防衛省陸上幕僚監部は9日、首都圏などを管轄する陸自東部方面隊の六つの駐屯地で昨年9月以降、10人の隊員が結核に集団感染したと発表した。また、血液検査の陽性者が84人おり、感染した疑いが高いという。10人のうち6人は退院、4人は入院中だが、重症者はいないという。

 同監部によると、昨年9月以降、6人の結核患者が発生。いずれも昨年4月上旬から6月下旬まで武山駐屯地(神奈川県横須賀市)に寝泊まりして教育課程に参加していたため、今年3月に臨時健康診断を実施し、新たに4人の患者が判明した。10人は19~25歳の男性隊員で、熱やせきなどの症状があるという。

 陸自は今月2日、武山駐屯地のある横須賀市保健所に届け出た。同教育課程には隊員と職員計約1000人が参加し、現時点で837人の健康診断が終わったという。【樋岡徹也】

【関連ニュース】
防衛省:前連隊長発言を擁護 陸自3佐を処分 1尉も指導
埼玉県警商標権侵害:防衛省が警察庁に再発防止を要請
普天間移設:北沢防衛相が沖縄知事に政府検討案説明か
空自談合:初の改善措置要求 公取委
<連載>結核の正体=立川志の輔 /東京

【話題の本】『考えない練習』小池龍之介著(産経新聞)
山崎、野口さんが共同作業=コンテナから物資出す-同僚飛行士は船外活動(時事通信)
ピンハネ、トラブル…急成長する「援デリ」の“うまみ”と“落とし穴”(産経新聞)
「普天間」で政府 ホワイトビーチ案断念 地元と与党反対 5月決着困難に(産経新聞)
新党、5人確保=10日に旗揚げ会見-平沼氏ら(時事通信)
AD