"MATSU" 飲み比べたいスペインワイン!

テーマ:

先日、とあるイオンモールの新規OPENだったので、

ふらっと散歩がてら館内を散策してきました。

 

1階にかなり広くスペースをとったワインショップが

あったので、物色していると、

 

目に飛び込んできたのが!このワイン!


(横向きで申し訳ない)

スペインの"MATSU "というシリーズのワイン。

 

何より目を引いたのが、このラベル!

 

「なんだ!?僕が作ったワインですよ!」的な、

 

自己満ワインかな?と思いましたが、

 

プレゼント用として、ウケ狙いで購入。

 

 

ところが!「ウケ狙い!」だったはずが、

 

飲んでみると、意外にも美味しかった!!!

 

調べてみると、この"MATSU"(マツ)には、

 

日本語で「待つ・松」から来ているそうで、

 

日本の「わびさび」をイメージしてつけた名前だそうです。

 

 

そこには、

 

「100年以上もの貴重なブドウの古樹の畑を、

 

 大切に守り続けてきた農夫の尽力に

 

 感謝と敬意をささげたワイン」

 

という想いがこめられていました。

若者のラベルのワインの他にも、

 

3つのグレードのワインがありましたので、

 

詳しくはWebサイトで!

AD

ワインに合う世界のチーズ!

テーマ:
ワインのおつまみ!と言って、まず初めに思い浮かべるのは・・・チーズですよね!?


そんなワインのお供に最適なチーズですが、種類があり過ぎて、

どんなチーズがどういうワインに合うのか、難しいと思います。


そこで、世界中のチーズを簡単にですが解説付きで紹介して行こうと思います。

まずはチーズにもいろいろとタイプがあるので、その概要から!


1.セミハードタイプ:

 日本人に一番馴染みのあるチーズ、クセも少なく、保存性が高く、味の変化・劣化も少ないので、スライスしてそのまま食べても良し、料理のアクセントととして使っても良し。


2.ハードタイプ:

セミハードタイプよりも水分量が少なく食感が固めのチーズ。長期間の熟成を経て、その旨みを引き出していく。


3.青カビタイプ:

ゴルゴンゾーラなどで知られる「ブルーチーズ」と呼ばれるタイプ。青カビの繁殖に必要な要素である塩分濃度が濃いため、「キツイ塩味」が特徴的。


4.白カビタイプ:


「カマンベール」がこのタイプ。表面に「白い粉」がふいたようなチーズで、青カビとは異なりクセが少なくもっちりとクリーミーな味わいが特徴的。


5.フレッシュタイプ:

「お豆腐」とほぼ同じ工程を経て作られる、熟成を必要としないタイプのチーズ。「モッツァレラ」や「マスカルポーネ」が良く知られている。


6.ウォッシュタイプ:

表面に付着させた菌を「洗いながら(ウォッシュ)」熟成させていくタイプのチーズ。「枯草菌」という納豆にも使われているものと同種の菌を付着させ、主に塩水で洗いながら作られている。


7.シェーブルタイプ:

「シェーブル」とはフランス語で「山羊」の意味で、山羊の乳から作られるクセの強いチーズ。


8.プロセスタイプ:

日本人に一番馴染みのあるタイプのチーズで、上記のナチュラルチーズを溶かして再度固める事で作られるチーズ。この過程を経る事で、「熟成がとまり」「保存性が高まる」ので、美味しい状態のままチーズが食べられる。


ここでは簡単にそれぞれの概要だけですが、

それぞれのチーズの詳細や、合わせたいワインなどをWebサイトで紹介しています。

まだ書きかけですが、良かったらサイトも覗いてください!

Webサイト : vino! wine! vinho! vin! こちらのページから!!

季節やイベント事に合わせた、プレゼントとして贈りたいワインや食材も紹介しています。

プレゼント用の紹介はこちらのページから!

AD
Vino! Wine! Vinho! Vin! 今回のおすすめワインは2本!

・かわいい犬のラベルが特徴的な

「コラヴィーニ・カベルネ・ロンカッチョ」

カベルネ・ロンカッチョ



・日本の山梨県勝沼ワイン「麻屋ノワール」

麻屋ノワール

麻屋ノワールは、創業大正10年という歴史を持つ葡萄の産地・勝沼で、土着品種のブドウとそれを交配させて生まれたオリジナル品種を使用して造られたワイン。

「日本にしかない!勝沼にしかない!」ワインを造ろうと取り組まれてきた麻屋葡萄酒株式会社が醸造している。

「花鳥風月」をテーマにしたラベルも面白い!

詳しくはWebサイトで!!


AD

ふいに衝動買いしたワイン!

テーマ:
最近買ったものは?ブログネタ:最近買ったものは? 参加中
ふいに衝動買いした、ワイン。

ランブルスコ!
微発泡の赤ワイン!

赤ワインとは言いながら、

微発泡なので飲みやすく、

ワインを飲み慣れていない方でも

大丈夫!


でも赤ワインなんで、

しっかりと飲み応えもある!


安かったんで休みの日に飲もうかと、

買ってはみたが、かれこれもう1週間以上!

冷蔵庫で冬眠中(笑)



そんなワインの話をいろいろと解説やら、

季節別にプレゼントとして、

贈りたいワインなどを紹介しています。


詳しくはサイトで!

写真と一言で簡単に♪Amebloでフォトログを書こう