ことだま

テーマ:
韓国語のことわざに
 
「말이 씨가 된다」
(マリ シガ トゥエンダ)
 
直訳すると、
「言葉は種になる」です。
 
言っていることが現実になるから気を付けて」ということわざです。
 
「가는 말이 고와야 오는 말이 곱다」
(カヌンマリ コワヤ オヌンマリ コプタ)
 
訳すと
言う言葉が美しければ、返ってくる言葉も美しい
 
日本語だとしばしば「売り言葉に買い言葉」と
 
訳されてしまいますが、
 
けんか腰ではなく、もう少しお上品なニュアンスです赤薔薇
 
どちらも発言したことが、最後には自分にふりかかってきます。
 
他の国にも、言葉にまつわることわざがあるかもしれません。
 
 
日本語では、ことだまというものがありますね。
 
発言した言葉には、魂があって外を駆け巡り、
 
最後には自分のところへ戻ってきます。
 
相手に飛んでいって、そのまま行きっぱなしではないと思っています。
 
相手を呪えば、いつか自分に報いがやってくるドクロ
 
似たようなものに、「情けは人のためならず」ということわざがあり、
 
情けをかける(親切にする)と、巡り巡って自分も情けをかけられるということで、
 
これは言葉ではなく、行動ですが、
 
言ったことは、思考にあったこと、
 
思考にあることは、これを基本に行動します。
 
 
発言したことは、自分の耳も聞いています耳
 
耳で聞いたことは、まるで外からの情報のように
 
自分の思考にプラスされて、
 
さらにその思考が確かなものになっていきます。
 
自分の思考と同じなので、共鳴してばっちり相乗効果ですグッド!
 
 
例えば、先輩から嫌な目に合い、
 
思いつく悪口をさんざん言いまくる。
 
その時の気分は、すっきりします。
 
でも、先輩への悪いイメージがロックされて、
 
それで先輩と仕事をするから、余計うまくいかなくなる
 
仕事がうまくいかなくなれば、自分に返ってくる。
 
キャー!恐ろしいー
 
(例えです、ストレスは別の方法で解消して、他の方法で防御してください)
 
マイナスの例えになりましたが、 
 
自分の発言が考え方、行動につながっていることは確かです。
 
なので、
 
ハッピーな気持ちのときや目標があるときは、
 
声に出していうくちびる
 
気分も良くなって、次の幸せな一歩がでますハート
 
 
反対に言葉を受け取った方は、
 
それに対して行動(反応)します。
 
それが巡って自分に返ってきます。
 
他の方から言われた自分の良いことよりも、
 
悪いことってなかなか忘れられなくて、
 
心に引っかかったままになりますねもやもや
 
それに引きずられて悪い方向へ、
 
それをまた他の人に言うもんだから、
 
余計に確信に変わっちゃって、
 
負のスパイラルですハートブレイク
 
負の思考が、負の行動に・・・。
 
もう受けちゃったものは仕方がない。
 
その悪い引っかかるものをハッピーな方へルンルン
 
自分で口に出して、言い直しちゃえばいいんです。
 
心がどよーんとしたままじゃもったいないですからね。
 
家族との大切な時間や、仕事がうまくいくために、
 
自分をたっぷ~りかわいがっちゃうラブラブ
 
 
先月、新しい年のちょうど良い節目だったので、
 
お知り合いになった占い師さんに、
 
自分の強みや今後の流れなどを占っていただきました。
 
雨森 亜子さんとおっしゃっる方で、
 
負のことばで、相手を縛り付けたりしません。
 
ひとりづつ固有にある星の位置をみて、
 
強みを把握してしっかり強化して伸ばしていく方に、アドバイスをくださいましたキラキラ
 
そして、前に進む力も与えてくださいます。
 
いままでのことを面白いほど言い当てられてびっくりしましたびっくり
 
「ボランティアやNPOなどの活動や海外に関することやっていませんでした?」と言われたんですが、(言い方は違います)
 
たしかに、大学生の時にNGO活動、しかも海外関連の活動していました! 
(当時はNGOという名前でした)
 
しかも、留学先の韓国でも別のNGO活動していました~
 
ギョギョうお座うお座 びっくりです!!
 
性格や家族のこと、他のことももばっちり当たっていましたポーン
 
「過去はこうで、こういう流れできていて、
 
そのあとはこういう流れ」と流れやポイントとなる時期、
 
健康、体ケアなどアドバイスしていただいたのですが、
 
やわらかい雰囲気で、的確に明るくお話してくださいますお願い(見習いたい)
 
 
占いをしてもらうことは、どんなことか??
 
亜子さんのブログに、
 
「生理周期があらかじめ分かっていれば、その時に海水浴の予定を入れないのと同じ」と
 
あるんです。
 
自分の星を読み解いて、
 
流れをつかんでいれば、
 
目標が明確になり、そして気持ちに余裕ができます。
 
その輝く周期がくるまでの積み重ねが大事」とおっしゃいます。
 
 
 
当の亜子さんですが、占いを始めたきっかけが面白いんです。
 
「雑誌の星占いみても当たったためしがない。」
 
そこで、研究し始めたんですって。
 
そしたら、同じ星座でも
 
ひとりひとり生まれた時の星の位置が違うから
 
そこを詳細にみていったら、
 
当たるようになったんですってキラキラ
 
星占い当たらなかったら、たいてい興味なくしますよねウインク
 
 
 
西洋占星術 :雨森亜子さん
 
総合鑑定、講座、イベントなどの情報は、
ブログ「あけたりしめたり」(←検索してみてください)
 
で更新されます。
 
亜子さんの魅力がたっぷりつまっています宝石赤
 
 
長い文章になりました。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございますピンクハートピンクハート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD