2月末のチリ大地震に伴う大津波で避難指示・勧告が出された地域で、住民の避難率が37・5%にとどまったことが13日、内閣府などのアンケートで分かった。アンケートは3月、青森・岩手・宮城3県の36市町村の5千人を対象に実施。2007人から回答があった。

 避難しなかった57・3%のうち、約半数が「津波で浸水する恐れのない地域にいると思ったから」と理由を回答。中井洽防災担当相はこの日の閣議後の記者会見で「ハザードマップは10メートルの波を想定しており、『3メートルならたいしたことはない』と考えたのではないか。マップの見直しについて、中央防災会議で議論したい」と述べた。

和服姿で、すし振る舞う=無重力に苦戦-山崎さんら(時事通信)
静岡で新茶の初取引=生育遅れ単価2倍に(時事通信)
省内業務を縮小・中断=強毒型インフル発生時で人員計画-厚労省(時事通信)
<脳脊髄液減少症>保険診療対象の周知徹底、自治体に通知へ(毎日新聞)
社説検証 平沼・与謝野新党旗揚げ(産経新聞)
AD