1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-02-28 11:04:08

過熱感に対する不安を削ぐような上昇

テーマ:投資
東証一部売買高 752,970,000 / 日経225 11742.39 +84.14 / TOPIX 1176.36 +9.03

朝方発表された、鉱工業生産が予想を上回る数値を出して来たことをきっかけとして、大手電気株などにも積極的な買い物が入り、指数を大きく押し上げた。また、CRB(コモディティー・リサーチ・ビューロー)先物指数が1981年4月以来、24年ぶりの300台乗せを達成したことで、商品市場に投機マネー流入の継続が期待されることから、鉱業、石油、海運などの市況銘柄にも強気の買いが継続している。

業種別では上から、鉱業、海運、石油石炭、鉄鋼と続き、金融市場への資金流入拡大期待から証券商品先物がそれらの次へと続いた。
海運では共栄タンカーが再び騰勢を強め、大平洋海運などがあとに続いた。鉱業、石油石炭は全面高で、過熱感を危惧する勢いを削ぐような強さを見せている。富士興産は冷やし玉を交えながら丁寧に買い上げられ、決して値は飛ばさせない雰囲気を継続。

新興市場も活気づいた。これまで鳴りを潜めていた、ファイナンス・オールやフォーサイドなどが、地味ではあるが着実に上値を追っている。セプテ-ニが前日の保ち合いを離れ、インターアクションが値を吹いた。FVCは売り物に押されたが、下値では買い圧力が強く、現段階で長い下ヒゲを持つ日足を示顕している。戻り高値を狙う準備に入るのか気になるところだ。べリトランスは下値で雲に突入し保ち合いに入ってしまっている。何か上昇のきっかけが欲しいものだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)
2005-02-28 08:28:30

朝高後値を下げ、再び上値を伺う展開

テーマ:投資
日経 11658 先物 11660

先日も書いたように、NYは原油価格の高止まりが続くとの見方から、石油株を中心とした買いが膨らんだ。これを受けて、欧州市場も同様の展開。鉱山株やエネルギー関連が賑わいを見せた。また、国際商品価格が上昇し、CRB指数が24年ぶりに300台を付けていることにも、留意しておくべきだろう。確かに、消費財は生産過剰が時代の趨勢ではあるが、その元となる資源は中国問題なども大きく、供給不足が懸念されている。

日経平均は、8時50分に発表される鉱工業生産指数を睨みつつ、11700円台ブレイクを狙えるタイミングに入っている。ただ、海外市場の過熱感を心配する向きや、決算期末を控えた売り物を警戒する動きなども予想されるため、上値は抑えられ易い環境でもある。
騰落レシオは長期移動平均線上で下げ止まり、上昇転換。前回の高値に比べれば、値は低いものの、一応警戒しておきたい水準だ。

利は七、八分 Blog Ranking
AD
いいね!した人  |  コメント(25)  |  リブログ(0)
2005-02-28 00:25:51

5009 富士興産 月足

テーマ:投資
主だった市況関連銘柄の月足を見ると、このような動きに収斂するものが多い。
これらの銘柄の顕著な騰勢は、昨年一年を通して長い保ち合いを続けてきた日経平均を、本格的に上へとブレイクさせるものであるのか、気になる所だ。
もし、そうであるとすれば、今年の市場全体が予想以上の大相場を演じてくる可能性もあるのかもしれない。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-26 14:11:06

来週の見通し 引き続き市況関連の動向に注目

テーマ:投資
昨晩のNY市場では、ダウが前日比92ドル81セント高の1万841ドル60セント、ナスダックは13.70ポイント高の2065.40と3日続伸となった。プルデンシャル証券が長期的なエネルギー価格の上昇を予想したことをきっかけとして、エクソンモービルが上場来高値を更新するなど、エネルギーや素材関連を中心に買い物が膨らんだ。テクニカルを見ると、依然として12月以来の高値を付けて来た、ダウ工業株30種平均指数が相場を牽引する形となっている。これは、中国における原油需要の恒常的な上昇など、エネルギー価格の高止まりが予想されることや、それに連動した鋼材などの、素材価格の上昇が大きな要因となっている。そのため、ハイテク中心のナスダックはダウの後塵を拝する形で取りあえずの連動高となっている。テクニカルを見ても、ナスダック総合株価指数は雲の下で上値の重い体勢を取っていることが理解できるだろう。

これを受けて、日本でもしばらくは素材やエネルギー関連の銘柄が注目を浴びることとなりそうだ。ここ一週間程、狭いボラティリティーで終始してきた日経平均が、アノマリ-的な一瞬の冷却を経て、再び値幅を拡大させてきており、その牽引役となるのが、鋭い上昇を見せる、繊維、パルプ、非鉄、資源株となりそうだからだ。中でも安定感を感じさせるのは、石油、倉庫株である。

これには、需給における要因も絡んでいる。先日発表された、2月第3週(14~18日)の投資家別売買動向を見ると、外国人が10週連続の買い越しとなっており、国内機関投資家と個人投資家はいずれも売り越しとなっている。主な買い手が外国人に限られている限り、積極的に物色されて行くのは米国と同じく市況関連株となるであろうことは容易に予測出来る。しかも、国内ではオイルマネーを戴いた欧州系のファンドが活発に動いていることを考えてもそうした予測は補完され易いであろう。モルガンスタンレーなど米系金融機関なども米国株よりは欧州株を好んでおり、国際資金の動きは欧州系ファンドの意志決定に左右され易い状態にあるということも、考え合わせておく必要があるだろう。

来週の動きであるが、引き続き日経平均はアメリカ主導で回転してゆくこととなりそうだ。米商務省が25日に発表した昨年10~12月期のGDPの実質成長率の改定値は年率換算で3.8%増となり、速報値である3.1%増から大幅に上方修正されたことで、米国経済の先行きに対する期待感から、ダウが堅調に推移する可能性が高いからだ。このGDP値の上方修正はカナダが統計ミスで昨年11月の自国の貿易黒字を下方修正したため、米国GDPの押し下げ要因だった米貿易赤字が縮小されたことが原因だ。この予想外のサプライズにより、双児の赤字などを懸念する向きのヒステリックな弱気論が幾分緩和されそうな気配である。

新興市場も、ジャスダック指数が先日移動平均線を下抜けたものの、再び上昇基調を強め、マザーズ指数も下値では株価を押し上げないように丁寧な買い物が入っていることから再び上値を目指し始めている。ヘラクレスは下落幅が小さかったため、マザーズのようにボラティリティーは高くはないものの、その分堅調に値を保っている。ヘラクレス銘柄の中で、業績などに問題がないにも関わらず大きく値を下げた銘柄などがあれば狙い目と言えるかもしれない。
いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)
2005-02-25 08:46:00

日経平均は堅調、個別は

テーマ:投資
日経 11531 先物 11550

NYでは、耐久財受注で、変動の激しい郵送用機器を除けば電機や機械などの資本財受注が伸びていることなどをきっかけとして、大幅に上昇している。上値の重かったナスダックも堅調。

日経平均も抵抗線となる11560円は、軽く上ぬけそうなことから、再び11700円に向けて再起しそうだ。原油高に関する悪材料もほぼ織り込むような動きとなるのではないか。
ただ、再び個人の信用評価損益率が悪化していると観測されているため、個人投資家のシェアが高い新興市場銘柄の中には、上値が重いものも出てくるだろう。信用銘柄が多いため、売り方の買い戻し効果があまり期待できないことも相場を重くしている。

若い相場は横になって買え Blog Ranking
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)
2005-02-24 08:37:07

懸念材料は幾分鎮静下

テーマ:投資
日経 11500 先物 11500

昨晩のNYでは、1月の消費者物価指数が市場の予想を下回ったことからインフレ懸念が後退し、株式が買い戻された。為替がドル高で推移したことも買い安心感に繋がったようだ。業種では鉄道、航空、鉄鋼、エネルギーなどのクラシック銘柄に買いが集まり、ハイテク中心のナスダックは上値が限られた。

これを受けて日本でも鉄鋼株などを中心に買い戻しが優勢となり値を戻す展開となりそうだ。テクニカルでも日足で25日線をキープしており、なかなか上値が抜けない状況の中、良い冷却期間になった公算が大きい。ただ、NYに連動してハイテクの上値が重ければ、日経平均の上値も限定的となりそうだ。

原油は50ドル前後で推移し、高止まり傾向で進む可能性が高い。経済全般にとっては足枷とはなるが、石油関連銘柄にとっては追い風となるだろう。石油銘柄の保有は市場の不透明感に対する有効なヘッジ手段となるだろう。

ニ九の十六 Blog Ranking


いいね!した人  |  コメント(25)  |  リブログ(0)
2005-02-23 08:39:19

原料価格の高騰

テーマ:投資
日経 11597 先物 11590

北米だけでなく、欧米でも寒波が続くことが予想され、原油価格が51ドル台まで急騰している。そのためNY市場では大幅に株式が売られる展開となった。
これを受けて日本でも売り先行のスタートとなるだろう。ただ11500円台前半では強力な押し目買いが入ると思われるため、下値が限定的だ。銘柄によっては押し目買いが上手く機能しそうである。

原油価格に加え、鉄鉱石などの値上がりも話題となっている。新日鉄を始めとする鉄鋼大手4社とブラジルの資源会社リオドセ社との交渉で、原材料となる鉄鉱石価格が71.5%上昇したとされている。石炭価格も04年度の2倍である1トン=125ドルが既に決まっており、05年も原材料価格の底上げが続くのは必至の情勢だ。業種では鉱業、石油石炭などのセクターに改めて買いが集まってくる可能性が出て来た。

本日は他に下げ過ぎた新興銘柄や仕手株の一角にも動きがありそうだ。

Blog Ranking
いいね!した人  |  コメント(29)  |  リブログ(0)
2005-02-22 08:26:46

24日を軸とした駆け引き

テーマ:投資
日経 11651 先物 11660

米国市場は休場。そのため、昨日は機関投資家の決算対策売りに買い向う外国人投資家も少なく、上値が抑えられた可能性もありそうだ。本日も様子見気分が強く、これまで強かったセクターが一時的に利益確定の動きに晒される可能性もあるだろう。
ただ、24日は満月でもあり、その辺りにピークが来るシナリオもあり得るため、押した場面を拾う戦略も短期的には確度が高そうだ。

新興市場はジャスダックを始めとして強い展開。マザーズもヘラクレスも大きく反発している。ここからは、短期的な綾戻しでないか、上値抵抗線での戻り売り圧力はどの程度かを確認しながら打診買いを入れる場面だろう。
3749べリトランスは3陽連の保ち合い後の上離れであり、期待が持てそうだ。4302オープンインタフェースはリズムで動いており、今日チャートを崩さなければ先高感の感じられる展開となりそうである。

しっかりとした新興市場銘柄と、過熱感の少ない東証1部銘柄を上手く交えながら進みたい。

一徹張りは貧乏神 Blog Ranking
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
2005-02-21 11:02:27

オイルマネーが国際投機資金の流れをリードする

テーマ:投資
日経 11660 先物 11650

東証一部売買高 671,280,000 (02/21 11:00) / 日経225 11669.15 +9.03 / TOPIX 1168.46 +1.89

週末のNYは相変わらずダウが強い。日本市場もファンダメンタルズの底上げ期待と国際的な割安感から全般的に買われる展開だ。ただ、上値では機関投資家の決算対策売りや今晩のNY市場休場に対する警戒感が優勢となり伸び悩みを見せている。
NYでは、エクソンモービルが原油高を背景に過去最高値を記録しており、こちらでもその流れを引き継いでか、石油関連株は軒並み値を上げている。同じ市況関連では鉱業や鉄鋼、非鉄も堅調だ。

マザーズ指数は1800台へと大幅反発。新興市場は大きく値を落としたものや、底練り続けて来たものが持ち直しを見せている。昨年の長い下げ相場のあく抜けは先般の上昇で既に脱したと思われ、今回の下げは致命傷とはならない公算が大きい。上値追いは避け、押し目を拾う姿勢を貫くならこの先報われることとなりそうだ。

踏みには売り向え Blog Ranking
いいね!した人  |  コメント(27)  |  リブログ(0)
2005-02-20 13:29:48

クラシック銘柄への回帰現象

テーマ:投資
このところ、素材市況関連銘柄が順調に回復を見せている。少し前のITバブル時とは異なり、一部の業種だけではなく、経済のファンダメンタル全体を底上げするような景気の状況を反映した動きなのだろう。アメリカではIT業種への投資と業績の連動が頭打ちを迎えたとの観測もなされており、クラシック銘柄への回帰が始まっているようだ。実際、去年まではナスダックが先導して相場を牽引してきたのが、最近ではダウ先導型へと変化している。欧州系のファンドやその資金源となっているオイルマネーも、クラシック銘柄を好むとされ、当該銘柄への資金流入に拍車をかけている。

月足で各素材市況関連銘柄を見て行くと、どれも似たような傾向を持つ波動に収斂されていることがわかり、興味深い。業種全体に資金が流れている中で、特異な需給状態におかれるものの突発高が望めるのもこうした時期だ。最近では共栄タンカーの暴騰が記憶に新しい。海運株全体が底上げされているさ中に、突然変異は起こった。
同じ市況関連である、石油株や鉄鋼株などの中にも、こうした種を抱いた銘柄は存在するはずだ。需給の不安が続く新興市場にばかり眼を向けるのではなく、着実な回復トレンドが続く市況関連株の中に、次の突発高銘柄を探してみるのも有効なポートフォリオの構築に寄与することだろう。

【参考銘柄月足チャート】

9130 共栄タンカー

5009 富士興産

5405 住友金属工業

5727 東邦チタニウム

7202 いすゞ自動車
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。