・・・ホント。



町田さんの幸せそうな表情していました。
とても嬉しかったです。


まっちーが近くに来たので、
めちゃくちゃ緊張しながら、
「町田さんありがとうございます!」
と言ったら、胸に手を当てて目の前で
丁寧にお辞儀をしてくれました。
心臓止まりそうでした…!!


「ありがとうございます」と言って
くれたまっちーの声がかすかに
聞こえました… !!


まっちーは森の精霊さんでした…

一つのプログラムを作るのに、
テーマやその作品の背景や演技
構成などあれだけ綿密に作り上げて
演じることができるスケーターって
今までいただろうか……


まさに純粋芸術としての
フィギュアスケートの域になって
いるし彼ならそれを確立して行けると思う。


町田さん、本当に素晴らしかったです。
また観たいですもっと観たいです。
一度見たら中毒になります。


いつか、町田樹スケートカンパニー
を設立して町田樹総プロデュースの
公演を観てみたいです!


町田樹文化が作られる、
そんな気がしています。


町田樹 OFFICIAL WEB SITE 
とても素敵なサイトです!


町田さん、応援しています!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ケネス ワプニック著 「奇跡講座入門」より抜粋


この世界を動かしているのは、
罪悪感と攻撃のサイクルであって、
愛ではありません。


もし誰かが、この世界は愛によって
動いていると言うなら、その人は
自我についてよく知らない人でしょう。


愛とは神の世界のものであり、
その愛をこの世界で反映する
ことは可能ですが、
この世界に愛の居場所はありません。


あるのは、
罪悪感と攻撃の居場所だけです。


そして、この力動が、個人としてであれ、
集合的にであれ、私たち自身の人生の
中に頑として存在しているのです。


ゲイリー・R・レナード著 「神の使者」より抜粋


アーテン: 多くの人たち、特に
スピリチュアルな善人たちは、
この宇宙に殺人的な思考システムが
働いていることを知らない。


あるいは自分の心の水面下に憎悪が
あることを知らないんだ。


それに大抵は知りたいとも思っていない。


ただすべてが気持ちよく快調で
あることだけを望んでいる。


その人たちが平和を願っているのは
結構だが、ほんとうの平和は、
エゴを隠し続けることではなく
解体することによって見つかるんだよ。


だからこそあなたはこの人生で
平和と喜びを求める意欲を思い出す
べきなの。そのほうが苦しむより
いいんじゃない?


人は「自分は苦しんでいない」とか
「罪悪感なんかもっていない」と
思うかもしれない。でも実際には
心のなかにあって、
行動化されるのを待っているのよ。


奇跡講座 ワークブック より抜粋

レッスン33
「世界について別の見方がある」

今日の主題概念は、
世界についてのあなたの知覚を、
その外側と内側の両方において
変えられるということを、
認識しようという試みである。

•••略•••

心をかき乱されそうになる状況が
生じたときには、次のように言う。


「このことには別の見方がある」


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

外側の対象物によって
自分の心が変わるのではない


ここ一か月間片づけ祭りをして
思ったことです。


例えば、
今使っているベッドリネンが
そろそろお役目終了かなぁ。。
と思っていて、


新しいベッッドリネンだったら
どんなに快適に感じるだろう。
と思っていました。


そして、見た目も品質も良い
ものがありそれを買いました。
とても気に入った満足のいくものです。


さぞかし快適に感じるだろう、
とわくわくして変えました。


ところが実際は思っていたほど
ではありませんでした…。
確かに快適で気分はいいのですが。。


なんかつまらない。。(笑)


他にも色々新しいものに変えましたが、
だいたい同じような感じでした。
というか、片づけ全般において
そうだったのです。。


かなり片づけ整理整頓掃除をしたのに
思っていたより気分がすっきりしない・・・
確かに物は整理されて空間は
すっきりして快適になりましたが。


私の期待が大きすぎるのかな、
まだ片づけるものがあるのかな、
と思っていたのですが、
7,8年片づけをやってきて
どうやら今回は違う。。


私は外側のものや環境や対象物に
よって幸せになるんだ、ということを
まだまだ信じていたんだなあ…
と改めて気づきました。


逆のことも言える。
例えば、私はこの状況によって
不満を感じているわけではない。


ベッドリネンという小さなことだけど、、
気づいたものは大きいです。


すっきりとした環境や、清潔で
綺麗なものの方が、気持ちは
クリアで心地がいいのは確かです。


でも本質はそこじゃない。。


奇跡のコース(A Course in Miracles)
の教えが腑に落ちました。


世界を変えようとするのはやめなさい
そうではなく 世界についての
あなたの心を変えることを選びなさい

(テキスト第21章 T-21.in.1:7)


結果であるこの世界(自分たちが
生きていると思っている幻想世界)
の中を変えるのではない。


変えた、と思ったものは、
幻想が他の幻想に変わっただけで
根本的には何も変わっていない。


そうではなくて、
その幻想(結果であるこの世界)
を作り出してしまった原因(心)を変える。
そうすれば、外の世界を見るときの
知覚が訂正されていく。


すると世界の状態がどう表れて
いるかが重要でなくなってくる。


次第に間違った心も消えていく。。
分離した(と思っていた)心は
正しい心と同一化して消え去り、
源へ還っていく。


これが本来もたらされる結果なんだ。


・・・だからといって、
部屋がぐちゃぐちゃのままで
いいというわけではないですーー(笑)


掃除をしたり綺麗にしておくと
どんどん感覚が冴えてくるので
片づけはオススメです
(特に こんまりさん流)


それに物が少なくスペースが
あった方が、必要なものや
情報がすんなり入ってきます。


手放せば入ってくる。
空白の法則、ってやつですね。


二元的には(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

もうここ一か月ほど片づけ祭りが
続いています(笑)


片づけブームのきっかけは、
7,8年前に読んだ、カレンキングストンの
「ガラクタ捨てれば自分が見える」
という本でした。


4年ほど前に、
以前住んでいた家と現在の
家の断捨離を実行。その時の記事
震災を機にさらに物を少なくし、


一年半程前に、
こんまりさんの本を読み、
断捨離とはまた違う観点から
片づけ祭りをしました。その時の記事


それからかなりすっきりした
生活をしていたのですが、


一か月ほど前、
ふと、キッチンのお菓子作りの
道具が収納されている収納を
使いやすいように整理してから、


あれ?こっちも、ん?あっちも、と、
自分の部屋をはじめ家中の物をと
向き合っては捨てたり整理して掃除。


今まで結構捨てたと思っていましたが、
不要なのに、ときめかないのに、
捨てられないものが、思っている
以上にありました


そこには様々な執着やこだわりが
あったことに改めて気づき、
それらを沢山手放せすことができて
かなりすっきり!しています


もう大体終わりなのですが、
でもまだ何だか気持ち的に
すっきりしないのです…


そんなときは、必ず片づけや
掃除ができていない場所やが
あるんです。今はそれを探しては
ちょこちょこやっています。


実をいうと、もっと捨ててしまい
と思っています(笑)
相当浄化したいようです。


それと、片づけ最中についつい
他人の片づけが気になってしまう
のですが、それも自分の片づけが
完全にできていない証拠。


そんな時はとにかく
自分の片づけに集中する。


自分の見ているものは
例外なく全て自分の心の投影
なので、自分が整えば周りも整う。


もうすぐ春分の日。
その日に向けて無意識に
片づけをしていたのかもしれません。


こだわりや執着を手放して、
沢山スペースを作って
身軽に行きたいと思います

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

やすらぎの部屋のコオさんによる
奇跡のコースのお話会に行ってきました。
コオさんにお会いするのはなんと15年ぶり!


15年以上前、コオさんのパートナーの美保さんに
フラワーエッセンスを処方してもらっていました。


その少し後ぐらいから、コオさんが奇跡のコースの
クラスをされていることはHPで知り、内容も知らずに
なぜかとても惹かれていたのですがそのままに。。
そして今、やっと学び始めることができました。


コオさんのお話は軽やかで楽しく
その下には愛が流れている。。


お話会のことをブログにしようと思うと
何を書いていいのかさっぱりわからなくなって
しばらく時間が経ってしまいました。


言葉では上手く表せなくて。。


ということで、そのときに配れた
奇跡のコースの序文を載せます。


A Course in Miracles

奇跡のコース 本文

・・・序文・・・

奇跡の道。必修すべき道である。いつ取り組むかということだけはあなたの随意。自由意志とは学ぶ内容を自分で決められるという意味ではない。ただ好きなときに何を取りたいかを選べるだけのこと。

この道は愛の意味を教えることを目指しているのではない。なぜならそれは教えられることを超えているからである。しかしながら、愛は現存する、と自覚することを遮るものを取り除くということはたしかに目指している。

そしてその愛はあなたが生まれながらに受け継いでいる。愛に反するものは恐れであるが、すべてを含み持つものは相反するものを持ちえないのである。

したがってこの道は、次のようにごく簡単に要約することができる。

・実在的なものは何も驚かされることはない
・非実在的なものは何も存在しない
・ここにこそ神の平安がある



これまでとは別の、世界に対する見方がある。
それには、ほんの少しの「理解したい」という意欲を持つこと。


コオさんと再会できてとても嬉しかった…!
たくさんの愛をありがとうございます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。